So-net無料ブログ作成

13 ステラ SW 6000HG 3年目の初メンテ [メモ]

概要:3年間ノーメンテで磯ヒラスズキに使っていた13ステラSWをオーバーホールします。

LrPA040459.jpg

春のヒラスズキシーズン中にゴロ感が出だして、ワンウェイクラッチの滑りが出てきたので、半年間水分を飛ばすために放置して開けてみました。ワザワザ放置したのは水気を飛ばしてどのぐらい塩が入っているのか見たかったからです。

新品から明らかな異常が出るまで日常メンテのみで使って3年、どのぐらいメタメタになっているのか楽しみですw

LrPA040456.jpg

ボディ内のベアリングは洗浄すると普通に回る状態でしたが、やっぱり一番外側で潮水に触れやすいローター内のベアリングは錆で回らなくなっていました。

LrPA040455.jpg

ベアリングの下ピニオンの上部まではそれなりの量の海水が浸みこむんですね。それでも頻繁に海没させても3年間も使えちゃうんだからすごいです。

LrPA050460.jpg

ドライブギアの両端のベアリングもサビサビでガタガタです。ベアリング外側にゴム製シールが配置されていますが、やっぱり平面のゴム1枚だけじゃ潮が入っちゃいますね。

LrPA260271.jpg

ベアリング全てをキャストップ、サイズが無いものはNMBの物に交換。シールやOリングも新品に交換して組み直し、ギアのグリスはナスカグリス、オイルはナスカルブ、防水機構にはシマノの撥水グリスを使いました。ちょっと巻が重く仕上がっちゃいましたが、まぁ初回はこんなものでしょう。次に空けたらピニオン内腔とメインシャフトを磨いてみますかね。

LrPA260273.jpg

あと、気になっていたベイルアーム付け根とローターのクリアランス異常ですが、部品番号51の固定ボルトカラーを交換したらキッチリとおさまりました(*'▽')

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。