So-net無料ブログ作成
検索選択

オーリック小型ガスバーナーの点火装置の修理 [メモ]

キャプテンスタッグのガスバーナーの着火装置が死んだのでとりあえず直します。

手間でもライターで点火すれば済むんですけど、自分は喫煙しないのでライターを持ち歩きません。荷物リストにライターを加えるのは面倒です( ゚Д゚)

Lr-RIMG1740.jpg

点火装置を外します。ガスバーナーの火口は付け根の内側にネジが切ってあって、ニードルバルブの付いた本体をねじ込んで固定してあります。その間に五徳を乗せる枠?風防?と点火装置assyのが挟み込んであります。

Lr-RIMG1741.jpg

点火装置はいわゆる”カチンコ”電子ライターの点火装置と同じものですね。ボタンを押し下げるとバネが縮んでいき、ラチェットで押さえていたハンマーが外れて圧電素子を叩くんですが、このハンマーを叩くためのバネが錆びて機能していません。サザエをこのバーナーに直置きして焼いた覚えがあるので、その時に塩気たっぷりの汁がこぼれていたのかもしれません。



メーカーに問い合わせれば部品が出るとは思いますが、構造的にassy交換でかなり高価になりそうな気がします。勿体ないので電子ライターの点火装置を流用して直してみようと思います。

Lr-RIMG1831.jpg

百均で買ってきたライターをばらしてカチンコを取り出しました。が、このライターはカチンコ自体のスイッチを押し下げるバネを強化してCR機能を持たせているタイプでした。もう一度百均でCR機能がライター本体のレバーに付いているものを選んできました。点火するのに力が要るようだとバーナーを倒したり、上に載っている調理器具を落としたりしそうですからね。


カチンコの真鍮電極をバーナー側にアースして、針金電極を点火装置の針に繋げればいいはずです。

Lr-RIMG1834.jpg

点火装置に繋がる黒いコードはボディに這わせるので、電流をリークさせないで流すためか被覆が厚いです。針金電極の白コードは単芯で硬いのですが、折れやすく脆い金属なので接続に気を使わないとすぐに断線してしまいそうです。

Lr-RIMG1835.jpg

色々考えましたが白いコードの先端を剥いて、黒いコードの芯に挿しこむのが良さげかなと。

Lr-RIMG2096.jpg

補強材料はアシストフックを作るときに使う材料がちょうどよかったです。白いコードにアシストPEの芯を抜いた筒を被せ、接続部が真っすぐになるように瞬間接着剤を染み込ませて硬化させ、ヒートシュリンクの細径と太径のモノで二重に固定しました。

真鍮電極は外径が4mmだったので、内径4mm/外径5mmのアルミ管を10mmに切ってスペーサー兼固定具にしました。

Lr-RIMG2100.jpg

点火assyの金具には2mmの穴が開いていて、この穴にネジどめで点火装置を固定していました。同じ様に点火装置の底で固定と導通をするために、なべネジ・平ワッシャ・ナットのセットを買ってきましたが、ワッシャの径がちょうど4mmだったのはラッキーでした。

Lr-RIMG2103.jpg

平ワッシャーにナットをハンダ付け、更に真鍮電極とリード線もハンダでつないでアルミ管に納めました。固定にはエポキシ接着剤でも流そうと思っていたのですが、仮組したらピッタリと嵌ってしまったので隙間に弾性瞬間接着剤を垂らして終わりにしちゃいました。上手く繋げたのに写真を撮る前に分解不能ですw

Lr-RIMG2107.jpg

底面をネジ止めしてピッタリ収まることを確認。試しに火花を飛ばしてみましたが問題なさそうです。

Lr-RIMG2108.jpg

白いコードに負荷がかからないように黒いコードを調整して、起こしてあった固定するツメを戻して完成です。



安価に直せて大満足でした[るんるん]

タグ:独り言ち

一粒万倍! 11month [メモ]

Lr-1499842812419.jpg

近所のホムセンに買い物に行ったときに、様々なトロピカルプランツの苗を売っているのを見かけました。

Lr-1499842786147.jpg

その中にドラゴンフルーツとパッションフルーツの苗も。値札に短く栽培方法などが書いてありましたが、参考になるような情報は見つからず。それにしても買うとなると苗って案外と高いんですね。



8月1日 11month passed.


