So-net無料ブログ作成

ラージャンメン?無いよ。 [休日]

今週は年内最後の連休。デカいヒラマサを釣りたくて磯に通って来ましたが、もうデカくなくっていいですから一尾でも追加して年を越したいです。

日曜夜に外房入りしてライトゲームの新規エリア開拓に行きたかったのですが、キンキンに澄んだ星空と10m程まで強まった北風に寒さに負けて出撃見送りです。色々と準備はしていたのですが無理すると死んじゃいます。

Lr-PC180438.jpg

今日はソロで入ったのはF村さんが二度の金縛りにあったという駐車スペースからはいるエリア。午前4時ごろに到着しましたが誰も居ませんし、寒かったので一時間半ほど仮眠しましたが金縛りには遭わずにすみましたw


ヘッドライトが要らない明るさになってから海辺に下りて誰も居ない夜明けの磯に入ります。

Lr-PC180436.jpg

今週も弩クリアの黒潮系の水で北風が吹くベタ凪の条件。嫌な予感しかしませんが磯に来て投げないことには納得できません。

Lr-MAH00743(1).jpg

ヒラマサのボイルでも出やしないかとベタ凪の海に目を凝らしていますが、視界内には鳥も飛んでいませんし釣船もこのエリアには居ません。沖に浮かぶ漂流物が全然動かないのを見ていると釣れる気がしません。

Lr-PC180434.jpg

磯際の薄いサラシも一応ヒラタックルでチェックを入れましたが全く反応無し。

Lr-PC180440.jpg

アクションカムのバッテリー一本分は頑張ると決めたので、クッソ寒いなか一人っきりで二時間ほど投げ倒しました。

今週もPNB喰らった上に北風に晒され、心も体も冷え冷えの半生半死状態で撤収。日向に停めたクルマの運転席でウェットスーツのままでダウン[眠い(睡眠)]

お昼頃に別磯に入ったF村先生のメールが来るまで動けませんでしたw


頑張って着替えたものの既に体調は最悪。F村さんと合流して駄弁ってる最中も寒気が収まらず[たらーっ(汗)]

Lr-P_20171218_141727.jpg

F村さんチョイスのお店の勝浦タンタンメンでカツ入れ。店のドアを開けた瞬間にヤバい店入っちゃったと思うほどのヤル気の無さに怯みましたw

『当店名物ラージャンメン』なんてPOPが壁に貼ってあるんですが、「タンタンメンとワンタンメンしかできません」と店主さん。ヤル気ないならPOP剥がせよ。ラージャンメンが気になっちゃうじゃん。

オーダーしたタンタンメンは激辛で凄く美味しくて自分は好きな味でした。啜らずに食べても咽て鼻水が流れるぐらいの辛さです。しかも表面を覆う胡麻辣油がスープの温度を逃がさずにアツアツでいただけます。こんなにも熱くて激辛な物を食べれば風邪気味を吹き飛ばせそうです!


...そうだったんですが体調はさらに悪化_(:3 」∠)_

夕ご飯を買いに行ったスーパーでも食欲がなく何も買わずに二回も出てきちゃうほどで、三回目でビタミンCたっぷりの飲み物と糖分たっぷりの菓子パンを買い、無理やり食べて早々に就寝しました。


日曜月曜と夜中に釣りをしようと、アジング、メバリング、カサゴング?カサギング?の準備もしてきたのですが、体調が最悪なのと夜中に風が強かったので結局やらず仕舞いでした。



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 80lb

ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

梅乃屋(ラーメンじゃない方)に行きたかった [休日]

火曜日の早朝、まだ夜中のうちに目が覚めてしまったので、前日と同じエリアに3時頃に移動しましたが、近所の公園にも路肩の駐車スペースにも誰のクルマも止まっていません。いつもは連戦するU村さんも先週痛めた膝が思わしくなさそうだったので、無理せずに昨日のうちに帰宅してしまったようですね。


準備を済ませてから5時半過ぎまでクルマの中でウトウトしていましたが、結局は誰も来ないままでソロでのエントリーになりました。一番混んでいるのが月曜日だと言う噂は本当なのかもしれませんね[あせあせ(飛び散る汗)]

Lr-PC120395.jpg

昨日から吹き続けた南西の暴風でしたが夜明け頃には少し弱まってくれました。波も予報では4m近くまで上がるとのことでしたが、2m強から3m程の波高でウネリも育っていませんね。

Lr-PC120423.jpg

それでも西の一級磯は波がもろに当たっているので乗れず、東の一級磯は潮位が低すぎてウネリも無いと沖向きは水の厚さが足りません。

自分は二級磯に入って水深のある入り江に浅瀬から入るカレントを狙います。ウネリは無いものの絶え間なく寄せる波を集めた流れが強く出ていてまずまずの状況。

Lr-MAH00732 (2).jpg

潮色も底荒れするほど時化なかったのでちょうど良い薄濁り程度。

誰も居ないので朝の潮位が低い時間をここで撃って、潮位が上がってきたら東の一級磯に転戦する作戦です。

夜明けを挟んだ30分をサラシ撃ちのヒラスズキ、流れ周辺のマルスズキとヒラメ狙いに費やして、光量がだいぶ増してから1時間ほどキッチリと流れの先でヒラマサを狙いましたが反応ナシ。

Lr-MAH00732 (3).jpg

次の30分で再びサラシ撃ちでヒラスズキ狙いと、入り江一帯をヒラスズキタックルでチェックしましたが何もナシ。

そろそろ東の一級磯に移動しようと思っていたら釣り人が入ってしまいました。まぁお腹が冷えましたし早上がりしましょう(´・ω・)

仕方ないんです。すごく綺麗なフォームで投げているのが遠目でもはっきりとわかるんです。あんな釣りが上手そうな人がソロで頑張っているところにノコノコお邪魔できませんw


Lr-PC120424.jpg

6時からスタートして8時で上がっちゃいましたw

ワザワザ現地泊で挑んだのに我ながらダメダメですね。波が少し出たのでサカナっ気を期待したのに何の反応もありませんでしたし、ロキソニンの効果が切れかかってきて肩が辛かったんです。この為体も仕方なかったかなと。

今年の釣りの予定もあと3回。例年だと年末頃にもう一度デカマサの接岸が期待できるんですが...

ホームでのヒラマサ追加は諦めて遠征でも行きたいですよ(。-`ω-)


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb

ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 60lb







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風キライ(´;ω;`) [休日]

今週は待ちに待った連休です。月火曜と連釣して何とかヒラマサを追加したいですね!

前夜入りしてアジングをしようと思っていたんですが天候が悪くなっちゃったので見送り、家でのんびりと眠って午前四時に駐車スペースに到着。既にH谷川さん・F村さん・U村さん・U田さんの月曜組がすでに到着済、ちょうど到着されたばかりだったU田さんにご挨拶して夜明け前まで仮眠することに。一時間ほどR2のシートで仮眠してから出撃準備、H谷川さんは既に出撃済みで恐らく西の一級磯に向かっていると思われます。

U村さんとU田さんは西の磯でH谷川さんと合流するとのこと。F村さんは五番手の自分に付き合って東の一級磯に入ることになりました。


夜が明けるころには雨も上ったんですが、同時に前線が過ぎて南西の強風が吹き始めました。

Lr-PC110370.jpg

潮位は低いしウネリも育っていないので安全に釣りは出来るんですが、何しろ風が強すぎてルアーがまともに泳がないです[バッド(下向き矢印)]

自分は夜明け頃に風に乗せて沖のサラシを撃ったルアーにコツンとヒラっぽいのが当たったんですがそれだけ。磯際を狙ったときに風ではらんだラインが岩に引っかかってルアーをロストしたのでヒラマサにスイッチ。

Lr-PC110371.jpg

一時間ぐらい粘りましたが鳥なしベイトなしボイルなしで、当然バイトもチェイスも無しです。今日も肩の調子が良くないですし、ヒラマサタックルを振り回すのはもう終わりにして休ませます[病院]

Lr-MAH00723(1).jpg

風を背に出来る位置まで前進ウェーディングしてヒラスズキも狙ってみましたが、浅瀬に入る風波で表面こそサラシているものの、自分には撃つタイミングが判らないほどのペラッペラの状態です。

もしかしたらこの下にヒラマサが回遊していたりする事も無くは無いので、風に乗せてフルキャストしてみましたが何の反応も有りませんでした。


Lr-PC110374.jpg

遠目に見るとサラシもちゃんとありそうなんですけどね[バッド(下向き矢印)]

Lr-PC110377.jpg

西の一級磯の三人も頑張って投げ続けているのが見えますが、あちらでもサカナが釣れている様子はありませんね(´・ω・)

Lr-PC110379.jpg

南西風で暖かかったんですが、どうにも釣りがし難くていけません。

西の一級磯を上がって来た三人と合流して駄弁りましたが、あちらもサカナの気配は無かったようです。夜明け時合にH谷川さんのヒラタックルにメバルっぽいアタックが有ったもののフックアップしなかったそうです。


このあとは南下して小磯周りをチェックしに行きたかったのですが、F村さんの希望で北上してサーフにヒラメでもいないか探してみることに。

Lr-PC110382.jpg

遠浅の海岸でヘッドランド周りをランガンして行こうかと思いましたが、一個目をチェックしただけで厭きちゃいました。って、言うかもう眠いです。

Lr-PC110385.jpg

結局クサフグが一匹釣れただけで終了。ヘッドランドのテトラも海苔が生えていて怖くて乗れませんね[たらーっ(汗)]

風はあるしサーファーさんも沢山浮いていますし、鳥もサカナも見えない真昼間じゃそうそう釣れませんよね。


Lr-PC110386.jpg

F村さんと別れて夕方の外房エリアに戻ってきましたが、南西の暴風でだいぶ波が上がって来ました。

凪だったらライトタックルで遊べるんですけれど、この風ではストレスしかたまらなそうなので大人しく着替えて休みます。

Lr-PC110389.jpg

南西風を避けられる岬の裏手の漁港でビバークです。風が巻いてバーナーの炎が安定しないのでクーラーボックス等で風除けにしましたが、この時期に冷たい風が巻きこむと炊飯にも時間がかかります。お弁当を買ってくれば楽なんですけど、メスティンを買って以来”炊き込みご飯の素”を見ると味見がしたくて、ついつい買ってしまうので車中泊の際に炊いて味見しています。

Lr-PC110391.jpg

ミツカンの”鶏釜めし”は美味しかったです。今まで食べてみたレトルト商品で一番おいしく感じました[グッド(上向き矢印)]

月曜日は全然ダメでしたけど、風が吹いて波が出た火曜日は好転するかもしれません。そのまま近くの公園の隅っこに移動して就寝、翌日も頑張ります(`・ω・´)



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER 60lb


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すぴりちゅあるw [休日]

今週も月曜日のみのおやすみ。

凪なのでいつものエリアの一級磯に入ろうかと思いましたが、夜明け前にアタックするにはちょっと潮位が高すぎます。潮位130cmで爪先立ちになるエントリールートは、今日の150cmの潮位だと最終行程の岸から磯までが、ほぼ全泳ぎになるのでちょっと厳しいです。明るい時間帯ならそれでも頑張って渡りますけど、暗い海をヘッドライトの明かりを頼りにひたすら泳ぐのは嫌です[たらーっ(汗)]


そんなわけでヌルい磯に入ろうと考えていたら、F村さんからも同じ磯を目指すと言うメールが。現地で待ち合わせて一緒に行こうということに。夜明けマイナス1時間半に現地到着、F村さんは前日深夜からこの場所で車中泊していたようです。

F村さん「ここ多分何か有りますよ!また寝てるときに金縛りにあいました!」

朝っぱらから凄いネタ飛ばしてきますね。スピリチュアルとか今時はやらねーですよ(;´・ω・)


Lr-PC040283.jpg

金縛りにあった暗い海辺で釣りをすることに抵抗は無いらしいので、夜明け前の小磯に入ってカスザメ狙いからスタートです。いっぺん食べてみたいので頑張っていますが、別にマルスズキやヒラメが外道で釣れてくれてもいいんです。

Lr-PC040288.jpg

ヘッドライトで磯を照らすと5cm程のカタクチイワシが浅瀬に集まっています。朝マヅメのこの時間に沖に出て行くので、それを狙うサカナが磯の周りに幾らでも居そうなものですけど釣れませんね~


夜が明けてきたのでヒラマサを狙う磯表に移動します。

Lr-PC040307.jpg

今週もシャローフラットをジャブジャブ歩いて渡礁します。潮位が高いので足が着かない溝が有りますが、ほんの一跨ぎ二跨ぎ程度の幅なので楽々です。12月の朝っぱらから冷たい水に浸かるような釣りが、楽々だと感じちゃうのもオカシイんですが。

Lr-PC040309.jpg

沖向きも朝凪でペッタンコ、潮も流れてませんね。潮位が高いので凪じゃなきゃ撃てませんから、ヒラマサの回遊が有ると信じてルアーを投げるのみです[手(グー)]

Lr-MAH00717(2).jpg

今週の潮は黒潮系の済み切った色で潮温18℃。澄みすぎてプランクトンも居なそうなこの潮もサカナっ気が薄いんですよね。水温が下がって行く時期は尚更そんな気がします。沖に目を凝らしても海鳥は飛んでいませんし、サカナのボイルも全く見えません。北風も吹きだして磯の上も寒くなってきました。

Lr-PC040314.jpg

F村さんが釣りしながら盛んに左肩に手を当てているのが気になります。なんか左肩に乗っかっちゃってるんじゃないですか[がく~(落胆した顔)]

F村さん「次に金縛りにあったらあそこで寝るのはもう止めます!」

…ふつうは一度そんな目に遭ったらもうそこで寝ませんよ(;´・ω・)


夜明けから3時間はみっちり投げました。

Lr-PC040317.jpg

F村さんっぽい人が何かを諦めてアオサのようなモノを毟っています。自分もそろそろ諦めますか。

まぁ何の手応えの無い中で充分頑張りましたし、釣れないなりに満足して磯を上がれそうです(・ω・)


とは言いつつも、やっぱりサカナが欲しいので上がる序にシャロー帯を再度チェック。

Lr-MAH00718 (2).jpg

ワンドの中に白く見える砂地の上をミノーで探って見ますがヒラメは飛び出してきません。ココもやっぱり波っ気があって流れが出来ている時が良いですね。波っ気が出過ぎると濁ったりゴミが流れたりするので加減が難しいんですが。

Lr-PC040318.jpg

F村さんはショボショボとしかサラさない沖のシモリをタイミングを計って狙ってますけど、この天気と潮色だとサラシが薄すぎて海中が明るすぎるんじゃないかな?ベイトも居ないんだし。


なにかしらサカナが欲しかったんですけども、今日は粘ってもダメそうなので着替えて撤収しちゃいました。

年内の休みは@5日、せめてもう一本ぐらいヒラマサを獲りたいですね(`・ω・´)





チョロ政タックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW6000HG + HARDCOREx8 #3.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 60lb


カスザメタックル

CBSS-103LSR + 13AR-C AERO CI4+4000XG + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 20lb



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

持ってる/持ってない [休日]

今週は月曜日だけのお休み。
もちろんデカマサ狙いで磯に入るんですが、先週の夜明け前に入ったワンドの地形を確認しようと、ちょっと早めに現地に到着して釣り竿を片手に浜辺に降りて見ました。
Lr-PB270234.jpg
先週の闇夜満潮の釣行時に感じた違和感の正体。崖が削られて大量に流入した土砂が海岸線に近い辺りで堆積しています。入り江の出口方向の深い部分はそう変わっているようには見えませんでしたが、割と狙い場になるシャローエリアの岩の間の砂地が、ガラガラした礫で埋め尽くされていて全体的に浅くなっています。夜撃ちするときにここは狙う必要なさそうです[バッド(下向き矢印)]
エントリー予定時刻まで時間があるので近隣エリアの漁港を見に来てみました。
Lr-PB270236.jpg
アジ釣りで人気のある堤防では6人ほどの餌師がウキサビキを投げています。カリカリ音のするリールを操り一投一尾のペースで20cm程のアジを上げていますからちょっと面白そうです。
この堤防が連れ盛っている時はこの時間でアジンガーも混ざって人でいっぱいになりますから、夜明けの短い時合いにしか釣れないとかイマイチな理由があるんでしょうね(;^_^A
夜明けに磯に向かってアプローチできるように出発。今週は朝の潮位が高くてじっくり狙うにはちょっときびしいんですが、朝マヅメの短時間勝負でデカマサを狙いに行きましょうとO野さんから誘ってもらいました。今週からヒット率重視のチョロマサタックルに切り替えるつもりでしたが、デカマサが狙える可能性があるならガチタックルで頑張りますw
Lr-PB270238.jpg
朝凪で潮位のまだ低いシャローエリアは湖のようです。このまま歩いて行けるぐらい浅ければいいんですけど、どうしてもヒト泳ぎさせられます。今週も夜明けの海は冷たかったです(´;ω;`)
Lr-PB270245.jpg
6時頃に釣り座に入って実釣開始[exclamation]「F村先生も釣りたいでしょうから声を掛けましょう」と、O野さん。
毎月ヒラマサを獲らないとやさぐれちゃうO野さんなのですが、先週めでたくチョロマサを獲ったので優しさを取り戻したようです。その割にこのF村スタイルの足の踏ん張りをイジっていましたがw
Lr-PB270248.jpg
前回は潮も走っていい雰囲気で早い時間から反応も得られたのですが、今週は潮も走らずにサカナっ気が感じられません。水温も下がって20℃ソコソコぐらいですかね?
潮位が高くなると帰るのが大変なエリアなので、ギリギリまで粘って1時間半を撃ちましたが3人とも反応を得られず。ヒラマサって難しいですね[もうやだ~(悲しい顔)]
Lr-PB270256.jpg
エントリー時には凪いでいた水面も、潮が上がった撤収時には波が通すようになって、O野さんをしても波に弄ばれて行き来に苦労するありさまです。やっぱりここでは無理できませんね。
Lr-PB270258.jpg
これからはいよいよ潮も引かなくなりますし、春までは海藻モサモサのウニ天国になるんでしょう。
Lr-PB270264.jpg
朝の部は終了です。撤収ルートの滑らかな泥岩質の岩盤には薄っすらと海苔が生えだしていて、起伏のある波打ち際はとても滑りやすいです。浅瀬歩きでF村先生は何度もコケていましたが、O野さんはスタスタと平気で歩いて行きます。先週月曜に足首捻った自分はコケて症状悪化させたくないので高巻きで撤収します。
O野さんは仕事に、F村先生はいつものエリアに転戦していきましたが。自分は足首温存の為に近隣エリアでヌルく第二ラウンド。
Lr-PB270277.jpg
北東風で薄雲も流れてきたりしましたが、先週の真冬の様な寒さを経験した後ではまるで天国です[わーい(嬉しい顔)]
渡礁ルートの浅瀬で1mチョイぐらいのドチザメを発見[目]
Lr-PB270271.jpg
追いつめて捕獲しようとしましたが逃げられちゃいましたw
Lr-PB270273.jpg
第二ラウンドの磯も潮色は良いものの流れていませんでした、波も低くウネリも短いので磯際も水は動かない感じ。
それでも天気が良いので1時間ほどルアーを投げて見ましたが反応も無く終了。
この磯はアオサとイワノリと早生のハバノリが生えるんですが、今年は寒い日が多かったからか既に収穫できそうなほど伸びています。恐らく次の次の大潮周りにハバノリの解禁日があると思うんですが、まだ浜に降りるルートは高齢者が使える状況じゃないんですよね。
Lr-PB270279.jpg
浸食崩落したこの浜に降りるルートは勝浦市と鴨川市の市境のライン上、海岸線や崖上の道路を保全する土木事務所の管轄の境界でもあるので動きが鈍いんですかね?はたまた漁協が管理する漁場への入り口ですから、降りる道は漁協が整備するのか?この浜で海苔を獲る権利を持つ集落の住民が整備するのか?
それとも一番利用する我々釣り人がやるべきなのか?(´・ω・`)
Lr-PB270280.jpg
ヒジキも伸びてきて歩き辛くなってきました。週毎に磯まで通っているのに、行く度に厳冬期が近くなるのをヒシヒシと感じます。嫌だなぁ( ˘•ω•˘ )
日溜りでウェットを脱いでお湯で塩を洗い流して幸せな気分に浸って居るところに、F村先生からメールが届きました。「今朝はいつものエリアでベイト爆発だったそうで、U村さんチームがニッコニコで大戦果を挙げていました」と。
まぁ持ってる人には敵わないって事ですよね。U村さんをストーキングすればお零れに与れるかな_(:3 」∠)_
ヒラマサタックル
TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #15 + POWER LEADER CN 100lb
カスザメタックル
CBSS-103LSR + 13AR-C AERO CI4+4000XG + X-wire8 #1.5 + POWER LEADER FC 20lb 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー