So-net無料ブログ作成

ドカンと一撃! [休日]

三週間前だから10月最終の出撃日。時化気味の予報と夜明け後の潮位が高い日だったので、O野さんと申し合わせてアーリーエントリーで潮位の低いうちに磯に入って、夜撃ちでヒラメやマルスズキを狙ってみました。ヒラメやマルの反応が無いので駄弁ったりヒラスズキを狙ってみたりしていると、潮位の上がってきた夜明け前にM園さんも到着。時化て立ち位置が制限されるこの磯で三人してヒラマサを狙います。

LrPA290297.jpg

夜明け前のサカナっ気の無さは嫌な予感しかしませんでしたが、夜が明けると遥か沖には鳥が飛んでいていい雰囲気です。

LrPA290320.jpg

釣れそうですけど磯の上は割と地獄。潮位も高い上に波ウネリがきつくて波濤が打ち上がるだけでなく、時には磯の上まで乗り上げてすべてを押し流そうとしてきます[がく~(落胆した顔)]

至近でのボイルこそないものの鳥が近くまで飛んできているような状況なので、ヒットアンドアウェイで投げ続けていましたが岩に触れたラインが傷み、一旦安全地帯に後退してシステムを組み直しているとO野さんのロッドが曲がっているのが見えました[グッド(上向き矢印)]

LrMAH01333 (3).jpg

急いで駆けつけてサポートに入ろうとしたのですが、手袋を履きなおす前に大波の押し寄せる中で単独ランディングしちゃいましたw

LrPA290336.jpg

仰け反って片手でサカナを突き上げるブツ持ち写真。大きく見せるブツ持ちはよく見かけますが、コレだけ小さく見せるブツ持ちはなかなかないでしょう。このヒラマサは95cmとまずまずのサイズです。

後に続こうとM園さんと自分にも気合が入ります[ぴかぴか(新しい)]

LrPA290333.jpg

その後でM園さんのミノーにもヒラマサがヒットしましたが岩に巻かれてブレイク。暫くして自分もラフな海面を引いてきたGTアイスクリームのコーン2ozにデカいヒラマサが出ました。一瞬ロッドに重みが乗っかりましたがフックには掛からず[失恋]

よく見えませんでしたが30kgぐらいあったと適当に主張したら、10kgぐらいはあっただろうけど30kgはないと即否定されました。間をとって20kg級のヒラマサのバイトがあったと言うことにしておきましょう(´-ω-`)


どうやらこの日はヒラマサがこの磯に近くに回遊してきているようです!

Lr潰される(1).jpg

前進して何とかアイスクリームで釣ろうと頑張っている時です。正面からの水の塊を障壁の陰で交わしたと思った瞬間。

Lr潰される(2).jpg

全くノーケアだった背後から水の塊が飛んできました(゚Д゚;)

Lr潰される(3).jpg

実際はビックリする間もなく、後ろから来た水塊ごと目の前の水塊に叩き込まれて潰されました(´;ω;`)

正面からの水塊を避けちゃおうと思ったのが間違いだったんですよね。しかも珍しくスマホを磯に持ち込んでいて、ライフジャケット内側のレインジャケット胸ポケに入れていたんです。普段なら波に潰されても岩盤に圧しつけられた衝撃はライフジャケットの浮力体が緩衝して、上半身全体に広く伝搬するので怪我もしないんでしょうけれど、たまたま浮力体の内側にあったスマホの角に集中してそれが左の肋骨に...


起きた瞬間からアバラが逝ったってわかる痛みと、同時に打ちつけていた膝頭が痛いです。しかもウエットの膝に穴が開いたので次に転んで膝を打てばフジツボの餌食です[がく~(落胆した顔)]

痛いのは肝臓や心臓からも遠い左下のアバラですけど、転がされて折れたばかりの骨が変な血管でも傷つけると嫌なので、もう波と闘う立ち位置には入れませんし、フルキャストも身体を捻って左手を引けば肋骨の鈍痛が激痛に変わりますから、もう後方から右手の力だけで投げるチキンプレイです。

LrPA290386.jpg

投げるうちにヒラマサが入って来るポイントと、ミノーやシンペンに反応が集中するのは判ったんですけど自分には無理です。掛けてもこんな状態でファイト出来る位置に立つのはリスキーすぎます。

LrPA290389.jpg

M園さんも三度目のヒットで良型ヒラマサをキャッチ。O野さんの指示を聞きながら波に耐えつつファイトしてウネリに乗せてヒラマサを磯に乗せました[手(グー)]

LrPA290390.jpg

磯にズリ上げた最後のウネリでラインブレイクしていたそうなのですが、磯に拡がるサラシの中からO野さんが拾い上げるミラクル(*´ω`*)

LrPA290396.jpg

サイズは丁度100cmですかね。丸々してていいサカナです。

LrPA290381.jpg

O野さんも更に大型のヒラマサを掛けたのですがファイト中に大波が来て、耐衝撃姿勢をとったものの転ばされて敢え無くブレイク[バッド(下向き矢印)]


やがて潮が下げて鳥もいなくなり、ヒラマサの反応も途絶えたので終了としました。

毎週磯に立っていてもそうそう巡り合えない大型ヒラマサのチャンスデーだったのに無念です_(:3 」∠)_


磯から上がってウエットスーツを脱ぐと肋骨の痛みは酷いもので、ウェットスーツのコンプレッションが掛かっていたので楽に動けていましたけど、それが無くなると呼吸をする胸郭の動きで激痛が走るほどでした[もうやだ~(悲しい顔)]

LrP_20181101_153356_vHDR_Auto.jpg

数日は市販の鎮痛薬で耐えましたがどうにも痛かったので病院にかかりました。胸部レントゲンで骨折箇所の確認をすると左第十肋骨の剥離骨折。お医者さんにたまたま転んだ時に胸ポケに入れていたスマホが刺さったと説明したら、最近同じようにポケットに入れていたスマホで怪我をする患者さんが多いそうです_(:3 」∠)_

骨折痛の疼痛が二週間ほど続くのと、動かした際の痛みはその後四週間ぐらいはあるかもしれないと説明を受けて、あとは特に固定も出来るわけでもないので、鎮痛剤ロキソプロフェン錠と胃粘膜の保護剤レバミピド錠のセットにロキソプロフェン湿布を処方してもらって終了。

市販薬のロキソプロフェン20mg錠は朝夕二回まで、処方薬のロキソプロフェンは20mg錠を朝昼夕の三回飲めるんですよね。調べると成人ならもう一回頓服しても大丈夫そうな気もします。朝夕二回だと時間が経って鎮痛効果が薄くなってくると疼きが酷かったですが、朝昼夕なら鎮痛効果が厚いままで過ごせるのでだいぶ楽になりました。

実際にその二週間後には疼痛が治まり、三週間後の今では負荷を掛けなければ殆ど痛まなくなりました。



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #15 + POWERLEADER CN 100lb


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000XG + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 30lb?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。