Lr-DSC09047.jpg

グァバは主幹から二本の枝を伸ばして元気に生育中です。

この鉢に植え付けてから株元にぼかし肥料をグルっと埋め込んだんですが、こんなに育っちゃうと養分を吸い尽くしちゃったんじゃないかと不安になっちゃいます。

管理は毎朝の水やりと一週間に一度の6-6-6の液肥を500倍にして灌水しています。

Lr-DSC09050.jpg

植え替えた二軍苗も元気ですが、鉢が小さいのでそれなりの大きさです。この数の苗を大きくしちゃうと冬越しさせるのが大変なので悩んでいます。



Lr-DSC09044.jpg

ドラゴンフルーツの高さは先月の倍ぐらいまで伸びています。

ピタヤと言うサボテンは自立できないので、支柱に麻紐を回してそれに寄りかからせるようにさせています。主茎は1m位まで伸ばして良いようなので今はひたすら育てるのみです。が、茎上部が逞しくなっているのに根元が貧弱で困ります。根元に筒で壁を作ってバーミキュライトを少し盛って見たので、そこから支えになるような根が生えてくれませんかね。

Lr-DSC09032.jpg

こちらの二軍苗も植え替えて土はたっぷりになったんですが、やっぱり自重を支えられずに倒伏してしまいます。このままだとどうなるのか様子を見ていましたが、先端から垂直方向に新芽を伸ばしてきました。自然の中では他の樹木などに寄りかかって上に向かって伸びていくようです。これらを育てるなら太い茎を挿し木にして直立させるのが良さそうです。



Lr-DSC09038.jpg

パッションフルーツも二階のベランダから垂らしたグリーンカーテンを這い上がり、先端はもう自分の身長を越えて来ています。

この町は七月はずーっと好天続きで雨らしい雨が降ったのは二日のみと、梅雨明け頃のような夏日が続いたのが良かったんでしょうね。プランターに植わっていた若木のうちには虫に葉を齧られたりしていましたが、地植えして勢いが良くなってからは虫の付いている様子もありません。葉の付け根に蜜腺があるのでアリが頻繁にパトロールしていてくれるからでしょうかね。

Lr-DSC09035.jpg

結局は蒔いた種の中で一番元気だった株だけがまともに残りました。脇芽も立派な蔓になってどんどん広がっています。商業栽培でも苗は蔓を挿して用意するそうなので、余分な脇芽が出たら伸ばして挿し木をしてみようかと思います。



Lr-DSC09041.jpg

三軍苗は出番が無いのがかわいそうです。

割と満足 [休日]

今週の月曜日は三宅島三本嶽まで遊びに行く予定で楽しみにしていましたが、本州の南海上を迷走している台風五号の影響で見送り、いつも外房磯で夏のヒラマサを狙いに行ってきました。

Lr-RIMG2218.jpg

曇りで午後から雨も落ちてくるような予報でしたが、外房はいい天気で日射しと吹き込む湿った空気でとても暑かったです。


今週も夜明けギリギリに磯に到着するスケジュールで動きます。オフシーズンなので家でゆっくり寝て来ても釣り座に困ることはありません。

Lr-RIMG2111.jpg

釣り場に入って支度をしている時に一級磯から撤退してくるライトが見えます。夜明け時分が一番潮位が下がる潮周りなんですが、低い磯のシルエットが白いサラシに洗われるのが見えていました。

Lr-RIMG2115.jpg

一級磯から三級磯?に撤退してきたシルエットはH谷川さんのようです。さすがにあの波では危なくて前に立って撃てませんよね[たらーっ(汗)]

Lr-RIMG2150.jpg

ワンドを挟んで反対側の一級磯で撃っているのはF村さんのようです。波をまともに食らわないで済む方向なのでフロントエッジに立って撃っていますが釣れる様子はありませんね。


Lr-RIMG2180.jpg

自分の居る二級磯は楽だし安全なのでのんびりしたものです。夏のヒラマサは小型なので気合もイマイチ入らないんですよねw

サラシがあったので夜明け前にショゴタックルでヒラスズキもチェックしてみましたが、水温が高すぎるのと狙い所の潮位が低すぎるようで反応もなくルアーをロスト(´;ω;`)

小政タックルに持ち替えて二時間ぐらい磯の先端のサラシ場を払い出すカレントがワンドに流れ込む先を狙いましたが、全くチェイスもボイルもありませんでした。

夜明け後一時間頃から沖目には鳥が飛んでいて、初めは自分の入っている二級磯のずっと先、そのうちH谷川さんのいる三級磯の先を通って、最後にはH谷川さんが撤収してきた一級磯の周りに。


Lr-RIMG2155.jpg

猛者はフットワークが軽いですよねw

H谷川さんは波向きが変わって少し落ち着いた一級磯に戻っています。イナワカサイズの群れだったそうですが楽しめたようです[グッド(上向き矢印)]


自分はショゴタックルに戻してワンドの中を狙います。ショゴや小政はワンドの中に入り込んで、デイでも良い反応をしてくれるので楽しいんですよね。

Lr-MAH00357(1).jpg

トライデントAR-C 90Sで水面直下をダートさせながら引いてくるとショゴ数匹が猛チェイス、ミスバイト>フックアップ>フックオフ>ミスバイト>フックアップとちょっと楽しかったですが、結局はフックオフして終了。ルアーを換えてもう一度スイッチを入れようと頑張りましたがそれっきり。


小型ルアーをトゥイッチするのにも疲れたので、いったん上がって別の磯を目指すことにしました[ドコモ提供]


次に入ったのは先週もショゴ狙いに訪れたエリア。

Lr-RIMG2202.jpg

そのときと同じく台風五号のウネリを受けていますが波高はだいぶ大人しくなりましたし、底荒れして巻き上げられていたゴミやデトリタスも綺麗に晴れていていい潮色をしています。黒潮の分流が沿岸水を巻き込んで差しているような感じで、黒く澄み切るんではなく碧に澄み切ったような感じです。


こういう時にはすぐに反応してくれるのがショゴの良いところですよね(*´Д`)

Lr-RIMG2187.jpg

マニック115のショートスキップに尺以下のショッコが飛び出してきました。反応は良いんですが直ぐに見切ってすれるので、乗らなくてもチェイスやバイトが有る度にルアーチェンジして狙います。

Lr-MAH00363(1).jpg

シャローフラットの岩盤上で腰まで浸かってルアーを投げていますが、ときおり肩ぐらいまでの大きさのウネリが入って浮かされます。それでも天気も良いし潮も暖かいので気分が良いです。

Lr-MAH00361(1).jpg

こんどは尺ちょいちょいのショゴがマニック95にチェイス。水面を割ってアタックしてくるので楽しくて仕方ありませんw

”奄美に来てます!”とか嘘ついてもバレなそうな写真ですよね。

Lr-RIMG2216.jpg

こっちの尺ちょいぐらいのショゴはプガチョフコブラ90でした。潮の澄んでいるデイのトップウォーターゲームなので、なかなかフックアップに持ち込めませんが楽しいです。

Lr-RIMG2209.jpg

頻繁にチェイスやミスバイトがあるので釣り自体は飽きないのですが、腕が疲れましたしちょうどお昼時になったので撤収しました。


…まさか七月末のショゴが今年初青物になるとは思っていませんでしたよ_(:3 」∠)_



ヒラマサタックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW6000HG + HARDCOREx8 #3.0 + POWERLEADER CN 60lb


ショゴタックル

NSL-782M 黒鯛 + 12EXSENCE Ci4+3000HGM + X-wire8 #1.0 + POWERLEADER FC 20lb




黄色味があるうちはモジャコ。尺までがショッコ、尺を超えたらショゴ。二尺からカンパチって感じですか?

一斗缶オーブン [日常]

Lr-RIMG1914.jpg

ヘキサゴングリルに炭火を熾し、上蓋を切り取った一斗缶を被せて二時間。

Lr-DSC08976.jpg

炭が燃え尽きる頃には香ばしい匂いが漂います。


Lr-RIMG1902.jpg

このヘキサゴングリルも使うチャンスが無いまま4年ぐらい寝かせていましたが、今回やっと使うことができました

Lr-RIMG1909.jpg

木炭も災害備蓄で積んであった古いものから使いましたけど、やっぱりガスバーナーとセットじゃないと火熾しは大変です。

いざというときの訓練にもなりましたし、ヘキサゴングリルが有れば出先での料理の幅も広がりそうです。

あとは網を引っかけて持ち上げる道具と、火消し壺があると便利そうなので探してみます。


Lr-DSC08982.jpg

中身はO野さんに貰ったキハダマグロのカブトです[ぴかぴか(新しい)]

Lr-DSC08985.jpg

レモンを絞って大根おろしと醤油で食べましたが、やっぱりアタマの周りの身は美味しいですね!

…嘘です。やらかしてレモンと大根おろしが必須になっちゃいました( ;∀;)


仕事の片手間に火を熾してカブトを焼いたんですけど、エラと心臓を外す下拵えを親に任せていたんです。で、自分で塩を振ってカブトをアルミホイルで包んで焼いたんですが、急いでいたのでエラと心臓を外してあるのを確認しなかったんですよね(´;ω;`)


せっかく美味しいのに血生臭さが回っちゃって、もの凄く残念なことになっちゃいました。

臭いが強くついちゃったところ以外はレモンを絞って美味しく頂けましたが、なんとも言えない敗北感も味わう羽目になりました。



木曜日に釣ったキメジとカツオを頂いてクーラーの中で水氷に浸したまま熟成。土曜日の早朝に親がさばいたそうです。

Lr-DSC08991.jpg

土曜日の夕食でカツオとキメジの刺身です。

少し小振りだったので初鰹のようなさっぱりした味でしたが、やっぱり本ガツオは小型でも旨味はちゃんとあるんですね!

キメジもちゃんとキハダマグロの味がします。ちょっと身が軟らかいですけどねw

「カツオは美味しいと思いますけども、キメジに期待しちゃダメですよ」と、O野さんは言っていましたけども、キハダですからこのぐらいの味なら美味しい方だとおもいます。


Lr-DSC08961.jpg

中落の生が美味しいと聞きましたが、そこらはアラ炊きで食べちゃいました。たしかに骨ぎしの身は美味しいですよね[ぴかぴか(新しい)]


Lr-DSC09000.jpg

日曜日の夜にはカルパッチョ。サッパリした味で生野菜にも合います。


Lr-DSC09006.jpg

キメジとは言ってもやっぱりデカいので生だけでは食べきれません。残った身は味噌漬けにして焼いて頂きました。

Lr-DSC09018.jpg

庭で取れる香草類を乗せても美味しいですね[黒ハート]



自分は自家製ツナのオイル煮も作ってみたかったのですが、母親がサカナの味噌漬けを自作する美味しさに嵌っているようで全部漬けられちゃいましたw


このところ外房の水温が下がっているのと台風のウネリが届いているので、季節外れな印象もあるヒラスズキの活性が上がっているようなので、ちょっと頑張ってみて贅沢に脂の乗ったコヒラを味噌漬けにしてみたいですね。




タグ:独り言ち

雨後の茗荷 [日常]

ウチの街は今年の梅雨後半は好天続き、昨日の雨が七月に入って二度目の雨でした。

Lr-DSC09021.jpg

乾きすぎていて夏ミョウガの出が悪かったんですが、昨日の雨を吸い込んでやっとまとまった数が出てきました。素麺の薬味や天ぷらにすると美味しいですよね(´ー`)


久し振りの雨は有り難かったのですが、近海に居座る台風五号が恨めしいです。

来週は今年初の三本嶽の予定でいましたけれども、渡礁は絶望的な予報ですから見送りになるでしょうね。



沖磯に遊びに行けると思っていたので集中的に補給を行いました。青物が釣れてくれないので根魚に全振りです_(:3 」∠)_

Lr-RIMG1857.jpg

キロフックworm17の#1と#2。#1がアカハタ狙いでバグアンツ3inを使うのにちょうど良いので減りが早いです。#2はちょっと小さめでアンバランスに感じますが、当たっても乗りにくい時とかやたらと根掛りするときに使ったりします。効果の程は判りませんけれども、アタリがあってものせられない、リグり直したばかりなのにまた根掛かるとか何とかしたいじゃないですかw

Lr-RIMG1836.jpg

そのバグアンツ3inもレッド系マットのイソガニを使い切ったのを補充、持っていなかったパールグロウを買ってみました。関東沖磯はほぼデイのみなので、透明度の高い黒潮の中で日中にホワイトはどうなのかな?とは思いますけども、水中で目立つカラーですからサカナの興味は引けそうです。


Lr-RIMG1850.jpg

沖磯向けの重めのバレットシンカーも補充。1ozから上はビーンズシンカーを使ったビフテキリグがちょっとコストが高いですけど使いやすかったです。

Lr-RIMG1847.jpg

銭洲でのアカハタ狙いでメインラインを擦りまくったので、次回はロングリーダーで試してみようと12lbフロロリーダーも補充。


Lr-RIMG1848.jpg

ハタ類は音や光にも興味を示すとか言うので硬度が高くいい音がするブラスシンカーも購入。

Lr-RIMG1849.jpg

ブラスシンカーとセットで使うガラスビーズも。昔バス釣りで使ってたタックルボックスを探せば出て来そうですがw


Lr-RIMG1837.jpg

最近流行りのスイミングで使うインチクにブレードが付いたようなリグ。アカハタは根回りで当たることが多いのであまり出番が無いかもしれませんけど、スイミングでのハタ釣りを練習してればキジハタにも近づけそうです[手(グー)]

Lr-RIMG1840.jpg

同じように沖磯で宙層を探りやすそうなルアーも買ってみました。ベイトタックルでリフトアンドフォールするのは面白いので楽しみです。

Lr-RIMG1841.jpg

鉄板も普段の釣りでは全く使わないので沖磯の深めの宙層で遊んでみようかなと。メジャクラも色々なルアーを展開してきましたね。


Lr-RIMG1852.jpg

普段の地磯にソフトルアーを持ち込むための防水ボックス。フックやジグヘッド類が潮水で錆びるのを防ぐのも勿論ですし、最近のフォーミュラが添加してあるワームは吸水してモールドがボケると、干しても乾燥剤に突っ込んでも戻らないんですよね。釣果への影響とかは感じられるようなものじゃないんでしょうけれども、使用前からダメになっちゃうのはやっぱり嫌なので。


Lr-RIMG1854.jpg

いかにもダートの切れが良さそうなジグヘッド。アシストアイ付きなので自分でブレードを取り付けて使ったりもします。

Lr-RIMG1853.jpg

ダイワのモアザンミドルアッパー3.5inもショゴ狙いのワインド用ですね。沖磯で使ったことが無いですけども、港湾のスレまくったショゴと違って面白いかもしれませんw

Lr-RIMG1856.jpg

ジグヘッドのブレードチューン用のサルカンも買っておきます。


Lr-RIMG1855.jpg

アジングロッドで扱う小さ目な根魚用ジグヘッド。ショアのソイやカサゴをバグアンツ2inで狙うときに使っています。太軸で頑丈なのでデカソイの重さにも負けません。


Lr-RIMG1842.jpg

DUEL/YO-ZURIの3Dインショアシリーズ。夏の時期に小物相手に遊べそうなポッパー

Lr-RIMG1843.jpg

同じシリーズのペンシル。

Lr-RIMG1845.jpg

さらにトゥイッチベイト。ここらのスモールトップはショゴやメッキと遊ぶと楽しいです。

Lr-RIMG1846.jpg

これは先月小さい方を買ってみたので今月は大きい方も。アダージョとキャラがかぶりそうですが、小さくてもリップがあるので荒天時でも水面直下に留まれるのかな?


Lr-RIMG1851.jpg

カルティバの機動バッグ。サイズがどうにも微妙な気もするんですけども、ルアーケースに収まらないビッグプラグなどを持ち歩くのには絶妙なサイズなのかもしれませんw



台風五号が下手したら再来週まで影響を残しそうな状況なのが何とも。。。