So-net無料ブログ作成

願い虚しく [休日]

今週の月曜もヒラマサ狙いの外房磯。

釣れていると言う噂は聞こえてきませんが、情報を聞いて行く行かないとか決めるわけじゃないです。釣れようが釣れまいが夜明けの海にルアーを投げるのみです[手(グー)]


この日は早目に外房入りして夜中にムツを捜してみようと思っていたのですが、アラームの設定を間違えて寝坊…3時に目が覚めたので夜明け前に外房入りできましたが、初っ端から予定が狂ってしまいました。


4時過ぎに駐車スペースに到着するとO野さんF村さんが準備中で、既に一名が東の一級磯に向かって入っていったそうです。そもそも自分は西の一級磯に入りたいといたのですが、思ったよりもウネリが強かったので諦めました。東の一級磯も知らない人を含めるなら3人ぐらいまでが楽に撃てるので、自分は今週もソロで二級磯に入ることにしました。

Lr-RIMG3357.jpg

二級磯先端も流れが通していて雰囲気は悪くないんですけど、ターゲットは勿論ベイトの反応もありません。

Lr-RIMG3353.jpg

色が剥げ剥げになったアダージョ125をフックを交換して持ってきたのですが、キャスト時に垂らしを長くとりすぎて背後の岩にヒット、リタイア箱送り前の最終登板で殉職させてしまいました[モバQ]

Lr-RIMG3388.jpg

海の向こうの一級磯の3人も釣れている様子がありません。サラシ撃ちをしたり入り江の中を撃ったりしている様子を見ると、あまり磯表の状況は良くなさそうですね。

夜明けから二時間ほど頑張ってO野さんが撤収してくるのに合わせて自分も撤収。一級磯の状況を聞いてみましたがやっぱりダメダメだったそうです。


O野さんは波乗りしてから南房でお仕事だと言うので、自分はソロでまたまたまたまたまた...ぐらいの通い慣れたショゴゲームのエリアで第二ラウンドに行こうとしたんですが、道路から見えるそのエリアは満員御礼(;´・ω・)

狭い磯に4人の釣り人が乗っていて、その中にはU村U田ペアの姿も見えます。そこじゃない場所でショゴは釣れるんですけども、人目が多い時にあまり叩きたくないポイントだったりするんですよね。ブログで晒していてなんですがw


Lr-MAH00553(1).jpg

仕方ないのでちょっと南に移動して、ショゴ狙いでは入ったことの無いエリアに来ました。雰囲気は良いんですけどもショゴの気配はイマイチ。カジメ林エリアで広範囲をサーチするトップウォーターにはそれっぽいミスバイトが一発あっただけです。反応があったのはカジメ林の間の砂地の上でしたし、ショゴはカジメ林には着かないんですかね?

Lr-RIMG3389.jpg

このエリアにもカジメ林の少ないサイドもあるんですが、そちらにはイシダイ師さんが既に座を構えていたのでパス。地形でもそちらが本命かなと思っていたのですが仕方ありません_(:3 」∠)_



二時間ほど時間を潰せたので再び通い慣れたショゴゲームのエリアに戻ってきました。ちょうどF村さんも移動してきて休んでいるところでした。U村さんも姿は見えませんが出撃中、もう1名もまだまだ頑張っているので駐車スペースで日向ぼっこして駄弁り。

そのうちにもう1名の方が上がって来たので、それと入れ替わるようにF村さんと磯に入りました。

Lr-MAH00562(1).jpg

ショゴもトップに反応はするんですがヒットには持ち込めません。一度アタックをして見切って諦めちゃう感じです。活性が低いのかスレちゃっているのか(。´・ω・)?


U村さんがゴロタ場をテクテク歩いて遠い磯からあがってきましたが、朝はヒラマサを狙って投げ倒し、そのあとはショゴを狙ってエリア内を釣り歩いていたそうですがPNBだったそうです。なかなか渋そうですね。

自分もトップで1尾ぐらい釣ってやろうと頑張りましたが、たまにイマイチやる気のないミスバイトが出るだけで釣れません。

Lr-RIMG3390.jpg

諦めてシンキングペンシルで狙って何とか1尾キャッチ。尺チョイぐらいですがルアー丸吞みでエラから出血していたのでキープ。渋くなってきちゃいましたがまだボウズ逃れで行けそうです(´ω`*)

磯表をチェックしてもサカナの気配が無いので、帰りのストレッチを撃ちながら戻ろうと浅瀬をチェックしていると、どこかから呼びかける声が聞こえると思ったら、O野さんが崖の上から呼びかけてくれています。

急に夕方に時間が出来たとかで、仕事帰りにもう一勝負しようかと来てくれたそうです[黒ハート]



O野さん「F村さん。バスとアジどっちが釣りたいですか?」

F村さん「アジに決まってるじゃないですか('Д')」

即答で夕マヅメアジング決定。タックルは自分のアジングチューブラを貸してあげることに。


移動して外房大規模漁港の昼間の立ち入り規制が解ける時間を狙います。この漁港でやるのは久し振り、偶然通りがかったU村さんも加わって4人でアジを狙います(`・ω・´)

Lr-MAH00568 (2).jpg

港口から一番離れたポイントを選びましたが、まだ日が高いのかマアジは居ない様子。でっかいショゴかメッキかマアジかそんなサカナを掛けましたがフックオフでバラシ。ハリも曲がらずジグヘッドが抜けたので口切れですかね?

シマアジとかカイワリだったら勿体ないなーとか妄想w

Lr-RIMG3412.jpg

妙なアタリの後に全然引かないんでゴミかと思ったらミニソゲ。O野さんは寝っ転がってアジングしながらI田さんと電話中、F村さんは腰が痛いのか座ってアジング。U村さんと自分はちゃんとマアジを探していますが釣れません[バッド(下向き矢印)]

Lr-MAH00568 (3).jpg

外房では今年初になるギンガメメッキをキャッチ。まだ小さめですけどショゴと一緒に塩焼きになって貰いますw

Lr-RIMG3414.jpg

イトヒキアジも水面で未だ盛んにエサを追っていますが、メッキもこのサカナも無効分散の果てに外房に来ちゃったんですよね。我々も無効出撃になりそうな予感。


暗くなるまで同じポイントで頑張りましたがアジは回って来ませんでした。港口に近い岸壁に偵察に行くとズラーっと電気ウキの灯りが並んでいて、ポツポツとムツやアジが釣れているようでしたのでみんなで移動します。

Lr-MAH00571(1).jpg

O野さんU村さんがムツを釣りましたが、自分はやっとかけたムツにメタルジグを持って行かれて戦意喪失。

結局4人が3時間半も頑張ったのにアジは釣れず仕舞い...F村さんのアジの釣りたさオーラが散魚パワーとなって、今回も周囲を巻き込んで発動されたようです。今度はF村さんの逆張りで行けば爆釣間違いないですねw

自分はキープしたメッキとO野さんの釣ったムツ二尾を貰って帰りました。




ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 80lb


ショゴタックル

NSL-782M黒鯛 + 12EXSENCE CI4+C3000HGM + Super X-wire8 #1.0 + POWERLEADER FC 20lb


アジングタックル

SKR-S682AJI + 12ULTEGRA改 C1000PGSS + Seaguar R18 3lb + Seaguar Premium max 3lb


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

グッドフィッシュ(´;ω;`) [休日]

今週は連休だったのですが、月曜は大時化な上に祝日だったので出撃拒否。K田さんに磯に誘われていたのですが、ライフベットするには分が悪すぎます[モバQ]

火曜はソロ出撃。連休明けの平日で空いているでしょうからゆっくりと出発、支度をして磯には行ってちょうど夜明けぐらいになるスケジュールです。

が、駐車スペースに着くとI田さんF村さんU村さんが既にクルマをとめて駄弁っています。その輪に加わりつつ準備を整えて夜明け頃に磯に降りました。

Lr-RIMG3262.jpg

自分はソロで二級磯。濡れないので楽々ですし一級磯は3人ぐらいまでが楽に撃てる広さです、それにこういう時はヒラマサがワンドに差し込んでくるんじゃないかと期待しての選択です。

Lr-RIMG3274.jpg

春分秋分付近は二級磯から一級磯を見ると先端から朝日が昇るんですね。覚えておきます[カメラ]

一級磯もウネリは無いので安全そうですが、打ち上がる波飛沫をシャワーのように浴びながら頑張ってますねw


Lr-RIMG3286.jpg

気になっていたんですが、少し沖に勝浦海上保安署のCL"かつかぜ"が出ています。低空で旋回しているのも保安庁羽田航空基地のDHC8-300ですね。狭いエリアで旋回しているので、”何か”のおおまかな位置はもう捕捉しているようです。

Lr-RIMG3293.jpg

聞いたところでは前日に夷隅川の河口で水上バイクから落水して遭難した男性を救助したとか。15時間漂流したものの無事だったらしいですが、日曜日の大雨で川も増水して流れを増していただろうし、海は台風の影響でとんでもない大時化だったんですからね...我々は絶対に海上保安庁のお世話にならないように気を付けないと[ふらふら]


自分の入った二級磯は潮が良くなかったので夜明けから二時間ほどで見切りをつけ、とっとと他のエリアにソロで転戦して、またまたまたまたボウズ逃れのショゴ狙いに走ります(。-∀-)

Lr-MAH00522(1).jpg

第二ラウンドのエリアも磯表はまだ波が高くて水が動きすぎて岸寄りはデブリが多くて釣り難いです。それでもたまに出るミスバイトの中からバイトを拾ってボウズ逃れ完了。

Lr-MAH00522(2).jpg

またしてもサイズダウンしたままの25cmクラスです。このサイズがたくさん釣れたら開きを作ってみたいんで潮だまりで活けて釣りを続けましたが、後が続かなかったのでリリースしました。

Lr-RIMG3312.jpg

足元のスリットではヒイカサイズのアオリイカが潮上に向け触腕を開いて定位して小魚を待ち伏せてます。今の時期は磯周りにイワシ類の稚魚が多いのでこんなスリットが狩場になっているんですね。

Lr-MAH00538 (2).jpg

潮の引いた磯をてくてくと離れたところまで歩いて40cm程のショゴもキャッチしましたが、さっき一尾リリースしちゃったのでそれもリリースしました。



そのあとは干潮時しか入れない磯表付近の岩礁群の裏側を狙いに行きましたが、そこも当然ですが水が動きすぎていてサカナの反応も無く釣り難かったので粘らずに転進、そこまでのストレッチ途中のオープンエリアに。磯表側にある潮目の表側にはサラシで植物プランクトンが泡立っていて、岸寄りにある潮目の岸側はデブリと細かいダストが漂っていて、二本の潮目の間のこのエリアだけが水がクリアです。

ショゴを一本釣ってリリース。その後もサイズアップを狙って粘っていると、ルアーの下に鮮黄色のラインと尾鰭が煌めくのが見えました。一瞬目を疑いましたが回遊中のヒラマサがルアーに興味を示して寄って来たようです[グッド(上向き矢印)]

Lr-MAH00536(1).jpg

ショゴ狙いのウェーディングでタックルは1セットのみ、チニングロッドでラインの先にはプガチョフコブラ90。ルアーを付け替える時間も無いのですぐに再キャスト!

寄っているので近めに放って、移動距離が短くなるよう念入りにアピールすると食いました!

偏光グラスでは60+位のヒラマサがルアーを咥えて潜るのがハッキリと見えます。ロッドから伝わる感触ではサカナが怒って無いようでしたので、合わせを入れずになだめすかせて取る作戦で行きましたが、さすがにサカナも怒って無いような状況ではフッキングが不十分でスグに抜けてしまいました[バッド(下向き矢印)]

Lr-MAH00536(3).jpg

スグにリキャストしようとルアーをただ引きで回収してくると、スイッチが入った五、六尾のヒラマサが猛チェイス( ゚Д゚)

シャローのスリットにまで追いかけてきました。メーターまでは届かない位から、60~70cm位までの混成群です。

Lr-MAH00536(4).jpg

今度は岸寄りの浅いラインに投げましたが岸近くでアピールしすぎてミスバイト、その次のキャストではもう一度正面に投げてしっかりアピール!

