So-net無料ブログ作成
検索選択

梅雨凪 [休日]

火曜日はソロで別磯を目指したのですが、タッチの差でイニシアチブを逃しちゃいました。

この磯は高潮時に入れる足場が限られちゃいますので諦めて、そのまま月曜日と同じエリアに移動。


いつもの駐車スペースに車両はH谷川さんとU村さんを含む4台、すべて出撃済みのようなのでそのまま支度をして山を下ります。海辺に着くと昨日入った磯に一人のライトが見えますが、ライトで合図をしてもH谷川さんでもU村さんでもない様子でしたので、そのまま誰もいない濡れないでエントリーできる磯に入りました。


昨日よりも凪いじゃっています。

Lr-RIMG1469.jpg

入り江の深みを狙えるポイントに立ってヒラマサを狙いましたが、波も流れも効いていない状況は昨日と同じです。それでも朝イチの回遊を期待して投げ倒してみましたが何の手応えも得られず。


Lr-RIMG1465.jpg

諦めてヒラロッドに持ち替えて見たものの、サラさないので投げるタイミングがありませんw

潮位が高くて波ウネリが無いんですから当然ですよね[バッド(下向き矢印)]


Lr-MAH00273 (2).jpg

仕方なくヒラマサタックルに戻して何もない海にシルエットの小さめのルアーを投げます。チョロ政やサンパクでも良いから出てくれませんかね。


6時で撤収。早過ぎますけどもやってられませんw

サーフポイントの駐車場で着替えてR2のシートで朝寝を楽しんでいると、内房で本ガツオが釣れているらしいと耳寄りな情報で叩き起こされました。

カツオが食うような小さいサイズのルアーは持ってきていませんが、珍しいサカナが釣れているなら見に行こうと、よくよく聞いてみたところサバサイズの本ガツオだそうです(´Д`)

自分がそんな稚魚に興味がないのを知っていて「内房で本ガツオが!」とか焚きつけるとかw


目が覚めちゃったので帰宅。市原のキャスティングに釣具の買い出しに行きましたが、お店を休業しての改装作業をしていました。ちょっと買い足しておきたいものがあったのに残念。


横取りマン [休日]

今週は月曜火曜と連釣でヒラマサを狙います!

前にヒラマサを釣ってからそろそろ半年が過ぎちゃいます( ;∀;)

そんなに釣れるものじゃないんでしょうけれども、毎週毎週通って通っても釣れない日々が続くと焦りと飢えが募ってきます。


月曜日はO野さんと外房磯。朝の内はソコソコの波高とウネリが残る予報だったので、140cmの高潮位を避けるために足場の高い磯を目指して山を降りました。

が、浜辺まで降りてみると予想外のベタ凪。一緒の磯に入ろうとU村U田組も同行していたのですが、2人はヒタヒタの潮位になる一級磯に転進するとのこと。O野さんもそちらに行きた気でしたが、咽喉の調子がまだおかしい自分に付き合って足場の高い磯に入ってくれました。


夜明け前の海で胸深まで水に浸かって渡礁するのですが、先週まで20℃近かった水温が今週はヒンヤリ感じます。金曜日に南風が吹いて水温が下がったとは聞いていましたが、風向きが変わったのでもう回復に向かっているかと期待していたのですが…


エントリーが遅かったので釣りの準備が整った四時まえごろにはもう薄明るくなっていました。この時期は曇り空でも夜明けが早いです。


ヒラタックルを準備したO野さんが一足先に磯際をチェック。ベタ凪でも夜の間に磯際に餌を摂りに来たヒラスズキが磯際のショボサラシに残っていたりするんですよね。この日もやっぱりそうで足場の際を探っていたO野さんが二投目でバイトを拾いました!


O野さん「いるいる!そこにいるから釣っちゃって(・∀・)」

自分「いいんですか?大台まで@4まで迫っているのに自分に譲ったら釣っちゃいますよ?w」

O野さん「ドーゾ、ドーゾ、@4尾ぐらいどうにでもなります(^-^)」

すごい余裕綽々で別の磯際のショボサラシをサーチに行っちゃいます。ここまでお膳立てされて獲れないと恥ずかしいので、さっきのバイトゾーンを立ち位置を変えて寄せた波がサラシて払い出す流れを狙います。


一発目はティップにラインが絡んでて明後日の方向にルアーが飛んでいきました[たらーっ(汗)]

直ぐに回収して、次の波で出来た流れの先にチョコンと落として、表層の薄いサラシの中でルアーを漂わせると水面を割ってヒラスズキがバイト!一発でフッキングしたのでそのまま強引に引き抜いちゃいました。サラシの沖側で食わせて暴れさせずに抜いたので、サラシの周囲にまだ他の個体がいれば狙えるかもしれません[ぴかぴか(新しい)]


磯の上でルアーから外れて暴れまわるヒラスズキを押さえて、O野さんに他の個体がいないかチェックしてもらいましたが、このショボサラシにはこの個体だけだったようです。



このショボサラシでも一尾居たんだからと、O野さんは隣接するサラシ場にヒラ狙いで出撃!

Lr-RIMG1446.jpg

@4を一気に獲って来てくれちゃうんでしょうか[手(グー)]


満潮上げどまり近辺になって凪いだ水面の向こう側ではU村U田組が磯に乗っているのが見えますが、このヒタヒタな潮位でも波に洗われることもなく平和そうです。

Lr-RIMG1431.jpg

それを眺めながら自分は磯表でヒラマサを狙って投げていましたが全然反応もないですし、ベタ凪の澄潮で流れも弱くてサカナが出るような状況じゃないですね。もっともヒラマサなんか気配がない中でもいきなりバイトしてきたりもするんで、実際は海の中ではどうなのか判ったものじゃないんですが。



Lr-RIMG1459.jpg

O野さん手ブラで戻って来ちゃいました。一発だけバイトはあったもののそれっきりだったそうで、やっぱりサラシが薄すぎてサカナが出ないのと、ショボいセットで間隔も長いので寒くてやってられないと(´Д`)

磯の周りの水温はO野さん計測で16℃しかありませんでしたし、濡れたウェットスーツで北東風が吹く曇天下、波も弱い状況ですから、サカナからの反応が全然なければモチベーションも維持できませんよね。


で、2人して根魚を獲る遊び。

Lr-RIMG1460.jpg

デカムラソイが釣れました。ヒラロッドで大き目のグラスミノーで穴釣りは難しいです。

しばらく潮だまりで活けて観察してから海にお帰り頂きましたw

他の獲物があるときにムラソイをキープすることはたぶんないと思いますw


O野さんは何故かムラソイに嫌われているようですし、粘るような海の状況じゃないですから早めですが撤収することにしました。



Lr-RIMG1428.jpg

今日の獲物は54cmと食べ頃サイズのヒラスズキです[キスマーク]

ヒットルアーはまたしてもモアザン スイッチヒッター85S、このルアーはあまり磯で使っている人を見ませんがサラシた水を掴ませやすいんですよね。自分は近距離戦で使いますけど飛距離もかなり出るのでもっと評価されても良いと思うんですがイマイチなんですかね。ロッドは自分で修理したタイドマークストームミリアー(nano)です。


横取りヒラスズキを手に船揚げ場で駄弁り。

Lr-RIMG1463.jpg

漁師のおっちゃんに某F村氏よりは釣るようだという印象操作にも成功しました[手(チョキ)]





ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11(nano) + 13STELLA SW5000HGS + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 30lb


ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #15 + POWERLEADER CN 100lb

一粒万倍! 9month [メモ]

カーポートの下に入れてある予備のドラゴンフルーツとグァバがかなり元気そうです。

Lr-DSC08489.jpg

乾燥した明るい日陰ぐらいな環境ですが、ドラゴンフルーツは一本選んで日向に出したものよりもこっちの方が元気なぐらいですね。グァバはもう少し日向に出してあげた方が良いかなぁ。



6月3日。 9month passed.



Lr-DSC08498.jpg

大きな鉢に移植したドラゴンフルーツの育ちが良くないです。

日焼けが回復しないうちに虫に先端と株元をかじられちゃいました。サボテンは茎の先端がそのまま生長点ですから、こうなっちゃうと新しい芽がどこかから吹くと思うんですが、このまま育てるよりも予備から入れ替えた方が良さそうですね。



Lr-DSC08495.jpg

パッションフルーツは勢いの良い一株とそれ以外の差が広がっています。グリーンカーテンの準備ができたので近日中に地植えにします。他の株も同じように育ってるなら一緒にカーテンにしようと思っていましたが、これだけ勢いが違ってきちゃうと一株を大きく広げた方が良さそうですね。

葉っぱが何かの虫に食われるのが気になりますから地植えしたら農薬で駆除しようと思います。



Lr-DSC08501.jpg

グァバは一月前とは大違いの育ちっぷりです。大きな鉢に植え替えて日当りの良い場所に出してありますが、日射しにも負けないでどんどん大きくなっていますから太陽が好きなんでしょうね。


ここまで育ててきた感じだとグァバとドラゴンフルーツは株ごとの個性がそんなにないんですが、パッションフルーツの個体差はどうしようもないレベルです。パッションフルーツも昔からある赤紫色の丸い実の物だったので、F1種ってわけじゃないと思うんですが。

パッションフルーツは栽培農家さんでも挿し木で株の更新をするらしいので、グリーンカーテン用に増やそうと思えば簡単に増やせそうです。勿論サボテンのドラゴンフルーツも挿し木接ぎ木も簡単ですし、グァバも挿し木で増やせるそうです。

もうちょっと予備株も並行して育ててどれを残すか見極めようかと思います。




マッ缶小さい(;^ω^) [日常]

東の聖地に遠征に出ていたO野さんが帰還されました[ぴかぴか(新しい)]

