So-net無料ブログ作成

13 ステラ SW 6000HG 3年目の初メンテ [メモ]

概要:3年間ノーメンテで磯ヒラスズキに使っていた13ステラSWをオーバーホールします。

LrPA040459.jpg

春のヒラスズキシーズン中にゴロ感が出だして、ワンウェイクラッチの滑りが出てきたので、半年間水分を飛ばすために放置して開けてみました。ワザワザ放置したのは水気を飛ばしてどのぐらい塩が入っているのか見たかったからです。

新品から明らかな異常が出るまで日常メンテのみで使って3年、どのぐらいメタメタになっているのか楽しみですw

LrPA040456.jpg

ボディ内のベアリングは洗浄すると普通に回る状態でしたが、やっぱり一番外側で潮水に触れやすいローター内のベアリングは錆で回らなくなっていました。

LrPA040455.jpg

ベアリングの下ピニオンの上部まではそれなりの量の海水が浸みこむんですね。それでも頻繁に海没させても3年間も使えちゃうんだからすごいです。

LrPA050460.jpg

ドライブギアの両端のベアリングもサビサビでガタガタです。ベアリング外側にゴム製シールが配置されていますが、やっぱり平面のゴム1枚だけじゃ潮が入っちゃいますね。

LrPA260271.jpg

ベアリング全てをキャストップ、サイズが無いものはNMBの物に交換。シールやOリングも新品に交換して組み直し、ギアのグリスはナスカグリス、オイルはナスカルブ、防水機構にはシマノの撥水グリスを使いました。ちょっと巻が重く仕上がっちゃいましたが、まぁ初回はこんなものでしょう。次に空けたらピニオン内腔とメインシャフトを磨いてみますかね。

LrPA260273.jpg

あと、気になっていたベイルアーム付け根とローターのクリアランス異常ですが、部品番号51の固定ボルトカラーを交換したらキッチリとおさまりました(*'▽')

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

13 AR-C エアロ CI4+ 4000XG メインシャフト交換 二回目w [メモ]

概要:再び曲がってしまったメインシャフトを交換します。

LrDSC00725.jpg

今回は特にぶつけた覚えもないんですけどいつの間にか曲がっていました。オシレートする時にもピニオンギアと接触しないぐらいの曲がり具合ですけど、気が付いちゃったら交換するしかないですよね。

LrDSC00727.jpg

メインシャフトからピニオンギアを抜く際には干渉して抜きづらかったんですが、写真で見ても余り曲がっていないように見えます。肉眼で見ると僅かですが曲がっているのが分かります。

LrDSC00729.jpg

新品のメインシャフトと並べて持ったらハッキリわかります。このリールはラインナップの中でも異色でシャフトの突き出し量が長いんです。軽合金のメインシャフトの先端にスプールが付いているので曲げる力に弱いのは仕方ありませんね。廉価機のシャフトの材質が重くても強いなら流用してみようと思いましたが、部品価格が同じだったのでたぶん同じ素材なんでしょう。

LrDSC00730.jpg

このリールは良型のヒラにすら力負けするので磯の釣りには向かないんですけど、軽いし飛距離も出るから本気でやらないときに持って行くんですよね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

念の過ぐるは無念ってヤツね [休日]

泣きながら奄美から逃げ帰ってきた翌週。月曜休みだけですがなんかスゴイのが釣れそうな気がします。リーダーとスペーサーを丁寧に組み直して準備して、出遅れて撃ち場もないなんて事がないように前乗りして臨みます(`・ω・´)ゞ

LrPA220050.jpg

夜明けの東の一級磯にF村さん、O野さん、H谷川さんと四人で渡礁。西の一級磯にはU村さん、U田さんともう一方の三人が入られています。夜明け前の気温が10度ソコソコまで冷え込んだので、今日からウェットスーツは5mmのフルに衣替え、ジャケットも着込んですっかり冬仕様になりましたが、久々の重装備はやっぱり動きにくいです(´Д`)

LrPA220031.jpg

夜明けの海面がさざめいているのは風のせいではなくて何らかのベイトが浮いているようです。どうもカタクチイワシでもないような感じですが、上空からは鳥が狙い水中からは何かに追い立てられているような動きが見えます。射程圏内ではボイルをしないので青物が付いている感じではないのですが、遥か沖合ではヒラマサが時折り突き上げているのが見えます。カタクチイワシだと逃げまどって岸に追い詰められてくれるのですが、このベイトはずっと沖の流れの中で群れていて接岸してきません。

LrPA220016.jpg

H谷川さんは海に突き出した波の恐怖心と闘う足場。

LrPA220020.jpg

F村さんは一段低い足場で波を読んでヒットアンドアウェイ。

LrPA220029.jpg

O野さんに至っては大きなセットが来れば逃げ場も無く飛ばされるのみの地獄で撃っています。

LrMAH01324(1).jpg

凡人の自分は安全地帯な特等席を頂いたのに朝からライントラブル祭りです。

朝の早い時間のうちに潮位が下げる潮周りだったので、リーダー100lbを5ヒロ半にスペーサー#15を5ヒロ半とってきたらこのザマです。数回システムを組み直してメインラインを50mぐらい廃棄、リーダーもスペーサーも長さを切り詰めて解消しましたが飛距離ガタ落ち[バッド(下向き矢印)]

磯の正面にブレイクラインとシモリがある磯で大型を期待しての瀬ズレ対策だったんですけど...前にもやったことはあったはずなんですけどこんなになるんでしたっけ?

LrPA220145.jpg

鳥が結構近くまで入ったりしていましたが結局は4人でバイトの一つも無し。ベイトも居るので持久戦で挑むべきなんでしょうけども、みんな次の遊びがしたいので朝の早い時間に撤収することに。

LrPA220147.jpg

撤収ついでにイケスに10日ほど前から取り残されているアオヤガラをH谷川さんが救出に向かいましたけども、普段はジッと定位してカモフラージュしているアオヤガラでも、素手ではそうそう捕まえられるものじゃないですよね。



O野さんとH谷川さんはSUPでカンパチ狙いに向かいましたが、自分はSUPを持ってこなかったのでF村さんと地磯を転戦します。

LrPA220200.jpg

第一候補の波が直接当たらない向きだと思った磯が地獄になっていますし、撃てそうな磯には底物師さんが入っちゃっていますから他を当たります[あせあせ(飛び散る汗)]

LrPA220216.jpg

久し振りに来る外房エリアでは珍しい崖下りの有る磯に来ました。ちょうどF村さんの見ている方向でO野さんとH谷川さんがSUPで遊んでいるであろう場所。あちらはいくらか風裏気味にはなるはずですけど、湾を挟んだこの磯場では風は結構強く吹いています。

LrPA220268.jpg

この磯は釣れそうな雰囲気は凄くあるんですけど、青物狙いでいい思いはしたことないので来ないんですよねw

LrMAH01331(1).jpg

天気も良いし広くて濡れない楽な磯なのでノンビリと釣りしたり昼寝したり。気配が全くないのでヤル気が出ないのは仕方ないです_(:3 」∠)_

LrPA220231.jpg

F村氏はデッカイ海藻をバンバン釣り上げていますが、肝心なサカナの反応は無いようです。

LrPA220234.jpg

ダメっぽいなと思っていましたが、先行していたカゴ釣り師のお爺ちゃんの竿が大きく弧を描いています!が、揚がってきたのは大きなオハグロベラ(´Д`)

どういう事なんだか話しを聞きに行くと「大きなヒラメが喰いついていて途中まで寄せたけど離されちゃった」との事。残念w

LrPA220269.jpg

お昼ごろまで頑張りましたが今週もヒラマサキャッチならず。「釣れそうな雰囲気だったのに何もないとダメージデカいよね」というH谷川さんの言葉が沁みます(´Д`)


風の当たらない日溜まりになる漁港で着替えているとSUP中のO野さんから写真が送られてきました。

58507.jpg

添えられたメッセージは「H谷川さん初めから立ってスイスイ漕いでるよ(*'▽')」

...チクショウ。初めからマトモに立てないのは自分だけか(´;ω;`) 

SUP組もベイトは沢山いたようですがノーフィッシュで終了だそうです。もう上がるというO野さんを誘って内房の九州ラーメンのお店でお昼ご飯を食べて駄弁ってきました。






ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #15 + POWERLEADER CN 100lb


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13AR-C AERO CI4+4000HG + Super X-wire8 #1.2 + POWERLEADER FC 30lb


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダメアマミ [休日]

奄美釣行の三日間。出発前日の天気予報では一日日は曇り、二日日は曇り時々雨、三日目は曇りの予報でした。

一日目は昼頃に入島するので港湾の堤防や岸壁からの釣り。二日目は雨の予報なので濡れてもいいウェットスタイルでの地磯と干潟ウェーディングの釣り。三日目は曇りなので一日目と同じ釣りか、島の南西部にある釣りイカダに乗ってジグとソフトルアーを使う釣り。昼過ぎに終了して空港に向かい夜の便で島を発つ。こんな予定で三日間の釣り満喫プランで考えていました。

LrPA170158.jpg

一日目は昼頃にはレンタカーを借り出せましたが、予報が外れて雨が降ったり止んだりの天気です。雨も降らない予報でしたし、雨の中で釣りするのが嫌いなのでレインスーツも持ってきていません(´Д`)

普通のメッキを数匹釣っただけで、あとは島に来るたびにお邪魔するお店に行ったりなんだりで終了。


LrPA160063.jpg

二日目は予報通りの曇り時々雨。夜明け前にホテルを出て南東部のウェットスタイルでひと泳ぎする磯にエントリー。水温は23度くらいでしょうかね?イメージに反して房総と変わらない水温を妙に冷たく感じます。

LrPA160073.jpg

初魚種のニジハタです。某J社の小さいバイブレーションをリーフのスリットに突っ込ませて釣りました。この場所では過去にアオノメハタを釣ったことがありますけど、それとおなじユカタハタ属のサカナであまり美味しくはないようですね。

LrPA160070.jpg

細く鋭い歯がびっしりと生えていて間違ってバス持ちなんかしたら酷い目にあいそう[あせあせ(飛び散る汗)]

LrPA160078.jpg

サカナっ気があったのは朝方の潮が動いている間だけでした。それも沖の方からマイクロベイトを追いかけまわしているボイルが射程距離圏まで入るのですが、ショアプラッギングタックルのルアーを投げると興味を持って追尾はするのですがバイトしません。ライトタックルで軽いルアーを投げると三回フックアップしましたが瞬殺。プガチョフコブラ90二個とマニック95一個を持っていかれました。

先日買って初めて使ってみたNSS-862MLが硬すぎたようで、青物を狙うならもうちょっと強いラインにしないとダメなようです。いつものNSL-782M黒鯛ならちゃんと捌けたのかな(´;ω;`)

LrPA160083.jpg

この干潟になるシャローも夏は35cmぐらいの各種メッキがトップで遊んでくれるんですけど、秋は小さいシンキングミノーを投げて何とか小メッキとコトヒキがたまに釣れるぐらいですね。

...アカン。

LrPA160088.jpg

なんか期待した磯からの釣りもできなそうなのと、タックル選択を間違えてフォローの釣りもイマイチっぽい状況です。昼過ぎまでいろいろやってみましたが心折れました。気象レーダーでも降水域を抜けたようですからウェットを脱いじゃいます。

南西部の港で引っ張り漁から帰ってきた漁船がありましたが、獲物はメーターぐらいのカマスザワラが一本だけでした。

LrPA160094.jpg

朝が早かったので地元師がブッコミをしているのを眺めながら昼寝です。途中で何か掛かっていたようなのを見ていたので、昼寝から起きた後で聞きに行きましたがシガテラリスクのあるフエダイ類だったそうでリリース済みでした。

この後は西岸をまわりましたがなかなかサカナが出ません。漁港の遥か沖でもマイクロベイトを何かが追っかけ回しているの見えますが、寄っても来ないし寄って来てもどうせ大きなルアーは食わないサカナでしょう。


LrPA170108.jpg

三日目も早起きしたのに雨が降っています。朝から昼まで南西部にある釣りイカダでカンパチや根魚のジギングをしようと思っていましたが、こんな天気じゃイカダに乗せてもらえるかもわからないし、レインコートも持ってきていませんから風邪ひいちゃいます。そもそも、イカダ釣りとかにあまり惹かれませんしね

ウワァァァァァン!!
    ( `Д)
 ≡  (ヽ┐U
 ≡ ◎->┘◎キコキコ

LrPA170124.jpg

雨は弱くなって止み間も出てきましたが、風は相変わらず強いしウネリも入っています。ウェットも昨晩のうちに洗濯乾燥したので濡らしたくありません。なんか今回は頑張ってもダメな気がしますよ_(:3 」∠)_

LrPA170133.jpg

クルマで移動しながら雨の止み間に釣りをしていますけど寒くて風邪をひきそうです[バッド(下向き矢印)]

LrPA170340.jpg

何とかオキザヨリを一本釣って納竿です。朝から反応するのはこの魚ぐらいですし、捕食が下手なこの魚はナカナカ針にかからないんですよね。捕食ミスでラインを噛まれたり、針にかかると暴れまくって体にラインを巻いたり歯にラインが掛かったりでロクなことがないんです。


...天気が良く無いのは仕方ないんですけど、予報を信じ切って雨の備えをしていなかったのと、タックルを適当に選びすぎて状況に対応できなかったのが敗因ですね。

舐めプダメ!ゼッタイ!





ライトタックル

NSS-862ML + 12EXSENCE CI4+C3000HGM + Super X-wire8 #1.0 + POWERLEADER FC 20lb


ショアプラッギングタックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW8000HG + HARDCOREx8 #4.0 + POWERLEADER CN 80lb

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひーさんあむぃ [休日]

今週は秋休み?の三連休。SKYMARKの羽田ー鹿児島ー奄美大島の乗り継ぎ便で南の楽園を目指します。いつもは夏休みにマリンレジャーのついでに隙間時間で釣りをするぐらいしかできないんですが、今回は三日間の短い日程ですけど釣りに全振りできるソロ旅行です(∩´∀`)∩

LrPA150025.jpg

風の塔と浮島の間を翼走していく東海汽船のセブンアイランド虹を追い越していきます。今回の三連休を三宅島で過ごすのも検討したのですが、このチャンスに台風で奄美に行けなかった夏休みのリベンジです。

Lr1539571619049.jpg

月曜日の奄美大島は雨...確か昨日までは曇りの予報だったのにガチ降り。狭い奄美空港ではSKYMARKはエプロンから歩きで到着ロビーに向かうんですね。空港施設が混雑している影響で着陸許可が下りずに、奄美大島上空で旋回待機をしていましたし、SKYMARKの鹿児島ー奄美航路が今夏に運航開始して空港のキャパシティを完全にオーバーしちゃってますよね。ちなみに雨対策装備は何も持ってきていません_(:3 」∠)_

LrP_20181015_161155_vHDR_Auto.jpg

とりあえず雨が小やみになったすきに名瀬港の赤灯堤防に来てみました。全国ニュースでもやっていましたが、赤灯台が土台を残してすっきりとなくなっちゃっていますね。仮にでも灯火を設置しているのかと思っていましたがそのまま何もない状態。ステンのボルトが破断していたとか聞きましたけども、スタッドボルトがコンクリのツライチから凹んでる位置で赤錆びの塊になっていました。貰い錆からジワジワ来たのかもしれませんけどこんなになるまで放置なんだなと。灯台の本体がグラスファイバー製?だったのも驚きですが、防錆塗装でメンテする金属製の灯台と違ってノーケアだったのかなw

LrPA160096.jpg

火曜日。朝から小雨模様の中で南東部の地磯に入って釣りをしてきました。この日は雨予報だったんですが夕方前に晴れました。

LrPA160086.jpg

無人販売所の小ミカンがお昼ご飯...これは在来種のポンキツですかね?ゴルフボールより少し大きいぐらい、果皮が薄くて種が多いです。ミドリミドリしていて酸っぱそうですが甘くて美味しいミカンです。

磯を上がったあとは南部をドライブがてら釣竿を持って遊んでいたんですがコンビニどころか商店すらないんです。綺麗なビーチサイドにはカフェぐらいはあるんですけど、鮎タイツ姿のおっさんが一人で入る雰囲気じゃないですよね。

LrPA160091.jpg

まだまだ雲が多いですがやっと奄美らしい南国の海の色を見ることができました。このまま翌日は晴れ予報だったんですよね。

LrPA170108.jpg

水曜日...予報に反して雨が降っています。しかも風も強く吹いています。南西部で初挑戦の釣りに行くつもりで夜明けマイナス一時間に起きたのですが台無しです。

LrPA170122.jpg

諦めて今日もショアをランガンしますが風は強いし雨が弱くなったり強くなったりを繰り返します。雨具も持ってきていないし、最終日に宅配便発送するウェット装備が濡れるのは嫌なので、オカッパリ装備で雨の止んでるときにちょこっと投げて移動しての繰り返し。なんで奄美でこんなに寒い思いしてるんだろう(´;ω;`)

LrPA170182.jpg

20℃ソコソコの気温ですからオカヤドカリも殆ど歩いていません。火曜日に磯に入るのに海を泳いだんですが、水温も外房と同じくらいになっていましたね。

LrPA170174.jpg

そして水曜日も夕方前になって日が差しました。ホントに今回は嫌がらせとしか思えない天気です。冬の奄美も大陸から寒気と雲が流れて来るのであまり良く無いと聞きましたが、秋の時期もこんなに天候が良く無いんですね。そろそろスーツケースを梱包して発送する時間です[バッド(下向き矢印)]

LrPA170146.jpg

島を離れる前の最後の食事は鶏飯にしました。自分でも作りますがやっぱりここで食べるのが美味しいんですよね。パパイヤ漬けとタンカンの皮は千葉じゃ調達できませんしね。

LrPA170198.jpg

来年は真夏に来たいなぁ...もし夏に来れなくても秋には来ない(´-ω-`)

LrPA170219.jpg

帰りもSKYMARKの飛行機までエプロンを歩いて搭乗。コレはコレでちょっと楽しいですけど、この飛行機も定刻に奄美上空まで到達していても、空港施設の混雑ですぐに降りられずに遅延しました、出発ロビーも駐機場も狭くてギリギリ過ぎるんですよね。鹿児島空港での乗り継ぎがあるので気が気じゃないです[あせあせ(飛び散る汗)]

LrPA170233.jpg

なんていうんでしょ。三日間しかいなかったのにやっと帰れるって感じなのが悔しいです。いつもはもっと遊んでいたいなって思いながら帰るのに;つД`)

LrPA170332.jpg

無事にSKYMARK-ANAの乗り継ぎ手続きを済ませて夕ご飯。保安検査所の外に出たついでに食堂で薩摩黒豚定食を頼んだらご飯と味噌汁とお新香って言う侘しい佇まいになったのも悔しいです;つД`)

LrPA170445.jpg

自由に時間を使える奄美の三日間だったのに散々だったなぁ;つД`)

タグ:旅行記 奄美
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。