派手な水しぶきを上げてバイトしたヒラマサがそのままルアーを咥えて走り出します。ものすごい勢いでドラグを出されて合わせも必要ない状態ですw

Lr-MAH00536(2).jpg

以前にこのタックルで掛けた80cm程のヒラマサよりもずっと良いサカナっぽいです(;´Д`)

ずいぶんと長く感じたファーストランを凌ぎ、根を交わせる立ち位置に移動してからドラグを締めて、休んでいるヒラマサのアタマをこちらに向かせます。

スプールを指で押さえるハンドドラグでじわじわとリフト仕掛けたところで、セカンドランが始まってしまいました。スプールから指を放してランに耐える姿勢をとりましたけど、絞り込まれた直後にラインからテンションが抜けてしまいました。原因はノット抜けと言う救い難いミス。

先週、現場でノットを組み直したときに16lbを3.5ノットで適当に済ませちゃっていたんですよね[もうやだ~(悲しい顔)]


ヒラマサを逃した上にショゴ狙いで結果を出してきたプガチョフコブラのラスト一機まで持って行かれちゃいました。

失地回復を目指して一生懸命にトップ系ルアーを投げてヒラマサを誘い出そうと頑張りましたが、ショゴの気配もなくなっちゃいました。

Lr-RIMG3321.jpg

何故だか不思議だったのですが、気が付くとF村氏が近くに来ていました。彼の散魚パワーは半端じゃないです(´;ω;`)


それでもまだ別の岩に乗っているのでチャンスがゼロじゃありません[手(グー)]

トップでのアピールは手を尽くしました(手詰まりになった)ので、シンキングペンシルに交換して少し沈め気味にアピールを入れていくと、引っ手繰るような強いバイト!

Lr-MAH00538 (3).jpg

澄んだ水中に見えるのはなかなかのデカショゴです♪ヒラマサと比べたらスピードは無いですがグイグイとドラグを出していきます。浮かせて潜ってさんざん抵抗して足元のシモリに張り付かれましたが、こちらも足場を移動してシモリから引き剥がして浮かせます。良くシモリに張り付かれて、いつの間にかサカナが岩に変わっているって言いますけど、シモリに張り付くことでルアーを根掛りさせ固定した上で暴れることで、サカナの口からルアーが外れるんですよね。

Lr-MAH00538 (4).jpg

フックを外される前にシモリから引き剥がして無事にキャッチ。

このサカナもテールフックには口が掛かっていましたが、フロントフックにはこのエリアの岩にびっしりと生える石灰藻が引っかかっていました。たっぷりとした肉厚の良いデカショゴです。

ドラグはヒラマサにノット抜けされた時のままで、リーダーはFGノットで20lbに交換してありました。やっぱりシステムがちゃんとしていればこのドラグ値でも抜けないですよ(´;ω;`)

Lr-RIMG3326.jpg

コロコロしたデカショゴ=小カンパチは俎上計量で47cm、房総での自己記録更新サイズです。最近はこのチニングロッドばかりが活躍しています(*ノωノ)

良いですよN-ONE。小馬鹿にされがちなメジャクラのロッドですが、キャストフィールもリフト力も一皮剥けた感があります。過去には同じタックルで磯ヒラマサ81cmも取れていますしね。


その後は第三ラウンドに行ってみましたが、潮もかなり上げてきてしまっているのと風当りが強くて釣りになりません。干潮時なら沖にシモリが沢山あるので波ウネリもそれほど入ってこないんですけど、ちょっと転戦するのが遅すぎました。

Lr-RIMG3336.jpg

それにしてもサカナっ気が無いなと思ったら、この磯にはF村氏と一緒に入ったんでしたw




デカショゴ=小カンパチのクロスオーバーサイズとは言え、房総ショアでは十分満足なサイズをキャッチできたものの、あの状況でヒラマサが取れなかったダメージがデカいです。

場所が悪くなかったので、ノットさえしっかりしていれば長期戦で取れた可能性は十二分にあったと思うとため息しか出ません_(:3 」∠)_

悔しいからこのままチニングタックルでヒラマサを狙っちゃいたいですが、今年はまだヒラマサノーキャッチなので遊んでられないんですよね[バッド(下向き矢印)]




ヒラマサタックル(ヒラマサ掛けてない)

TMRPS-111/13PS + 13 STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWER LEADER CN 80lb


ショゴタックル(ヒラマサ掛かった)

NSL-782M黒鯛 + 12 EXSENCE CI4+C3000HGM + X-wire8 #1.0 + POWER LEADER FC 16lb/20lb

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

thanks for 300 000 visit. [休日]

基本的に週イチしか釣りに行かない上に釣れない釣りを続けるブログ。

サカナが釣れた日は更新する作業も捗りますが、サカナが釣れない日(々)の記録も漏らさずに更新するのは大変で、あーでもないこーでもないと撮った写真で文章を捏ねています。


内輪の人間に向けて綴り始めたログですが、訪れてくれる人も増えて張り合いも出てきました。ネタにされてる仲間には迷惑をおかけしますが、これからもよろしくお願いします_(._.)_


Lr-IMG_7437.jpg


きょう月曜は台風の残した大波と大風で磯には行きませんでしたが、明日は頑張ってグッドフィッシュをキャッチしてきます!






タグ:独り言ち
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

出足払 [休日]

火曜は久々の車中泊で連戦してきました[手(グー)]

平年なら関東もまだまだ暑くて車中泊には厳しい時期ですが、今年は異常に涼しいので快適に休めました(´ω`*)

まぁタイトなGC8に較べて広々としたR2の運転席周りだから楽だったのかも知れませんw

夕食は近くのスーパーでカップ麺とレンチンご飯にお惣菜を買って済ませました。電気ポットと電子レンジを使えるので凄く楽です。飯盒炊爨の準備もしてありましたが道路端でソロキャンプはちと寂しいのですからね。


海辺の公共パーキングに移動して就寝、早朝までゆっくり寝てから磯への降り口に向かいます。この日はH谷川さんとI田さんが出撃だと聞いていたので、夜明け近くになってから三人で東の一級磯に。

Lr-RIMG3010.jpg

火曜は波高が高く波長は短いガチャガチャした状況です。強い南風が真横から吹いていて厚い雲が通過するタイミングでは強雨になるやり難さ。西隣の二級磯で沖に向かうと斜め後ろから風が使えるのでその方が良かったのかも知れませんが、月曜にはこの磯の射程圏内でヒラマサのボイルが起きていたと聞いたので頑張るしかありません。

Lr-RIMG3024.jpg

ウネリではないのでパワーが無いのですが、強風と波飛沫と闘いながらで思うように釣りはさせてもらえません(;'∀')

Lr-MAH00511(1).jpg

平らな水面が現れるタイミングにルアーを撃ち込んでヒラマサを誘います。強制ドリフトしてしまってやり難い事この上ないですけど、なるべくウエイトがあるルアー、少しでも水掴みが良いルアーで頑張ります(`・ω・´)

Lr-MAH00515(1).jpg

で、大した波じゃないので適当に躱そうとしたら、低い水流に横から足元を掬われてスッ転ばされました(´;ω;`)

滑らかな泥岩質の表面にビロウドのような海苔が生えていてフェルトピンとの相性は最悪です。先週も同じような海苔で滑ったので、今週はピンスパイクに切り替えるつもりでいたのですが忘れていました。。。


強打した左のケツっぺたが痛くて戦意喪失、しばらくH谷川さんI田さんのキャスティングを眺めて萌え萌えしていました。2人とも違う投げ方なんですけどこの悪条件下で十分な飛距離を出しています。カメラの高速連写で撮ると凄くキレイなフォームなんですよね。GIFに変換したので貼っちゃおうと思ったんですが、so-netブログの容量制限に引っかかっちゃいました。残念。

Lr-MAH00514(1).jpg

雲が通り過ぎて晴れ間も出てきましたしもうひと頑張り。一度だけ沖合でヒラマサのボイルが見えましたが、残念ながら誰にも何も起こらずじまい。

Lr-RIMG3028.jpg

何度目かの強雨に打たれながらも下げにまわるまで粘ってみましたがダメっぽいです。今日も寝不足のI田さんはセーブモード。タフなH谷川さんはサラシ場までヒラスズキをチェックに行きましたが全く反応無し。

まだまだ潮がタプタプで帰り難い時間帯なのですが、もう疲れましたしあきらめて帰りましょうとw

月火曜と頑張った自分「H谷川さんと自分が居ないから明日は釣れますよ[手(グー)]

月火水曜と勝負を賭けるI田さん「でも明日はK柴くんが来るから余計にマズいよw」

火曜だけだったH谷川さん「K柴さんの引きの悪さも相当なもんだよねー」


今週はお土産が何もないのでショゴでも狙いに行きたいところでしたが、この風ではライトゲームも成立しませんからそのまま帰る事にしました[バッド(下向き矢印)]



ちなみに水曜もI田さんは頑張りましたがPNBだったそうです(;´Д`)



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13 STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 80lb


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バトンミス [休日]

今週は月曜火曜とヒラマサ狙いでの磯連戦(予定)です。

月曜日は夜明け前にI田さんO野さんと待ち合わせて、潮位の低い夜明け前の時間帯に渡礁します。

Lr-RIMG2877.jpg

I田さんO野さんとがエリア両端の一級磯に分かれて入釣。エキスパートのお二人ですからやっぱりサーチを優先します。自分は3人でワイワイやりたかったのですが、I田さんと2人で西側の一級磯で頑張ることにしました(`・ω・´)ゞ

Lr-RIMG2875.jpg

夜明け間際に磯のスリットを照らすとチリメンジャコと煮干しの中間サイズのカタクチイワシが群れています。

夜が明けるとこのサカナは沖に出て行くので、そのタイミングでひと盛り上がりあるかもしれません(・∀・)

Lr-RIMG2885.jpg

期待しながら投げますがヒラマサの反応は無し。潮は先週よりも幾分か暖かくて濁りもだいぶ薄れた感じ、潮も動いてますから期待しているんですけどね~

海の向こうに見える東側の一級磯には人影が2つ。O野さんともう1人は誰でしょうか?


Lr-RIMG2953.jpg

明るくなり出してから至近距離で激しいワカシのボイルが発生。水面に群れるシラスを背中を出しながら追い回すんですね。雷跡のようなボイルが近づくとシラスが水面上に飛び跳ねて飛沫のようになります。

Lr-RIMG2974.jpg

磯表の波の中にはシラスにしても一番細かいサイズになるような稚魚がウジャウジャ。

夜が明けてからずっと目と鼻の先でボイルが続いていたので、このワカシを食べにヒラマサが回遊してくるのを期待して投げましたが何も起こりません。

Lr-RIMG2925.jpg

同じ磯には見たことが無いアングラーが夜明け頃に合流しましたが、隣にいたI田さんに「端っこ撃たせて」と言ってそれっきりでしたね。入釣ルートも怪しかったし装備や雰囲気的にヒラ師さんがショアジギに興味でも持ったのかなと。やっと釣り上げたワカシ一尾をストリンガーに掛けて持ち帰ったので、青物のキャリアは浅いっぽいですよねw

自分にも声を掛けてくれてたらやり易くなるように、コミニュケーションをとりに行ってあげるんですけども、若いヒラ師さん達って敵愾心が強い傾向にある気がしますよね。着き場を撃ち歩く釣りになりますから自分以外は敵なのかな(;'∀')

Lr-RIMG2991.jpg

シラスに着いたワカシナブラに飽き飽きしていたI田さんも寝不足で撤収されたので、サブタックルで人目を憚りながらの根魚サーチ。ボウズ逃れのムラソイは小型になりましたがまだまだ居ます。

この後、サブタックルでマニック105のクリアカラーでワカシもキャッチしましたが、ムラソイもワカシも自主的キャッチアンドリリース対象魚です(;^ω^)

さらにはテキサスリグでハタが居ないかチェックしましたが、2投目でカジメに根掛かりしちゃったので終了。外房の浅い磯は底まで日光が届くのでカジメ林だらけで場所を選びそうです。少しでもドン深のエリアを選ばないとやってられませんね。

Lr-RIMG2994.jpg

サブタックル持参でノンビリとデイヒラマサのチェックまでするような長期戦を考えていましたが、凪日だったので潜りの船が磯周りに出て来ちゃいました[バッド(下向き矢印)]

素潜り漁の禁漁間際で気合が入ってますからしかたない無いですよね。


今週もエリアチェンジしてショゴ狙い。

Lr-MAH00503 (2).jpg

南に位置するこのエリアは黒潮水の影響が入っているような潮色です。潮温も少し暖かい感じですけど、シャローエリアですから日射のせいかも知れません。

Lr-MAH00503 (3).jpg

またしてもこのエリアでF村さんと合流。朝はO野さんと同礁していて2ラウンド目にこのエリアに来て、朝から入っていたU村U田チームと入れ替わりだったそうです。U村U田チームはヒラマサとショゴを狙ったそうですがダツのみの釣果。さすがに目一杯プレッシャーを掛けちゃった後らしくて反応が薄いですね。先週までは40cmクラスが狙えたサカナのサイズも大幅ダウンで25cm程。

Lr-MAH00507(1).jpg

とりあえず岩盤シャローフラットのエッジで2尾キャッチ、あまり粘らずに撤収ルート沿いを軽くチェックしていきますが...

Lr-MAH00507(2).jpg

デカショゴを追加するどころか、またしても奪取されてしまいました(# ゚Д゚)

クーラーボックスを持ち込むのも嫌ですしどうしたらいいのか悩ましいです。ワイヤーでスカリを編むとか難しそうですしね~

お土産が無くなっちゃいましたがそのまま撤収しました。久しぶりの早起きで眠くてしかたありません。


早く帰って寝ようと思っていたのですが、着替えている時にF村さんからご飯を誘われたのでO野さんと3人で”こだま”で昼食。

食事しながらF村さんが昔通っていたという勝浦ダム周辺の野池のハナシが出て、食後に軽くバス釣りの真似事でもしに行ってみることに。鵜原を出てから勝浦ダムと反対の方向にどんどん走って行くF村さん。

Lr-P_20170911_140909_vHDR_Auto.jpg

自分の認識していた勝浦ダムが間違っていたのかと思いましたが、着いた場所は全然勝浦じゃありませんでしたw

道中とても眠くてどうしようもなかったので、風通しのいい堰堤の上で一眠り。O野さんがブラックバスの反応が良いとご機嫌で戻ってきましたが、それすらも夢現の状態でよく覚えていません[眠い(睡眠)]

Lr-P_20170911_161800_vHDR_Auto.jpg

昼寝から覚めるともう夕方。バス釣りに熱中している二人は減水した岸を歩いてずいぶんと遠くまで来ていました。自分もメバルロッドにテキサスのバグアンツを付けて投げてみましたがダメですね、自分はハタでも狙っている方が性に合ってそうです。

O野さんは自分が寝ている間に38cmをアタマに5本も揚げてご機嫌です。ダウンショットリグで深場を狙うと反応が良かったらしいですが、自分が行った頃にはスレたのか釣り尽くしたのか、日が傾いてサカナが出て行ったのか、反応が全くなくなってしまったようです。


あと一匹釣ったら上がりましょうと粘り続けて、F村さんが投げた逆刺しファットイカのジグヘッドリグのフォールと言う謎メソッドにアタリが!

Lr-P_20170911_171736_vHDR_Auto.jpg

F村さん「おっ、おっ!?」

振り返るとラインが走ってティップが引っ張られていて、F村さんは自分の顔を見てニコニコしてます(。´・ω・)?

そんな事をしている間にフッとティップが戻りましたw

自分・O野さん「「ナニやってんの!!」」

ラスイチを獲ろうと日暮れまで粘ったのにまさかの幕切れでした。らしいっちゃらしいですけどね[モバQ]


月曜は早めに帰って火曜の出撃に備える予定でしたけども、結局は日暮れまで遊んじゃいましたよ_(:3 」∠)_




ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13 STELLA SW8000HG + Super X-wire #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 80lb


ムラソイタックル

NSL-T902MH + 13 SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + POWERLEADER FC 16lb


ショゴタックル

NSL-782M黒鯛 + 12 EXSENCE CI4+C3000HGM + X-wire8 #1.0 + POWERLEADER FC 20lb


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー