So-net無料ブログ作成
検索選択

ワニった [休日]

今週は月曜日の出撃です。

そろそろ梅雨入りかという季節ですから、カラッとした日射しを楽しんできました。

Lr-P_20170605_112009_vHDR_Auto.jpg


F村さんが希望する近隣エリアの磯を目指したのですが、現地に到着するも先行者や待機中と思しき車両アリで断念、結局は何時ものエリアに戻って来ちゃいました。

Lr-RIMG1417.jpg

結局、山を降りたのはヘッドライトが要らなくなる明るさになってからでした。

風邪気味だったので水に濡れないで済む磯を選択。水温は先週よりもほんの少し冷たく感じます。

海の向こうに見えるのはU村U田組で、その向こうにももう一人入っているのが見えます。


我々も釣りスタート。

Lr-RIMG1418.jpg

F村さんは浅瀬をジャブジャブ渡って先端の離れ岩で沖目を撃っています。

MAH00261(1).jpg

調子のよくない自分は濡れたくないので手前から入り江を狙います。

Lr-RIMG1420.jpg

仕方がないんです。朝方は日差しが雲に遮られていて、北寄りの風が吹いていて寒かったんですもん(>_<)

仮に沖目にサカナっ気があるようでしたら、自分も浅瀬を渡って離れ岩に乗って頑張りますよ[手(グー)]


予想通りに何もなく朝マヅメが終了したので、濡れなくて済む足場を撃って回りましたがダメですね。

先週は中盤からトビウオやダツなどが入って初夏らしくなってきたと聞いていたんですが、この日のこの磯は潮も走らずで全然ダメでした。


もう上がっちゃってもよかったんですが、隣接するサラシ場に朝から誰も入っていなかったんで一応チェックに行ってみました。

MAH00265 (2).jpg

潮も下げ過ぎちゃっていますんで沖でブレイクする波を狙いましたが、ベイトっ気も無いなかでサラシも薄すぎてサカナは出ませんでした。


こちらも予想通りに何もなく終了です。ほぼソコリですが潮が上げてくるまでにはまだ3時間ほどは掛かりますからね。もう上がりましょう。

Lr-RIMG1422.jpg

仕方ないんです。磯靴がワニっちゃったんですもん(>_<)

この磯靴はソールゴムのピン保持が弱いのと、ソールと側の接着が弱いんですよね。おろして二ヵ月ですが、だいたいこの位で縫製の継ぎ目が空いたり、ソールの黄色い接着剤(G17っぽいアレ)が剥がれてきて終了しちゃいます。

もろに水に浸かる使用方法は想定外と言うところなんでしょうね。さすがに現場で崩壊したのは初めてでしたがw




Lr-RIMG1423.jpg

洞窟を抜けて磯から撤収します。

ちょっと早いですけれども体調も良くないので、粘って体を冷やすのも良くありませんし。

Lr-RIMG1424.jpg

…上がろうと思ったのに;つД`)

漁師のおっちゃんに焚きつけられたF村さんに付き合って、朝方にF村さんが乗っていた岩に来てみましたが、流れてないいかにもダメな海の感じがします。5回ぐらい投げました。

潮が変わったとかのタイミングでもなければここで撃ってても腕が疲れるだけな気がします。


またサラシていないサラシ場に戻るとかF村さんが言い出したので、自分は付き合いきれないので先に上がらせてもらいましたw


お昼ご飯は”こだま”で半タンタンメン。

Lr-P_20170605_113537_vHDR_Auto.jpg

F村さんは半タンタン+チャーハンです。

サカナも釣っていないのに贅沢なものを食っていますよね。ルアーも二個ロストしているのに贅沢すぎやしませんか?

Lr-P_20170605_113632_vHDR_Auto.jpg

悔しいので焼肉ライスを追加。なんかボリュームを読み違えたような気がします(´Д`)



ちなみに今日のお昼寝場所はココ。

Lr-RIMG1427.jpg

先週は駐車場の隅っこで寝ていましたが、今日はこんなところで昼寝をしていました。

南に開けた入り江でも北風は緩く吹いていますが、クルマを風除けにしてコットで昼寝。ラ(ラッシュパンツ一丁)でも汗ばむほどです。

Lr-RIMG1425.jpg

F村さんも食後に護岸壁の上で寝てました…自分ほど肌が強くなさそうなんですけどもw




ヒラマサタックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW8000HG + HARDCOREx8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 60lb


ヒラスズキタックル

CBSS-103LSR + 14AR-C AERO CI4+4000XG + X-wire8 #2.0 + POWERLEADER FC 30lb  


朝焼け [休日]

幻想的な朝焼けに包まれた外房磯。昼間の空が青いのも朝夕の空が赤いのもレイリー散乱、前回の外房で空が白かったのは黄砂によるミー散乱です。

Lr-RIMG1338.jpg

今週の月曜日は久しぶりの外房磯です。自分が行かなかった間も目立ったヒラマサの釣果は聞こえず、波が出たタイミングでヒラスズキの爆釣があったぐらいだったようです。


日曜の夜から月曜の朝にかけては波も風もなく月明かりも無いので、日曜の夜の早いうちに外房入りして夜メバルをするつもりでした。とりあえず仮眠をして夜中の干潮時に上げに合わせてメバルを狙おうと仮眠をとっていたんですが、既に先着して仮眠中だったH谷川さんと寝てる間に到着していたU村さんも干潮時に起きだしたので作戦会議。

黒潮の余波が届いた外房の水温はここ数日で一気に上がり、夜中からメバルで頑張るのも分が悪そうだということで、夜明けマイナス二時間ぐらいまでもうひと眠りすることにしました。


そろそろ起きて準備をしようかなと言うあたりでO野さんが到着、レッグスペースの狭いGCに比べたらR2の運転席は極楽です[黒ハート]


自分はメバルタックルはクルマに置いて行くつもりで準備をしていましたが、同磯するH谷川さんとO野さんはメバルタックルも持ち込む準備をしていたので慌てて追加しました。水温が懸念材料ですが闇夜ベタ凪のメバル日和ですから、今回3人で頑張ってみて何の反応もなければシーズンも終わりでしょうということですw



エリア内の別磯に向かうU村さんと別れて、H谷川さんとO野さんと三人で夜明けマイナス1時間半の闇磯に入り、さっそくメバルタックルを振っていたのですが何の反応もありません。潮の流れがメバルタックルでも感じられないほどだったので、同じ闇夜ベタ凪の高水温でも潮流が有ればまだ出るのかも知れません。が。

Lr-RIMG1324.jpg

変な巻き心地がすると思ったら、自分のメバルタックルが終わりましたw

ラインがベイルの変なところにが引っかかっいて、スプールの袴の上に巻き取っていました( ̄д ̄)

まぁ、一か八かこのままキャストしたら問題なく飛んでくれたんで事なきを得たんですけど、H谷川さんにもO野さんにもメバルの反応もないそうですから今日はもうあきらめました。ちなみに磯周りの水温は19℃まで上がっているそうです。



三人してメバルは早めに見切ってヒラマサ狙いにシフトします。

夜明け前の綺麗な朝焼けの中で投げ続けましたがサカナは出ませんね(´・ω・)

それでも日が昇るか登らないかぐらいの時間帯にO野さんの曳くダイビングペンシルにすごく微妙なアタックが有ったものの乗らず。

その後も射程圏内で正体不明のやる気のないボイル?っぽいものが暫くモヤモヤしていましたが、それもすっかりと消え去ってまったりモード。

Lr-RIMG1362.jpg

「五時半にはもうやる気なくなっちゃってるんじゃねーの?」

なんて言っていたH谷川さんは五時過ぎにはヤル気をなくしていましたw

140cmを超える高潮位なのにペタペタの凪で潮も走らずに平和な磯です。


Lr-RIMG1368.jpg

が、沖の方から黒く見える水面がだんだん近寄ってくるのが見えてきました[グッド(上向き矢印)]

「あの黒く沈んで見えるのは黒潮の水じゃないですか?」

...自分はそう思っていたんですが、どうやら風でさざ波立っているのが、ペタペタの海面で怪しく見えちゃっただけでした。


三人してもう厭きちゃっているのですが、潮位が高すぎて戻りルートがほぼ泳ぎになってしまうので、時間つぶしでいつもより駄弁り中心で投げ続けます。



せっかくライトタックルを持ち込んだので磯表の際でカサゴを狙ってみますが反応ナシ。やっぱり外房はカサゴ薄いんですよね~

Lr-RIMG1374.jpg

それならばと磯のスリット狙いに切り替えるとすぐにサカナが釣れましたw外房で一番多い根魚のムラソイですw



珍しい光景が見られました

Lr-RIMG1378.jpg

O野さんとH谷川さんが磯の溝でソイを狙ってます。猛者でもボウズの気配から逃れるためにはソイしかないとw

Lr-RIMG1380.jpg

自分はムラソイとは言え尺上を頭に5本揃えてホクホクです。

H谷川さんには当たらず仕舞いでO野さんは釣り落としたりと、なぜか好調だった自分がソイマスターの称号を戴きました。


朝の部を終了してムラソイをクルマのクーラーに仕舞いコンビニで氷を購入して、別磯に入ったF村さんと漁師さんに挨拶してくると別ルートで撤収したO野さんを待っていたのですが、待てど暮らせど上がってくる気配がありません。

寂しくなっちゃったんでもう一度山を下りて磯に入りました。

Lr-RIMG1382.jpg

で、ムラソイ4本追加。

O野さんは船揚げ場で漁師さんと話し込んでいて、F村さんは一旦上がったものの漁師さんに促されて、ヒラスズキのチェックに戻ったH谷川さんにヒラスズキの付き場を教わりに再び磯に入ったそうですw

自分も狙うべき場所は分かっているつもりですが、猛者のレクチャーを受けられるとは羨ましいです(*‘ω‘ *)

そのまま磯に入って合流したんですがついついムラソイを釣っちゃいましたw



Lr-RIMG1386.jpg

25cm~の良型を中心にムラソイを9本。これだけ揃うとちょっと嬉しいですね[ぴかぴか(新しい)]

料理を工夫して美味しい食べ方を見つけて見ようかと思います。



近場の駐車場に移動して着替えて昼ご飯です。

Lr-RIMG1387.jpg

今回はレトルトのまぜご飯の元で炊き込みご飯を作ります。

炊き上がって蒸らしながらそろそろF村さんを呼び出そうと携帯電話を見ると、既に着替えが終わったF村さんはこちらに向かっているようです。

Lr-RIMG1388.jpg

お湯を沸かしてカップラーメンを作って日向でご飯。

その後はコットを出してパンイチで爆睡。サンオイルを塗らなかったので背中ヒリヒリ[もうやだ~(悲しい顔)]




ヒラマサタックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW8000HG + HARDCOREx8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 60lb


メバ...ムラソイタックル

CRK-T782AJI + 12ULTEGRA改 C2000PGS + Armored アジメバル #0.4 + Seaguar premium max 4lb

壱岐壱岐鮮魚 [休日]

今回もメインのお土産は活きのいいおサカナです(*‘∀‘)

Lr-RIMG1312.jpg

お土産鮮魚はスーツケースに入れて持参したクーラーボックスに入れて手荷物で持ち帰ります。クーラーボックスは軽量で(蓋以外の)断熱性能に優れたigrooのmarine ultra 30で、蓋にロック機構が無いのでTSAロックのベルトを掛けてあります。

スーツケース自体は他のお土産や着替えなどの旅行用品を詰め込んで、島を離れる前にクロネコヤマトの営業所から持ち込み発送します。ラージサイズのスーツケースで重量もかなり嵩むんですが、旅行用品をスーツケースに入れて送る場合には上限120サイズの料金で運んでもらえます。



最終日は夜明け前から海に行ってお土産確保を頑張りました。

Lr-RIMG1314.jpg

結果、朝マヅメでアジを沢山。デカいボウルにデカいアジ。

Lr-RIMG1313.jpg

チェックアウト後から昼まででカサゴキープ沢山。デカい目笊にまぁまぁのカサゴ。

前回はカサゴをここまで頑張らずにアオリイカ一杯とスズメダイ沢山を持ち帰りましたが、アオリイカの禁漁エリアがあったので気が引けたのと、スズメダイはわざわざ釣って食わなくってもいいやと(;^_^A


帰りの航空機の預託荷物は25kg分の料金を払ってありましたが、釣果の入ったクーラーボックスとロッドケースで16kgぐらいで収まりました。ロッドケースが中身入りで1.5kgにクーラーボックスの空虚重量が3.1kg、ロックアイスを3kg入れたのでお土産の重量は9kgぐらいですかねw


アジをミッチリ入れたジップロックLサイズが容積3Lなので2個で6Lですが、隙間と比重を考えたら5kg強ぐらいでしょう。残りの約3kgがカサゴと水漏れ対策に厳重に梱包したビニール袋と、隙間を埋めて断熱するために入れたお土産ですね。



持ち帰った翌日、まだまだ鮮度のいい状態で頂けますね。

Lr-DSC08411.jpg

姿形も鮮度も申し分ないアジですから、やっぱり塩焼きが美味しいですよね[ぴかぴか(新しい)]

塩焼きはいいサカナじゃないと美味しくありません。

Lr-DSC08392.jpg

生は刺身と迷いましたがなめろうにしました。フライと南蛮漬け用にさばいた中骨からも身をすいて混ぜてます。

Lr-DSC08417.jpg

カサゴは丸揚げにしちゃいました。刺身も食べてみたかったんですが、この手のサカナは刺身だと歩留まりが悪いので丸揚げにしました。これなら背骨と背鰭の棘条の付け根の骨以外はパリパリと食べられます(*‘ω‘ *)


その翌日もアジはまだまだあります。

Lr-DSC08426.jpg

ショウガを効かせて甘辛く煮付けると美味しいですよね~

Lr-DSC08429.jpg

サクサクフワフワのアジフライも大量に作っていました、結局全部揚げきらずに衣をつけて冷凍庫にw


その翌日。

Lr-DSC08438.jpg

フィレだけの南蛮漬けは食べやすいんですけど物足りないですね(-_-;)

アジを料理し過ぎてメンド臭くなっちゃったそうですが、

丸ごと二度揚げ三度揚げしてつくった方が美味しいなと再確認w


アジは色々な食べ方が出来るから良いですよね!

特に壱岐では前回も今回も、最終日にお土産に十分すぎる量が確保出来ちゃいます♪

一泊二日でアジ狙いの弾丸釣行に行っても良いかも知れませんw



壱岐の鮮魚コーナー [休日]

壱岐のスーパーでヒラマサを買って釣果を捏造しようとおもいます。

Lr-P_20170517_140827_001.jpg

コロコロに太った美味しそうなヒラマサで鮮度も申し分ありません。長さは90cmぐらいですかね。

丸のまま一本買って港に持って行って写真を取れば、ショアヒラマサ写真のいっちょ上がりです(゚∀゚)

…とか思ったんですが、壱岐産の天然ヒラスは一¥12800で、80cmぐらいの方は¥6800。

さすがに天然ヒラマサはお高くて手が出ません。捏造するのはやめておきます;つД`)


旅行先のスーパーの鮮魚売り場が気になるのは釣り人の習性ですね。

Lr-RIMG1229.jpg

ミナとしてパックで売っているのはバテイラです。房総ではシッタカと呼びますが壱岐では¥600/㌔ですね。新海荘のイケスで¥1200/㌔で売っていたと思うので半額ですか(・∀・)

Lr-RIMG1231.jpg

水イカはアオリイカです。ヤリイカも売っていましたけど、両方とも\2500/㌔とやっぱりいいお値段。ヤリイカも水イカも今年は不漁だとか。禁漁じゃないエリアで釣ってくればよかったかなぁ。。。




たくさん売っていたのはアジです。しかも壱岐産の新鮮なサカナですね。千葉でもこのぐらい鮮度のいいアジを売ってくれてたら、ボウズの時に釣果を捏造するのに使えるんですが。

Lr-RIMG1230.jpg

大量に並んでいて値段も¥880/㌔とお安いです。見切れているのはキビナゴです房総ではなじみがないサカナですが、こちらではいろいろなサカナの餌になっています。

Lr-P_20170517_140906.jpg

別の魚屋さんでも主役は壱岐産のアジです。刺身用が¥980/㌔で唐揚げやせぎり用は¥280/㌔とか安すぎて[あせあせ(飛び散る汗)]


イッサキはイサキですよね。そろそろ旬になろうかという時期ですし大一尾\1280に中一尾¥680とナカナカのお値段。角とび魚はハマトビウオの事で一尾¥180でした。


他にはクロも結構並んでいましたが、関東では魚屋で目にすることは少ないですよね。



トップ写真でも使いましたが、我々がメインターゲットにしている青物もたくさん売っていました。

Lr-P_20170517_140841_1.jpg

アカバナはカンパチですね45cmぐらいでしょうか。一尾980円と言う値段は安くてびっくりしました。自分たちが釣ったのを自宅に持ち帰ったような鮮度です。安いし(゚∀゚)

Lr-P_20170517_140832.jpg

小さいヒラマサも売っていました。65cm程のサカナが¥2800とこれはお安いですね。

コレを買って港に持って行けばよかったです。



大安吉日の翌日 [休日]

日曜日の山下公園。

氷川丸の前のローズガーデンは花盛りで凄い人出でした。

Lr-P_20170521_104834.jpg

その氷川丸の真正面のホテルで友人が結婚式を挙げたのでお呼ばれしてきました。

久しぶりに会う友人たちと、新しい門出を迎えた二人のお祝いする宴。。。

楽しすぎて疲れちゃいました(*'▽')


アルコールが入っても帰宅できるように、袖ヶ浦BTから横浜駅までアクアラインバス、横浜駅から山下公園まではみなとみらい線で行きましたが、やっぱり土日の混雑は独特で疲れちゃいますw


疲れながらも無事に帰宅して月曜日の出漁に備えていたのですが、目覚ましもかけ忘れてメールも取れず寝過ごしちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]

外房の海も良化の兆候がみえてきたので、今日は頑張りたかったんですけども_(:3 」∠)_







タグ:独り言ち