So-net無料ブログ作成

アレクサ! [日常]

Lr-P_20171208_074314.jpg

買ってみました、amazon echo dot。なんだか良く解りませんが凄く便利な品物らしいスマートスピーカー。


以前にアメリカ版のムービーを見たことがあって、音声読み上げと音声入力のセットで完全ハンズフリーでメール?ショートメール?を飛ばしているのを見たので、これを車載しておけばスマホのテザリングで走行中に会話をする感じでメールが出せると思ったんです。

買ってから気がつきましたが、日本語版ではメールは未だに非対応だったんですね。



仕方なく自室で使いますが、IoT家電なんか部屋に無いです。

学習型のIRリモコンと連携すれば家電のコントロールもできるそうですが、そもそもエアコン・テレビ・ビデオ・照明ぐらいしか有りませんし...

Lr-RIMG3721.jpg

明日の天気を聞くのも「Alexa(wake word)」と呼びかけて起動、青いリングLEDがつくのを確認して「明日の天気は?」と二段階が必要です。しかも『明日の〇△〇の天気は晴れ、最低気温は…』と始めますが、ウチの住所は"〇〇〇"です。いちいち地名を間違えて読み上げるのでイライラします(-_-メ)

アマゾンの地名データベースが間違っているのでしょうか?訂正を申し入れる先も解りません。

Lr-RIMG3720.jpg

タイマーを使うにも「Alexa」、「10分測って」と呼びかけて、『10分間のタイマーを開始します』でセット完了。10分後に青色リングLEDのフラッシュとメロディでお知らせしてくれます。止めるには「Alexa」、「止めて」と呼びかけます…微妙。

従来型の液晶画面付き10キーのタイマーの方が使いやすいですよ。Stopボタン押せば止まるし、途中で残り時間も視認できますし。

まあ、手が汚れて他のものに触りたくない状態でタイマーを掛けたりするなら便利でしょうね。


とは言え、Amazon Echoについて称賛する記事もweb上には沢山あります。ちょっと微妙なアイテムだと感じるのは使う側の問題なんでしょうね。自分が期待するほどの未来アイテムじゃなかったのと同時に、自分には未来過ぎたアイテムだったって事でしょうか。


この手のガジェットはアプリケーション次第ですから、早いところ頑張って日本語メールにも対応してもらいたいです。

音声認識を使って自由にマクロが組み立てられたら楽しそうなんですけどね~



ふと思いついて、PCのChromeブラウザで自宅の地名「〇〇〇(ひらがな)」を検索してみると、ちゃんと自宅周辺の地図といくつかの検索結果が表示されました。

googleの地名データベースは読みを間違えてはいないようです。google home miniにしておけばよかったです_(:3 」∠)_



タグ:独り言ち
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Oceanian [日常]

火曜日。お仕事のハズですが他所の喫茶店でランチです

Lr-P_20171205_113239.jpg

国道16号沿いに昔からある喫茶店で、もちもち生パスタが美味しかったです(´ω`*)

先週に母島に遊びに行っていたMクンが釣った、チギ(バラハタ)をSチャンがO野さんにお土産に持ってきてくれて、更にO野さん宅では半身だけで充分だと言って、外房釣行の帰りに自分のところに持ってきてくれました。


一尾なりで持ってきてくれたチギの三枚おろしを母にお願いして、お昼休みを貰った自分はO野さんと早目の昼食

に出てきた次第です。


カッコいいチギの全身写真を撮るのを忘れたのが悔しいです_(:3 」∠)_

Lr-DSC09820.jpg

英名通りに黄色い縁飾りがついた真紅のライアテイル。すでに刻まれて鍋材料になっちゃっていますが、いつか生きているチギを見てみたいです[黒ハート]

チギは東京都では市場衛生検査所長の指定で、取り扱い自粛の有毒魚とされているので魚屋では見ることがありません。沖縄の市場では美味しいナガジューミーバイとして取り扱われているんですが。


