So-net無料ブログ作成

Suddenly Attack! [休日]

今週の月曜火曜はまた遠征に行ってきました。”また”とは言っても、泊りがけの釣り遠征で釣友と出かけるのは初めて。日曜の深夜に千葉に集合して新潟まで夜走りして、月曜の朝のフェリーで佐渡に渡り一泊二日のヒラマサ狙い、火曜日の夜のフェリーで本土に戻り深夜に千葉で解散するスケジュール。

お付き合いいただくのもエキスパートのお二人、O野さんI田さんは釣りが上手いのは当たり前ですが、釣りも釣り以外も経験豊富でお話が面白いので大好きです[黒ハート]

Lr-P_20170619_052740_vHDR_Auto.jpg

噂に聞く佐渡ヒラマサのトビウオパターン。産卵で接岸するトビウオに着いた20kgのテラマサと勝負ができると聞き及んでいます。猛者二人に着いていけばお零れでも今季初マサは間違いありません(*^^)v


月曜6:00新潟発の佐渡汽船カーフェリーときわ丸で佐渡に着いたのが8:30。一時間ほど走って今回お世話になった尖閣荘さんに到着しました。ご主人がルアーヒラマサに詳しく、渡船のお世話にもなれる我々にはとてもありがたいお宿です。

この日も到着早々でお部屋を使わせていただけたので、急いで着替えて宿の近くの港から沖磯に渡してもらいました。

Lr-RIMG1477.jpg

相川の沖にある一里島灯台が潮通し良さげで有望だったのですが先客アリで、乗せていただいたのは第二候補の横島という広くなだらかな沖磯です。

Lr-RIMG1485.jpg

割と地方よりの磯で沖向きでも深さは10m程で、周囲はハエ根等の起伏が多くいかにもサカナがいそうです。


Lr-RIMG1478.jpg

居ましたよ尺タケノコメバル。沈み根の上をブレード付きのジグヘッドでキジハタグラブをスイミングさせて釣りました。

Lr-RIMG1479.jpg

ついでにチビッ子ヨロイメバル。尾鰭の基部が白斑になっているのでコウライヨロイメバルですかね。小さい当たりがあるのに全然フックアップしないので、キャロのフックを少し小さめに換えたキジハタホッグで釣れました。

。。。

うーん。両方とも初魚種で喜んでいましたが、青物の気配が皆無なのはどうしたことでしょう。

とぼけては見ましたがヤバいんじゃないかな?ってのは薄々感じてはいました。沖磯の周りは浅めで潮が全然流れていませんし、水は冷たく澄み切った日本海の潮、渡船で港から磯までの航程でもトビウオが全然跳ねませんでしたから。

Lr-RIMG1476.jpg

それでもヒラマサが周囲に居ないわけじゃないんですから、ベイトが寄ったり潮が走ったりすれば急に食いが立つかも知れませんし、根魚だって狙えばサイズは小さくてもキジハタぐらい出るだろうと気楽に構えていました。

結局潮も走らずにベイトも寄らずヒラマサの反応は無し、潮がそれほど通さない沖磯で比較的乗りやすいとなれば、キジハタなんかは抜かれて空っぽですよね(´;ω;`)


16時の磯上りの船から眺める尖閣湾。

Lr-RIMG1487.jpg

尖閣と言うのは尖った閣(高殿)と言う意味です。この岩礁群をそれに見立てて名付けたそうで、尖閣列島も同じ由来で名付けられたそうです。Pinnaclesとかはまさに高楼って感じの風景でしたが、ここはそれほどじゃない気がするんですけどw

Lr-RIMG1488.jpg

結局ヒラマサはスタート時に周囲をチェックして、少し潮が動いたタイミングで投げて見ただけでした。ずっと投げ続けていれば”もしかしたら?”と言うのがあったのかも知れませんが、ちょっとこの状況ではモチベーションが沸きませんよ。

根魚はI田さんがアイナメ1尾、O野さんがタケノコメバル1尾、自分がタケノコメバル1尾にヨロイメバル1尾でした。



沖磯を上がって宿のご主人に紹介してもらった地磯に転戦。

Lr-RIMG1499.jpg

こちらの方が釣り場としては釣れそうな気もしますし、雄大な光景と綺麗な海を見ているとそれだけで癒されます。

Lr-RIMG1490.jpg

USライナーで薄く走る潮目の際を狙って出てきたでっかいオキザヨリ。

Lr-RIMG1496.jpg

また潮目を狙うと、またでっかいオキザヨリ。

オキザヨリがいるんですからヒラマサも回ってくるかも?と、宿の夕食に間に合う時間ギリギリまで粘りましたが、結局釣れたサカナはペンシルを投げた自分が釣ったオキザヨリ2本のみでした。Lr-RIMG1497-001.jpg

景色は良いんだけど厳しかったですね。

実際に撃ってみるとこのエリアは浅い海に根がキツく入っていて外房に似ていました。やっぱり接岸したベイトにヒラマサが付いている、そうでもなければ潮が走っていたり波やウネリが無いとだめなんでしょう。両方無いなら朝マヅメの回遊に賭けるしかありません[パンチ]

明日の朝は渡船に乗らずにここで頑張ることにしました!



急いで宿に戻りましたが到着が19時。夕食が19時からだったのですが急いでシャワーだけ浴びさせてもらい、食堂で夕食をいただきます。

Lr-P_20170619_192421_vHDR_Auto.jpg

¥7000+taxで一泊二食と格安だったのですが、並んだおかずがどれも美味しかったですし、佐渡米コシヒカリのご飯がとても美味しかったです。この味とボリュームでこの価格(`・ω・´)

Lr-P_20170619_192550_vHDR_Auto.jpg

佐渡ショアマサの開拓者を自負する宿のご主人のお話を聞きながら美味しいお食事を堪能出来て大満足。

自分がいちばん美味しいと感じたのはゴマフグの白子でした。またこれを食べに来たいぐらいのお味です♪


夕食後に海を眺望する湯船にのんびりと浸かりに行くつもりでしたが、お腹いっぱいでほろ酔い気分だったのでそのまま部屋飲みに移行してしまい、気が付くとO野さんが座椅子で寝落ちしていたので、お開きにして布団を敷いてそのまま寝ちゃいましたw


それでも各自が翌日は目覚ましを2:30にセットするのを忘れないのは、やっぱりみんな釣りキチなんだなぁと(*‘ω‘ *)




ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 80lb


キジハタ遠投タックル

NSL-T902MH + 13SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + POWERLEADER FC 16lb


キジハタベイトタックル

NSL-832M/BF + Brenious L + Armored F+Pro ロックフィッシュ #0.8 + POWERLEADER FC 20lb






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。