So-net無料ブログ作成
検索選択

Fall Rot [休日]

今週の月曜日は銭洲に行ってきました。

金曜の夜にO野さんから「月曜日に賀寿丸が銭洲に行くみたいですけどどうします?」とお誘いを頂いて、朝の潮位が高いので、波具合でまた"マンナカ"になりやしないかと迷っているうちに、M園さんから「僕も一緒に行きます!」と連絡をもらい、O野さんから「僕は仕事で行けないかもしれないけど予約しましたよ」と、あっという間に退路を塞がれて銭洲釣行が決定。ビビりの自分を逃がさない好連携です(*´Д`)

日曜の22時に袖ヶ浦の自分の家に集合、M園さんのクルマに三人乗りあわせて出発。順調に走って3時間少々で下田港の集合場所に到着しました。

Lr-RIMG1763.jpg

二日連続で銭洲に向かう賀寿丸。餌師は少ない時期ですし二日目は空いているだろうと踏んでいましたが、集まった釣り人は我々含めてルアーマン5人のみ...これで銭洲まで行ってくれるのかな(;´・ω・)


ちょっと心配しましたが銭洲に向けて出航!

Lr-RIMG1764.jpg

いつもは親父で満員になる船室も広々と使えます[黒ハート]

二時間程眠っているうちに銭洲に到着。船足が落ちたのを感じて目を覚ますと、既にO野さんが着替えを済ませて外を眺めていました。

O野さん「5人で銭洲って聞いたら昂っちゃって一睡もできませんでした(*'ω'*)」


予報通りに銭洲は微風ベタ凪です…これはもしかすると!

Lr-RIMG1770.jpg

やりました!銭洲きっての名礁”大ダルマ”に乗せてもらうことができました[ぴかぴか(新しい)]

潮通し抜群で大カンパチやキハダマグロが狙えるルアーマンにとって最高の磯です(゚∀゚)


O野さん「一投目から出ますから、準備できたらやっちゃってください!」

みんなの期待を集めてM園さんが投げます。

Lr-RIMG1766.jpg

んー?出ません。

O野さんも続いて投げます。

Lr-RIMG1778.jpg

んんー出ません??

自分も続きましたが、もちろん出ません。

はい。解っていました。潮が走っていないんです。磯際にはシラコダイとイスズミがのんびりと泳いでいます。

O野さんが前回乗った時は川のように流れていたという潮も、今日の大ダルマ南東側には当たって来ません、大きく沖を流れて小ダルマに緩い潮が当たっているようです。

Lr-RIMG1780.jpg

カツオ漁船がルアーのギリギリ射程圏外の潮目上を魚群を探して通り過ぎ、小ダルマのすぐ沖の潮目でシャワーを撒いて釣りを始めました…あっちが正解だったようです。

まぁ、それほど釣れていませんでしたし、釣りあがるカツオも凄く小型に見えましたから、今日のダルマ周辺は良い潮が通さずにサカナっ気があまりないようです_( _´ω`)_ペショ


それならば、潮が緩い時にしかできない釣りをしましょう[手(グー)]

Lr-RIMG1779.jpg

銭洲は赤くて美味しいこの子達が結構な生息密度で残っています[ぴかぴか(新しい)]

先日、沖磯根魚用に購入したタックルが大活躍です。N-ONE Hardrock NSL-882EXH/Bと16GRAPPLER BB201HGでネチネチ探るとグッドサイズのアカハタが連発しました。

Lr-MAH00316 (2).jpg

ロッドに対してリールが貧弱でしたが、沖磯で根魚を探るにはこのぐらいアンバランスで良いのかも知れません。対象のサイズがある程度の型を望めるのでのロッドの強さが必要な反面、細糸で潮の流れを受けないように3/4ozのリグを落とし込むのですから、小型のリールの方が扱いやすくて正解だったのかなと。ハンドルをもう少し長くしても良いのかも知れないかな?とは思いますが。ドラグ力はもうちょっと欲しいところですけど、いざとなったら指ドラグでポンピングできるので根魚ぐらいなら問題ないですね。

Lr-MAH00316 (3).jpg

今日イチの良型アカハタをキャッチして記念撮影してもらいました。折角ですからサカナを前に出してパースを利かせますw

青物はからっきしでしたがアカハタの反応が良くて楽しめていますが、銭洲まで来たんですから大型青物が釣りたいです。

Lr-RIMG1784.jpg

遠くに見えるネープルス岩礁群とヒラッタイ岩礁群。潮の走らないダルマ岩礁群を諦めて、巡回時に瀬替えを申し出ることにしました。


移った先はヒラッタイ岩礁群の”海老根”と言う広い岩礁です。中ほどが低くなっているんですが、この日は潮も低く波も無いので広々と使えますね。

Lr-RIMG1788.jpg

ここで大型青物を獲って帰りましょう!


Lr-MAH00319 (2).jpg

やっぱり潮も走っていませんでした。最初の数投はショゴのチェイスもありましたが、バイト寸前で見切られてしまいそれっきり。釣り上げられたのはごんぶとのオキザヨリのみです。

長さはメーターまで無いんですが、もの凄く重いサカナの背掛だったので一瞬イイのが掛かったのかと期待しちゃいました(/ω\)

Lr-RIMG1789.jpg

沖では賀寿丸がのんびりと休憩中。今日は船長だけなのでお疲れなんでしょうねw

自分もお疲れなのでスピニングタックルで遠投して竿抜けポイントのアカハタを探ります。

Lr-RIMG1791.jpg

ここでは遠投しても小型の個体が多かったです。キーパーよりもリリースの方が多かった感じですね。


O野さんはその間もガチで大型青物を狙っていましたが全く反応ナシ。自分も昼食後のラスト一時間を小型ルアー遠投で小型青物を狙ってみたもののやっぱり何の反応もナシ。青物は三人揃ってPNBでございました。

Lr-RIMG1812.jpg

磯上りのクーラーの中は真っ赤です[わーい(嬉しい顔)]

ここまで赤いと喜んじゃいますけど、デカンパチやキハダを狙って銭洲に来たんですよね。

今回は"Rot"でしたが、次回は”Blau”で大戦果を挙げたいものです[手(グー)]


今回の釣行はコレで終了。磯上がりが13時、港に着いて15時、帰路に就いたのが15時半、自宅に着いたのが18時半でした。単休でも充分に遊んで来れる圏内にあるんですよね。

O野さんM園さんありがとうございました(*´з`)



青物プラッギングタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター#8 + POWERLEADER CN 80lb


ライト青物タックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 30lb


ベイト根魚タックル

NSL-882EXH/B + 16GRAPPLER BB201HG + ARMORED F+ PRO ロックフィッシュ #1.5


スピニング根魚タックル

NSL-T902MH + 13SoaRe CI4+2000HGS + X-wire8 #0.6 + POWERLEADER FC 12lb


ぺてん? [休日]

今週月曜はF村さんと外房磯です。先週はF村さんの到着を待ちきれずに別磯になっちゃっていました。

この日はF村さんは先に到着していて、H谷川さんも自分のすぐ後ぐらいに到着されたので、早目にエントリーして噂の夜政にチャレンジしてみようということになりました[手(グー)]

Lr-RIMG1659.jpg

今週も大した波も無く潮位が低いので渡礁は楽です。水温は相変わらずこの時期の平年並みで20℃ほど、渡礁行程は笹濁りが入っていましたが、磯表に出ると潮色はクリアでした。


夜明け前にヒラスズキタックルを振ってみましたが反応は無し、ルアーに感じる潮の流れも今週はかなり緩い感じです(´;ω;`)

Lr-RIMG1662.jpg

…最近よく体育座りしてます。


やっと夜が明けました。

Lr-RIMG1679.jpg

まだ薄雲が広がっていますが日が高くなれば雲が取れて快晴になるでしょう。何故かウェーディングジャケットを着て来ちゃったことを大後悔です。

Lr-RIMG1669.jpg

先週は真潮がカッ飛んでいたんですけども、今週は潮も緩々と流れているだけで波も低いです。

Lr-RIMG1678.jpg

トビウオが一匹だけ飛んだと喜んで撃っていますが、ターゲットからの反応が一切ない厳しい状況。

何もないまま朝の時合いは終了しちゃった感じです(´・_・`)

Lr-RIMG1680.jpg

自分はもう飽きてヒラスズキタックルにスイッチ。この時期ならショゴ・ワカシ・ダツ・チョロマサとか何か反応があっても良いと思うんですが、磯の脇をあちこち撃って歩いてみましたが何の反応も無し[バッド(下向き矢印)]


釣れないし暑いしで飽きちゃって、六時前から水に浸かって磯遊びタイムです。

Lr-RIMG1686.jpg

磯のスリットに嵌って遊びながらも、H谷川さんのオーダーに応えてオニヤドカリゲット[exclamation×2]

Lr-RIMG1700.jpg

さっそくオニヤドカリの殻を外し、スペアのアシストフックに掛けて一発を狙うようですw


オモリが無いので軽く投げてフカセで沈めていきます。

Lr-RIMG1683.jpg

が、底に落ちる前に何者かにオニヤドカリを持って行かれちゃってましたw

F村氏はまたヘタり込んでいますw

H谷川さんはイボニシや磯周りにいる餌になりそうな物を捕まえて試してみてましたが、やっぱり我々のタックルじゃあフカセでは釣りになりません。捨て錘式のブッ込み仕掛けでも持ってくれば楽しそうですよね。

ソコリの時間帯になってH谷川さんが先に上がって行きましたが、自分はなんだか上がるのすらめんどくさくなってしまい、磯の潮だまりに浸かってダラダラ駄弁っていましたw
「そんな事してると密漁者に間違われて怒鳴られますよw」と、ふと磯を見下ろす高台を見上げたF村さん。
「あんなところに誰か立ってますよ!…あれ?…もしかしてO野さんじゃないですか!?」
Lr-RIMG1701.jpg
「マジか( ゚Д゚)」
50m程の高さの海岸崖の最上部、おそらく手摺の上に立ってこちらに手を振ってます[がく~(落胆した顔)]
上げに回って状況が好転すればもう一度投げて見ようかと思っていましたが、何か面白い事でもあったのかも知れませんから、急いで撤収することにしましたw


上がってみるとO野さんとU村さんにH谷川さんも着替え終わって一緒に駄弁っていました。O野さんはもうちょっと南寄りで朝の釣りをしてきたもののノーフィッシュ。U村さんは先週の夜政のカブトを割るときに親指をザックリ…ドクターストップだそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

のんびり駄弁って解散になったのですが、その中で南の方でショゴがずいぶん好調だと教えてもらったので、久々にちょっと足を延ばして第二ラウンドをやってみることにしました(`・ω・´)ゞ

眠気と闘いながら移動し現地に着いて二時間ほどお昼寝。暑い車内で寝るよりも日向でコットで寝た方が気持ちいいです。


第二ラウンド入磯前に「自分がぺてんじゃないことを証明しますよ!」なんて意気込んでたF村さん。突っ込まずに適当に笑って流しましたが、何が言いたいのか意味解らないです日本語でお願いします。大好きだと言うイケイド某が描くキャラの珍妙な決め台詞なんでしょうか?

Lr-RIMG1707.jpg

入った磯は南房と外房の境目だと思っている辺り。比較的入りやすい磯なので混雑が嫌な自分はあまり行かないポイントです。このころにはスカッと晴れて気持ちの良い夏磯日和になりました[晴れ]


まぁ天気は良いですがサカナは出そうもないなぁと入る前に思っていました。さすがに磯周りで潜りをやっているとショゴでも逃げちゃいますよね[バッド(下向き矢印)]

Lr-RIMG1716.jpg

ぺてん村さん=P村さんて呼ぼうかと思いましたが、妙にゲイゲイしいスタイルなのでG村さんとお呼びします。

ワカシのチェイスがあったと言い張って粘っていましたが…ワカシ釣りたいの?w

Lr-RIMG1714.jpg

ワカシと小サバならそこの潮だまりに捨ててあるのを捕まえちゃってください。

…なんか良く解りませんが、G村さんは「ぺてん」じゃないと証明できなかったってことでよろしいでしょうか?





ヒラスズキタックル
TMSRS-110/11(nano) + 13STELLA SW5000HGS + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 30lb
ヒラマサタックル
TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 80lb 
ショゴタックル
NSL-782M 黒鯛 + 12EXSENCE CI4+ C3000HGM + X-wire8 #0.8 + POWER LEADER FC 16lb



夜明け早過ぎ [休日]

先週は佐渡遠征で軽く凹まされてきましたので、今週こそはホームでヒラマサを獲ってやるですよ[パンチ]

今週は夜明けの潮位が高いので早めに駐車スペース入り軽く仮眠をして、深夜の潮位の低い時間帯に磯に渡るスケジュールで行きます。現地で仮眠しているとO野さんから「仕事が片付いたのでこれから向かいます!」と、F村さんと二人きりよりも釣れそうな気がしてきます。間もなくO野さんが到着、潮位も高めだし朝の内は波が残りそうだと言うので、早々に着替えを済ませて暫く仮眠をとることに。R2はGC8と違って寝心地が良くて素敵です(*‘∀‘)


暫くして車外での話し声に目を覚ますと見覚えのあるスイスポが停まっていて、お久しぶりのSちゃんMくんコンビが遊びに来てくれていました。O野さんとは小笠原遠征に行ったり外房でも遊んだりしていたそうですが、自分とは去年の三宅島三本嶽以来ですね。

U村U田ペアもクルマで仮眠中でしたがF村さんがまだ見えません。楽なうちに渡っちゃおうとなったのでF村さんにメールを投げて山を降ります。


Lr-RIMG1568.jpg

渡礁ルートは潮位こそ低めでウネリも無かったものの波がソコソコあったので、へつりルートを行かない自分はこの時間に渡っちゃってよかったです。渡礁早々にSちゃんMくんに夜撃ちでヒラを狙ってもらいますが反応も無い様子、やっぱり深夜の時間帯って言うのはサカナも一休みしているんでしょうね。

Lr-RIMG1572.jpg

なんとなくつかまえたウニが棘を器用に使って掌から逃げようとするのに意識を奪われて...だんだんと意識レベルが低下してきましたw

水の上がらない磯に寝てウツラウツラしていると、隣の磯にU村U田組と思しきヘッドライトが二つ入っていくのが見えました。F村さんが磯に降りて来ませんがどうしたんでしょ。


寝付きそうになると波に洗われて覚醒させられて眠れないままに、だんだんと空が薄明るくなってきたので釣りを開始。前撃ちはみんなに任せて自分は後ろの立ち位置から、沖でブレイクするサラシを長距離射撃で狙います。

Lr-RIMG1574.jpg

数投でヒラスズキのバイトを拾えたのでこの時間になってサカナの食い気も出てきているようです。二発目のバイトもフックアップせず、サラシに押し流されたラインが根に掛かって難儀していると、Mくんのロッドが曲がっています。駆け付けたO野さんのサポートでキャッチしたのは63cmのヒラスズキでした。


ダマテンで先を越してやろうと思ってたんですが先を越されてしまいました。残念w

Lr-RIMG1577.jpg

それでもそのすぐ後に沖のサラシから一本引きだしました。まぁ水面を滑って来ちゃう50㌢ぐらいのサカナでしたけどね。ブルースコードII 90 ステンドグラスでボウズ逃れ完了。


Sちゃんにもサカナの居場所とヒットルアーを託すとすぐに結果を出してくれました[ぴかぴか(新しい)]

Lr-RIMG1580.jpg

Sちゃんも同サイズを見事にキャッチ!タイミングを計って一発で出したそうです。


「これで釣ってないのはO野さんだけですよ( ̄▽ ̄)」って煽ってみました。

MAH00295(1).jpg

この程度じゃプレッシャーなんか掛かる訳も無いですよね。サクッと同サイズを釣られちゃいましたw



夜が明けてもヒラスズキが続きそうでしたが、潮位が上がり波のサイズも落としてサラシが薄くなり沈黙。

Lr-RIMG1593.jpg

SちゃんMくんは隣接するサラシ場でヒラスズキを狙いますが、もうちょっと波が大きいか潮が落とさないと難しそうな気配ですね。

Lr-RIMG1600-001.jpg

この日の磯表は潮色が良くないもののかなりの勢いで真潮が通しており、ボイルもベイトも全然見えませんでしたが、青物がいつ差してきても不思議じゃないぐらいです。青物はO野さんが小型を掛けたのですがフックオフしてしまっただけでしたね。

Lr-RIMG1606.jpg

サラシ場から戻って来たMくんに青物の狙い場を指南してあげています。

暫く小笠原準拠のタックルを振ってくれていましたけど出ない。出そうでも出ない。出そうって程でもない?

潮は走っているんだから、トビウオでも追われててくれてたらなぁ...

Lr-RIMG1631.jpg

Sちゃんも戻って来たのでO野さんが入れ替わってサラシ場を撃ちますが、潮が落とす前に波が落ちちゃって不発でした。

@2を獲って欲しかったんですが、ヒラスズキを撃つには渡った頃ぐらいの波っ気が欲しいですよ。

Lr-RIMG1636.jpg

良く見えませんが向こうの磯にいるのはF村さんっぽいですね。ウェットもメットも黒だと良くいるスタイル過ぎて見分けがつかないですよ[ドコモ提供]

何か差し色を入れるかアイテムを追加してください。

Lr-RIMG1634.jpg

撤収前にMくんがヒラスズキの神経〆をしてくれました[ぴかぴか(新しい)]

普段は血抜きしかしないので、味に変化が出るのかちょっと興味が有ります(´ー`)

Lr-RIMG1650.jpg

4人で一本ずつ獲って全員安打、画面奥からO野さんSちゃん自分Mくんの獲物。

仲良くサカナを持って上がれるっていいですね[黒ハート]


船揚げ場に戻ると背中の煤けたF村さんが哭いていましたw

U村U田組と一緒に夜明け前に隣磯にエントリーしたそうですが、三人アタリも無いままに終わってしまったそうです。ヘッドライトが二個しか見えなかったのはU田さんのが壊れていて照度が出て無かったからだとか[あせあせ(飛び散る汗)]

このままじゃ帰れないので一級磯に向かうと言うF村さんに付き合ってもよかったんですが、〆ちゃった獲物も有りますからそのまま上がっちゃうことにしました。



上半期最終出撃でもヒラマサキャッチならず。

なんでこんなに嫌われちゃってるんでしょ[バッド(下向き矢印)]





ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11(nano) + 13STELLA SW5000HGS + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 30lb


ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 80lb 


sadness [休日]

美味しかったですよ、新潟ラーメン。

Lr-P_20170620_155045_vHDR_Auto.jpg

紫竹山の”いっとうや”さんに行って醤油チャーシュー麺の大盛りをいただいたのですが、煮卵の対比で判るでしょうけどチャーシューのボリュームが半端なかったです。魚介出汁の醤油はさっぱりしていて美味しかったです!


今回の新潟ラーメン遠征は大成功ですね。このラーメンを食べるために新潟まで来ました。たぶん。

ついでに佐渡で美味しいご飯を食べてお酒を飲んでゆっくりする。余った時間にちょこっと釣りをしてみようかな?って、プランでしt...(´;ω;`)ブワッ




午前三時、朝マヅメ勝負を賭ける磯へ向かいます。

Lr-RIMG1500.jpg

展望レストランだったと思しき廃墟脇の駐車スペースで出撃準備をしていますが、さすがに夜明けマイナス一時間だと人っ子一人歩いていません。

Lr-RIMG1505.jpg

佐渡はイソヌカカが多いと聞いていたので夜明け前の入磯に怯えていましたが、この日は肌寒かったからか虫も飛んでいなかったので噛まれませんでした[ドコモポイント]



3人しかいない夜明けの磯で思い思いのルアーと誘い方でヒラマサを狙います(`・ω・´)

Lr-RIMG1538.jpg

この磯場を舐めるように潮目が払っていきます。クッキリ見えているのはベタ凪だからで、実際にルアーを投げるとそれほど流れていません[あせあせ(飛び散る汗)]

Lr-RIMG1543.jpg

それでも朝イチにヒラマサが回ってくると信じ、湧き上がる朝靄の下で集中してルアーを投げます。

Lr-RIMG1548.jpg

大佐渡山地の峰々を越えて朝陽が差してきました。ライトが変わるタイミングもサカナのバイトが多い気がするのでまだまだ頑張ります[手(グー)]

Lr-RIMG1549.jpg

潮目は出たり消えたりとユルユルですが関係ないです。投げてればヒラマサがいきなり現れるはずなんです!

Lr-RIMG1550.jpg

夜明けから一時間でI田さんが墜ちました[バッド(下向き矢印)]

Lr-RIMG1551.jpg

そんな中でも投げ続けて良型サザエゲット!重いけど全然引かない!

Lr-RIMG1553.jpg

見せびらかしに拠点に戻るとO野さんも墜ちていました[バッド(下向き矢印)]

Lr-RIMG1556.jpg

…おはなきれい。

Lr-RIMG1557.jpg

まぁこの状況で二時間も頑張りましたし、朝風呂浴びてご飯を食べましょう(*‘∀‘)


宿のお風呂は尖閣湾を見下ろす好眺望で、温度も丁度良くてゆっくり入れるいいお湯でした。昨晩の酒で頭の芯がぼやけて居たのもスッキリ抜けました[ぴかぴか(新しい)]

Lr-P_20170620_073507_vHDR_Auto.jpg

おかずがたくさんで朝からガッツリと食べちゃいましたが、朝からご飯を4杯平らげたO野さんの健啖ぶりにビックリ。羨ましいことに普段から運動している人は基礎代謝が全然違うんですよね。

Lr-P_20170620_073840_vHDR_Auto.jpg

全部美味しかったのですが、中でも初めて食べたのがナガモのお味噌汁。外房でも港周りなどに生えているナガモクの代表種アカモクと言う海藻で、食べられると言うのは知っていましたが凄く美味しいですね。

さわやかな磯の香りがして、歯ごたえも良いですし褐藻特有のヌメりも良いです。クセが無いマイルドなカジメ(アラメ)の味噌汁って感じですね。


朝ご飯を食べながらご主人に今朝の報告をして、今日は沖磯に渡らずに地磯をランガンする予定だと伝えると、おすすめの地磯とエントリールートをいくつか教えてくださいました。

Lr-P_20170620_080238_vHDR_Auto.jpg

宿のご主人が獲ったショアヒラマサの魚拓126cm/16.9kg、H23.6.19と日付が入っています。自分が去年獲ったのが123cm/15.2kgですから、3cm/1.7kg差だと同じような体型なんですかね。トビウオをたらふく食べているというのでもっと太いのかと思っていました。やっぱりこのサイズが今の時期に接岸するんですね~


いろいろと教えていただいてなんなんですが、朝風呂に浸かりながら決めた本当の予定は、このまま佐渡でお土産ランガンをして帰りのフェリーの時間を大幅に繰り上げて本土に戻ると言うものでしたw

しかも、ご主人の話を聞けば聞くほどに今回の状況が大ハズレ、ここから大逆転を狙うのが無理だって解っちゃいましたもん(/ω\)



で、お土産ランガンをしてみたのですがこれまた不発。どこでお土産を買えばいいものだかわからないですよ。しかも朱鷺なんかどこにも飛んでいませんでした。田んぼに朱鷺が居たと思ったら白詐欺でしたよ。

結局、フェリーターミナルのお土産屋さんで佐渡土産を買いこみ、乗船時間まで余裕があるので蕎麦屋さんでお昼ご飯を食べましたがこれまた微妙[たらーっ(汗)]

Lr-P_20170620_110053_vHDR_Auto.jpg

甘えびのかき揚げそば。甘えび?二本が小麦粉の羽を広げていて水菜の葉が一枚ピロっと乗っかっています。余りにもわざとらしく蕎麦の幅をバラ付かせる製麺機の仕事はともかく、かき揚げの定義についてどう考えているんですかね。ボリュームも物足りませんでしたが追加を打つ気にもなれず駄弁り。


出航30分前に乗船開始、今回の佐渡滞在時間は28時間ってとこです。

Lr-P_20170620_123915_vHDR_Auto.jpg

佐渡遠征で一番多くカモメを見たのが、この帰りのときわ丸の舷窓からですw

本土に戻るのは19:00発のフェリーの予定でしたが、繰り上げて12:40発のフェリーに乗っちゃってます。帰るのが惜しくなるどころかまさかの早上がり[ダッシュ(走り出すさま)]

Lr-P_20170620_144953_vHDR_Auto.jpg

昼ご飯の物足りなさを部屋飲みで残ったつまみで補い、ゴロゴロしているうちに寝ちゃいましたが、Tシャツにジーンズでは空調が寒くて目が覚めちゃいました。フェリーが冷え冷えなのは毛布を貸し出そうと言う謀略だと思うのですがいかがでしょう?


と、初めての突発的佐渡遠征は惨憺たる結果に終わりましたが、ヒラマサのタイミングさえ合えばまた来たい島ですね。この宿でご主人の期待に応えるサカナを獲って見せたいですね[手(グー)]




新潟港から高速道路に乗るまでの車中。

O野さん「なんかハラ減りましたよ(*´▽`*)」

I田さん「O野君凄いね(;´∀`)」

自分「じゃあ行きますか!佐渡名物とか食べられなかったですし!」

O野さん「いや。別に高速SAとかでも良いです」

I田さん「食べて食べられなくもないから、どっか寄ろうよ」

自分「新潟まで来てサカナ釣れなかったんですから、何か名物でも…新潟ラーメンとかですかね?」

O野さん「スマホで調べても何処が美味しいのか判からないw」

自分「O.K.google!(嘘)この近くのラーメン屋」

こんな感じで、冒頭のラーメン屋さんに入ったのです。

終わり良ければ総て良し。最後の最後で外さなくって良かったw



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 80lb


Suddenly Attack! [休日]

今週の月曜火曜はまた遠征に行ってきました。”また”とは言っても、泊りがけの釣り遠征で釣友と出かけるのは初めて。日曜の深夜に千葉に集合して新潟まで夜走りして、月曜の朝のフェリーで佐渡に渡り一泊二日のヒラマサ狙い、火曜日の夜のフェリーで本土に戻り深夜に千葉で解散するスケジュール。

お付き合いいただくのもエキスパートのお二人、O野さんI田さんは釣りが上手いのは当たり前ですが、釣りも釣り以外も経験豊富でお話が面白いので大好きです[黒ハート]

Lr-P_20170619_052740_vHDR_Auto.jpg

噂に聞く佐渡ヒラマサのトビウオパターン。産卵で接岸するトビウオに着いた20kgのテラマサと勝負ができると聞き及んでいます。猛者二人に着いていけばお零れでも今季初マサは間違いありません(*^^)v


月曜6:00新潟発の佐渡汽船カーフェリーときわ丸で佐渡に着いたのが8:30。一時間ほど走って今回お世話になった尖閣荘さんに到着しました。ご主人がルアーヒラマサに詳しく、渡船のお世話にもなれる我々にはとてもありがたいお宿です。

この日も到着早々でお部屋を使わせていただけたので、急いで着替えて宿の近くの港から沖磯に渡してもらいました。

Lr-RIMG1477.jpg

相川の沖にある一里島灯台が潮通し良さげで有望だったのですが先客アリで、乗せていただいたのは第二候補の横島という広くなだらかな沖磯です。

Lr-RIMG1485.jpg

割と地方よりの磯で沖向きでも深さは10m程で、周囲はハエ根等の起伏が多くいかにもサカナがいそうです。


Lr-RIMG1478.jpg

居ましたよ尺タケノコメバル。沈み根の上をブレード付きのジグヘッドでキジハタグラブをスイミングさせて釣りました。

Lr-RIMG1479.jpg

ついでにチビッ子ヨロイメバル。尾鰭の基部が白斑になっているのでコウライヨロイメバルですかね。小さい当たりがあるのに全然フックアップしないので、キャロのフックを少し小さめに換えたキジハタホッグで釣れました。

。。。

うーん。両方とも初魚種で喜んでいましたが、青物の気配が皆無なのはどうしたことでしょう。

とぼけては見ましたがヤバいんじゃないかな?ってのは薄々感じてはいました。沖磯の周りは浅めで潮が全然流れていませんし、水は冷たく澄み切った日本海の潮、渡船で港から磯までの航程でもトビウオが全然跳ねませんでしたから。

Lr-RIMG1476.jpg

それでもヒラマサが周囲に居ないわけじゃないんですから、ベイトが寄ったり潮が走ったりすれば急に食いが立つかも知れませんし、根魚だって狙えばサイズは小さくてもキジハタぐらい出るだろうと気楽に構えていました。

結局潮も走らずにベイトも寄らずヒラマサの反応は無し、潮がそれほど通さない沖磯で比較的乗りやすいとなれば、キジハタなんかは抜かれて空っぽですよね(´;ω;`)


16時の磯上りの船から眺める尖閣湾。

Lr-RIMG1487.jpg

尖閣と言うのは尖った閣(高殿)と言う意味です。この岩礁群をそれに見立てて名付けたそうで、尖閣列島も同じ由来で名付けられたそうです。Pinnaclesとかはまさに高楼って感じの風景でしたが、ここはそれほどじゃない気がするんですけどw

Lr-RIMG1488.jpg

結局ヒラマサはスタート時に周囲をチェックして、少し潮が動いたタイミングで投げて見ただけでした。ずっと投げ続けていれば”もしかしたら?”と言うのがあったのかも知れませんが、ちょっとこの状況ではモチベーションが沸きませんよ。

根魚はI田さんがアイナメ1尾、O野さんがタケノコメバル1尾、自分がタケノコメバル1尾にヨロイメバル1尾でした。



沖磯を上がって宿のご主人に紹介してもらった地磯に転戦。

Lr-RIMG1499.jpg

こちらの方が釣り場としては釣れそうな気もしますし、雄大な光景と綺麗な海を見ているとそれだけで癒されます。

Lr-RIMG1490.jpg

USライナーで薄く走る潮目の際を狙って出てきたでっかいオキザヨリ。

Lr-RIMG1496.jpg

また潮目を狙うと、またでっかいオキザヨリ。

オキザヨリがいるんですからヒラマサも回ってくるかも?と、宿の夕食に間に合う時間ギリギリまで粘りましたが、結局釣れたサカナはペンシルを投げた自分が釣ったオキザヨリ2本のみでした。Lr-RIMG1497-001.jpg

景色は良いんだけど厳しかったですね。

実際に撃ってみるとこのエリアは浅い海に根がキツく入っていて外房に似ていました。やっぱり接岸したベイトにヒラマサが付いている、そうでもなければ潮が走っていたり波やウネリが無いとだめなんでしょう。両方無いなら朝マヅメの回遊に賭けるしかありません[パンチ]

明日の朝は渡船に乗らずにここで頑張ることにしました!



急いで宿に戻りましたが到着が19時。夕食が19時からだったのですが急いでシャワーだけ浴びさせてもらい、食堂で夕食をいただきます。

Lr-P_20170619_192421_vHDR_Auto.jpg

¥7000+taxで一泊二食と格安だったのですが、並んだおかずがどれも美味しかったですし、佐渡米コシヒカリのご飯がとても美味しかったです。この味とボリュームでこの価格(`・ω・´)

Lr-P_20170619_192550_vHDR_Auto.jpg

佐渡ショアマサの開拓者を自負する宿のご主人のお話を聞きながら美味しいお食事を堪能出来て大満足。

自分がいちばん美味しいと感じたのはゴマフグの白子でした。またこれを食べに来たいぐらいのお味です♪


夕食後に海を眺望する湯船にのんびりと浸かりに行くつもりでしたが、お腹いっぱいでほろ酔い気分だったのでそのまま部屋飲みに移行してしまい、気が付くとO野さんが座椅子で寝落ちしていたので、お開きにして布団を敷いてそのまま寝ちゃいましたw


それでも各自が翌日は目覚ましを2:30にセットするのを忘れないのは、やっぱりみんな釣りキチなんだなぁと(*‘ω‘ *)




ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 80lb


キジハタ遠投タックル

NSL-T902MH + 13SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + POWERLEADER FC 16lb


キジハタベイトタックル

NSL-832M/BF + Brenious L + Armored F+Pro ロックフィッシュ #0.8 + POWERLEADER FC 20lb