まず当たらないとは分かっていても、シガトキシンを蓄積している恐れがある以上、誰にでもお土産として配るわけにはいきません。リスクを受け入れた上で美味しいものを食べたいと思う人は、食い意地が張った自分が思うよりも少ないようですねw


水曜日の夕ご飯。

Lr-DSC09823.jpg

アラが入ったキムチチゲ。ハタ類は火を通すとすごくいい味が出ますよね。

Lr-DSC09832.jpg

それでも身の良いところはお刺身です。母がお刺身至上主義者なのでどうしても良い所はお刺身になります。唐揚げとかしゃぶしゃぶとか食べて見たいんですがw


と、写真を撮ったところで自分は忘年会っぽいものにお出掛け。

いい歳こいてアニメ映画を見せられて泣かされましたよ(*ノωノ)


そんなわけで木曜は朝っぱらから豪華な食事です。いつも朝は冷奴しか食べないんですがw

Lr-DSC09856.jpg

チギキムチチゲ。ちゃんと胸鰭基部とハラスを残しておいてくれました。

ゴツイ頭と中骨から良い出汁がでてますね。自分の大嫌いな春菊も入ってませんし幸せです[黒ハート]

Lr-DSC09858.jpg

お刺身も美味しいです。ハタ科のサカナって旨すぎます[わーい(嬉しい顔)]


房総はショア根魚不毛の地、地磯で釣れるのはムラソイ、大当たりでカサゴ、沖磯に乗ってもアカハタ程度。バラハタの釣れるようなところまではなかなか行けないにしても、オオモンハタやキジハタを狙っての釣旅行に出てみたいですね~



こんなに美味しいサカナが年に何度も食べられるのは小笠原に魅せられた友達がいるおかげです♪

Lr-PC070337.jpg

ごちそうさまでした!



…先日、八重山諸島の釣りブログを眺めていたら、ショアからナガジューミーバイを釣った記事を発見。釣れるんですね[手(グー)][手(グー)]


タグ:独り言ち
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一粒万倍! 15month [メモ]

今年の冬は寒くなるのが早いです。

11月も年末~年明けぐらいの寒さまで冷え込むような日も多く、トロピカルフルーツ達も家に仕舞うタイミングが遅すぎた感もあります。


15month passed.


Lr-PC060334.jpg

パッションフルーツの秋花。10月の頭に開花した秋花も結実して実が太るまでは順調だったのですが、気温と日射が足らなかったのか二カ月が経っても熟してきた様子がありません。今年の天候不順ゆえの失敗なのか、そもそも内房の気候では秋花の果実は収穫できないのか。


Lr-PC060332.jpg

パッションフルーツは蔓の下の方の葉が黄変して落葉し始めました。ベランダ付近の高い位置にある若い葉も、縁が黄変したりしているのは低温障害なんですかね。冬には葉を全部落とすことになるんでしょうけれど、根と蔓が生き残って来春に新芽を吹くのか。


Lr-PC060324.jpg

秋口に挿し木でとった苗も日照と温度不足で成長はイマイチですが、しっかり根付いて新芽も伸びだしたので室内で来春の植え付けまで育成していきます。

Lr-PC060323.jpg

挿し木は切断する場所や切除する葉の割合をいろいろ変えて見ましたが、12本で10本が成功していますので、適当に切って適当に挿しておけば勝手に根付いちゃうぐらいの勢いです。失敗した二本は初期段階で水上げを失敗したような感じなのが一本と、発根が弱いまま寒さに当たって葉を落としてしまったのが一本です。Lr-PC060322.jpg

生産農家さんは二年毎に株を更新するそうなんですが、素人でも簡単に苗を準備して更新できそうですね。来年からは念のために、もう少し早い時期に挿し木をして大き目の苗で冬を迎えるようにしてもいいかもしれません。



グァバは一年目は剪定せずに室内に入れてしまいました。来年はもっと室内管理しやすい樹形に整えようと思います。部屋の窓辺に置いているんですがちょっと邪魔です。

Lr-PC060325.jpg


予備苗も寒さに弱い個体は葉っぱを減らしましたがまだまだ枯れる様子は無いです。二本は室内、二本はカーポート下、二本は南向きの軒先に地植えにしてみようと思っています。

Lr-PC060329.jpg


ドラゴンフルーツも室内の窓辺で冬越しです。ほとんど育ってないように見えますが、気根がちょろっと伸びだしたりしていて、よく見ると先端の高さも少し伸びているのが判ります。来年は恐らく目標の樹高1m程までには伸びると思いますので、そこで先端を止めて枝を出して枝垂れさせるつもりです。

Lr-PC060325.jpg

予備苗も虫に喰われたり、転倒して折れかけたりしている株もありますが元気ですね。これも二本は室内、二本はカーポート下、二本は南向きの軒先に地植えしようと思っています。

Lr-PC060330.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すぴりちゅあるw [休日]

今週も月曜日のみのおやすみ。

凪なのでいつものエリアの一級磯に入ろうかと思いましたが、夜明け前にアタックするにはちょっと潮位が高すぎます。潮位130cmで爪先立ちになるエントリールートは、今日の150cmの潮位だと最終行程の岸から磯までが、ほぼ全泳ぎになるのでちょっと厳しいです。明るい時間帯ならそれでも頑張って渡りますけど、暗い海をヘッドライトの明かりを頼りにひたすら泳ぐのは嫌です[たらーっ(汗)]


そんなわけでヌルい磯に入ろうと考えていたら、F村さんからも同じ磯を目指すと言うメールが。現地で待ち合わせて一緒に行こうということに。夜明けマイナス1時間半に現地到着、F村さんは前日深夜からこの場所で車中泊していたようです。

F村さん「ここ多分何か有りますよ!また寝てるときに金縛りにあいました!」

朝っぱらから凄いネタ飛ばしてきますね。スピリチュアルとか今時はやらねーですよ(;´・ω・)


Lr-PC040283.jpg

金縛りにあった暗い海辺で釣りをすることに抵抗は無いらしいので、夜明け前の小磯に入ってカスザメ狙いからスタートです。いっぺん食べてみたいので頑張っていますが、別にマルスズキやヒラメが外道で釣れてくれてもいいんです。

Lr-PC040288.jpg

ヘッドライトで磯を照らすと5cm程のカタクチイワシが浅瀬に集まっています。朝マヅメのこの時間に沖に出て行くので、それを狙うサカナが磯の周りに幾らでも居そうなものですけど釣れませんね~


夜が明けてきたのでヒラマサを狙う磯表に移動します。

Lr-PC040307.jpg

今週もシャローフラットをジャブジャブ歩いて渡礁します。潮位が高いので足が着かない溝が有りますが、ほんの一跨ぎ二跨ぎ程度の幅なので楽々です。12月の朝っぱらから冷たい水に浸かるような釣りが、楽々だと感じちゃうのもオカシイんですが。

Lr-PC040309.jpg

沖向きも朝凪でペッタンコ、潮も流れてませんね。潮位が高いので凪じゃなきゃ撃てませんから、ヒラマサの回遊が有ると信じてルアーを投げるのみです[手(グー)]

Lr-MAH00717(2).jpg

今週の潮は黒潮系の済み切った色で潮温18℃。澄みすぎてプランクトンも居なそうなこの潮もサカナっ気が薄いんですよね。水温が下がって行く時期は尚更そんな気がします。沖に目を凝らしても海鳥は飛んでいませんし、サカナのボイルも全く見えません。北風も吹きだして磯の上も寒くなってきました。

Lr-PC040314.jpg

F村さんが釣りしながら盛んに左肩に手を当てているのが気になります。なんか左肩に乗っかっちゃってるんじゃないですか[がく~(落胆した顔)]

F村さん「次に金縛りにあったらあそこで寝るのはもう止めます!」

…ふつうは一度そんな目に遭ったらもうそこで寝ませんよ(;´・ω・)


夜明けから3時間はみっちり投げました。

Lr-PC040317.jpg

F村さんっぽい人が何かを諦めてアオサのようなモノを毟っています。自分もそろそろ諦めますか。

まぁ何の手応えの無い中で充分頑張りましたし、釣れないなりに満足して磯を上がれそうです(・ω・)


とは言いつつも、やっぱりサカナが欲しいので上がる序にシャロー帯を再度チェック。

Lr-MAH00718 (2).jpg

ワンドの中に白く見える砂地の上をミノーで探って見ますがヒラメは飛び出してきません。ココもやっぱり波っ気があって流れが出来ている時が良いですね。波っ気が出過ぎると濁ったりゴミが流れたりするので加減が難しいんですが。

Lr-PC040318.jpg

F村さんはショボショボとしかサラさない沖のシモリをタイミングを計って狙ってますけど、この天気と潮色だとサラシが薄すぎて海中が明るすぎるんじゃないかな?ベイトも居ないんだし。


なにかしらサカナが欲しかったんですけども、今日は粘ってもダメそうなので着替えて撤収しちゃいました。

年内の休みは@5日、せめてもう一本ぐらいヒラマサを獲りたいですね(`・ω・´)





チョロ政タックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW6000HG + HARDCOREx8 #3.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 60lb


カスザメタックル

CBSS-103LSR + 13AR-C AERO CI4+4000XG + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 20lb



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

持ってる/持ってない [休日]

今週は月曜日だけのお休み。
もちろんデカマサ狙いで磯に入るんですが、先週の夜明け前に入ったワンドの地形を確認しようと、ちょっと早めに現地に到着して釣り竿を片手に浜辺に降りて見ました。
Lr-PB270234.jpg
先週の闇夜満潮の釣行時に感じた違和感の正体。崖が削られて大量に流入した土砂が海岸線に近い辺りで堆積しています。入り江の出口方向の深い部分はそう変わっているようには見えませんでしたが、割と狙い場になるシャローエリアの岩の間の砂地が、ガラガラした礫で埋め尽くされていて全体的に浅くなっています。夜撃ちするときにここは狙う必要なさそうです[バッド(下向き矢印)]
エントリー予定時刻まで時間があるので近隣エリアの漁港を見に来てみました。
Lr-PB270236.jpg
アジ釣りで人気のある堤防では6人ほどの餌師がウキサビキを投げています。カリカリ音のするリールを操り一投一尾のペースで20cm程のアジを上げていますからちょっと面白そうです。
この堤防が連れ盛っている時はこの時間でアジンガーも混ざって人でいっぱいになりますから、夜明けの短い時合いにしか釣れないとかイマイチな理由があるんでしょうね(;^_^A
夜明けに磯に向かってアプローチできるように出発。今週は朝の潮位が高くてじっくり狙うにはちょっときびしいんですが、朝マヅメの短時間勝負でデカマサを狙いに行きましょうとO野さんから誘ってもらいました。今週からヒット率重視のチョロマサタックルに切り替えるつもりでしたが、デカマサが狙える可能性があるならガチタックルで頑張りますw
Lr-PB270238.jpg
朝凪で潮位のまだ低いシャローエリアは湖のようです。このまま歩いて行けるぐらい浅ければいいんですけど、どうしてもヒト泳ぎさせられます。今週も夜明けの海は冷たかったです(´;ω;`)
Lr-PB270245.jpg
6時頃に釣り座に入って実釣開始[exclamation]「F村先生も釣りたいでしょうから声を掛けましょう」と、O野さん。
毎月ヒラマサを獲らないとやさぐれちゃうO野さんなのですが、先週めでたくチョロマサを獲ったので優しさを取り戻したようです。その割にこのF村スタイルの足の踏ん張りをイジっていましたがw
Lr-PB270248.jpg
前回は潮も走っていい雰囲気で早い時間から反応も得られたのですが、今週は潮も走らずにサカナっ気が感じられません。水温も下がって20℃ソコソコぐらいですかね?
潮位が高くなると帰るのが大変なエリアなので、ギリギリまで粘って1時間半を撃ちましたが3人とも反応を得られず。ヒラマサって難しいですね[もうやだ~(悲しい顔)]
Lr-PB270256.jpg
エントリー時には凪いでいた水面も、潮が上がった撤収時には波が通すようになって、O野さんをしても波に弄ばれて行き来に苦労するありさまです。やっぱりここでは無理できませんね。
Lr-PB270258.jpg
これからはいよいよ潮も引かなくなりますし、春までは海藻モサモサのウニ天国になるんでしょう。
Lr-PB270264.jpg
朝の部は終了です。撤収ルートの滑らかな泥岩質の岩盤には薄っすらと海苔が生えだしていて、起伏のある波打ち際はとても滑りやすいです。浅瀬歩きでF村先生は何度もコケていましたが、O野さんはスタスタと平気で歩いて行きます。先週月曜に足首捻った自分はコケて症状悪化させたくないので高巻きで撤収します。
O野さんは仕事に、F村先生はいつものエリアに転戦していきましたが。自分は足首温存の為に近隣エリアでヌルく第二ラウンド。
Lr-PB270277.jpg
北東風で薄雲も流れてきたりしましたが、先週の真冬の様な寒さを経験した後ではまるで天国です[わーい(嬉しい顔)]
渡礁ルートの浅瀬で1mチョイぐらいのドチザメを発見[目]
Lr-PB270271.jpg
追いつめて捕獲しようとしましたが逃げられちゃいましたw
Lr-PB270273.jpg
第二ラウンドの磯も潮色は良いものの流れていませんでした、波も低くウネリも短いので磯際も水は動かない感じ。
それでも天気が良いので1時間ほどルアーを投げて見ましたが反応も無く終了。
この磯はアオサとイワノリと早生のハバノリが生えるんですが、今年は寒い日が多かったからか既に収穫できそうなほど伸びています。恐らく次の次の大潮周りにハバノリの解禁日があると思うんですが、まだ浜に降りるルートは高齢者が使える状況じゃないんですよね。
Lr-PB270279.jpg
浸食崩落したこの浜に降りるルートは勝浦市と鴨川市の市境のライン上、海岸線や崖上の道路を保全する土木事務所の管轄の境界でもあるので動きが鈍いんですかね?はたまた漁協が管理する漁場への入り口ですから、降りる道は漁協が整備するのか?この浜で海苔を獲る権利を持つ集落の住民が整備するのか?
それとも一番利用する我々釣り人がやるべきなのか?(´・ω・`)
Lr-PB270280.jpg
ヒジキも伸びてきて歩き辛くなってきました。週毎に磯まで通っているのに、行く度に厳冬期が近くなるのをヒシヒシと感じます。嫌だなぁ( ˘•ω•˘ )
日溜りでウェットを脱いでお湯で塩を洗い流して幸せな気分に浸って居るところに、F村先生からメールが届きました。「今朝はいつものエリアでベイト爆発だったそうで、U村さんチームがニッコニコで大戦果を挙げていました」と。
まぁ持ってる人には敵わないって事ですよね。U村さんをストーキングすればお零れに与れるかな_(:3 」∠)_
ヒラマサタックル
TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #15 + POWER LEADER CN 100lb
カスザメタックル
CBSS-103LSR + 13AR-C AERO CI4+4000XG + X-wire8 #1.5 + POWER LEADER FC 20lb 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー