So-net無料ブログ作成

13 AR-C エアロ CI4+ 4000XG メインシャフト交換 二回目w [メモ]

概要:再び曲がってしまったメインシャフトを交換します。

LrDSC00725.jpg

今回は特にぶつけた覚えもないんですけどいつの間にか曲がっていました。オシレートする時にもピニオンギアと接触しないぐらいの曲がり具合ですけど、気が付いちゃったら交換するしかないですよね。

LrDSC00727.jpg

メインシャフトからピニオンギアを抜く際には干渉して抜きづらかったんですが、写真で見ても余り曲がっていないように見えます。肉眼で見ると僅かですが曲がっているのが分かります。

LrDSC00729.jpg

新品のメインシャフトと並べて持ったらハッキリわかります。このリールはラインナップの中でも異色でシャフトの突き出し量が長いんです。軽合金のメインシャフトの先端にスプールが付いているので曲げる力に弱いのは仕方ありませんね。廉価機のシャフトの材質が重くても強いなら流用してみようと思いましたが、部品価格が同じだったのでたぶん同じ素材なんでしょう。

LrDSC00730.jpg

このリールは良型のヒラにすら力負けするので磯の釣りには向かないんですけど、軽いし飛距離も出るから本気でやらないときに持って行くんですよね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。