O野さん「やっと圏内です。チギかタマン食べますか?」

自分「今週もヒラマサ様釣れなかったので有り難く戴きに上がります!」

と、終業後におサカナを頂いてお土産話を聞けることになりました[黒ハート]

自分「チギはナカナカ釣りにも行けないし、買うこともできませんからチギをください(^ω^)」

O野さん「チギだけでいいんですか?カッポレも小さいの有りますよ?」

自分「うーん。それじゃあお言葉に甘えてタマンをヒト冊味見してみたいです!」

O野さん「タマンさばいていないんで、一本逝っちゃってください(∩´∀`)∩」

自分「イヤ。味見してみたいだけだったんで、タマンは自分で釣って食べます。やっぱりチギと小さいカッポレ貰っていいですか?」

で、ご飯を食べながらお土産話を楽しく聞かせてもらってきたのですが...


O野さん「クーラー小さいですよw」

お土産の量が半端なかったです_(:3 」∠)_

Lr-P_20170607_205621_vHDR_Auto.jpg

去年も凄く大きなチギとカッポレの半身を頂いたんですが、今年も同じようなサイズのチギとカッポレ丸々を頂いちゃいました。カッポレ全然小さくないじゃないですか(´;ω;`)

Lr-P_20170607_224637_vHDR_Auto.jpg

O野さん「奄美で頑張ってもタマンが釣れるとは限りませんよ?w」

Lr-P_20170607_225257_vHDR_Auto.jpg

と、結局タマンまで頂いちゃいました。スッとクーラーに入れてくれたんで大きさに気が付きませんでしたが、とんでもなく大きなサイズ!三尾の中で一番大きいですΣ(´∀`;)

これだけ大きいと普通の鍋やフライパンや蒸し器で調理できません。ウチの一番大きな俎板でもカッポレでギリギリぐらいです[たらーっ(汗)]


みんな美味しいサカナですから有り難いですけれどもデカすぎますってw




R2のフロントハブボルト打ち替え [メモ]

R2のフロントブレーキパッドを交換するついでにハブボルトを一本打ち替えます。

Lr-RIMG1389.jpg

タイヤ屋で齧らせられたハブボルトとナットは捻じ切ったので、とりあえず手元にあったレガシィ用の新品ハブボルトに打ち替えて乗っていたのを、ディーラで買ってきたR2のボルトに交換します。



ジャッキアップしてタイヤを外したらステアリングを切って作業スペースを確保します。

Lr-RIMG1390.jpg

14mmのスライドピン固定ボルトを外してキャリパーを持ち上げて外します。

Lr-RIMG1398.jpg

次にキャリパーサポートをハブナックルに固定する17mmのボルトを外します。

Lr-RIMG1399.jpg

キャリパーサポートを外しました。ハブナックルとの間にはブレーキのバックプレートも挟み込まれていますが、コレはそのままで作業できます。

Lr-RIMG1400.jpg

CVT車なのでNレンジに入れて車軸を回して、除去したいボルトをキャリパーサポートを外してできた隙間に持ってきたら、ボルトの軸先をハンマーで殴って抜き取ります。

Lr-RIMG1401.jpg

嵌合しているスプラインが抜けるとブレーキディスクのハット裏の隙間に落ちるので、指で摘まむとかブレーキディスクを手で回すと出てきます。

Lr-RIMG1402.jpg

遠近法が効いちゃいましたが、両方ともM12x1.25のスバル車などに使われる同じネジですね。手前がR2用で奥がレガシィ用、スプライン周りの寸法とブレーキディスクのハットの厚みの逃げ、ボルトのネジが切ってある部分自体の長さも違います。

Lr-RIMG1403.jpg

R2用のハブボルトをハブスピンドルの裏から指で押して頭を出します。

Lr-RIMG1404.jpg

オープンナットを逆向きに当てて落ちないようにしたら、CVTをPレンジに入れて車軸が回らないようにします。

Lr-RIMG1405.jpg

ブレーキディスク面とナットの頭の接触面に一応気休めの潤滑剤を塗ったらインパクトレンチで締めて、ボルトのスプライン部をハブスピンドルのスプライン部に引き込んでいきます。普通のレンチで締めても楽に引き込めますが、インパクトレンチだと楽ですしこの機種はトルクが100N・m程なので悪さをすることは無いでしょうw

今回はCVT車なのでこの状態でも車軸の回り止めが楽でしたが、MT車の場合はキャリパーサポートを取り付け直してから、ブレーキディスクのベンチレーション穴にドライバーなどを挿して回り止めにします。

Lr-RIMG1406.jpg

初めてでも手の感触でスプラインが完全に噛み込んで、ボルトのアタマがハブスピンドルに着座したのが判ると思いますけど、一応ノギスで他のボルトと突き出し量が揃っているのを確認します。


後はブレーキを元に戻すだけの簡単な作業ですが、直接安全に影響する場所ですから確実に作業をしてください。


タグ:R2メンテ