So-net無料ブログ作成

ショボサラシ [休日]

今週は月火連休で出撃です。デイの磯では諦めずにヒラマサ狙いで頑張りますけども、そろそろヒラスズキやら、ヒラメにメバルなんかも釣れそうな時期になってきましたので、今週はちょっと頑張ってみました。

仕事上りの日曜夜から凪闇夜の干潮を狙って磯に入りました。そろそろメバルでも釣れても良いんだろうなと期待をして、いままでメバルを釣ったことの無いエリアに行ってみました。

…ソコリから入って二時間弱でエリア内を釣り歩きましたが、メバルどころか何のアタリもないままに終了です。思ったよりも波があったのと、潮が下げ過ぎてポイントが狭くなりNSL-T902MHだと扱いにくかったです。アフタースポーンの時期に再戦って感じですね[手(グー)]


そのまま明朝のヒラマサ狙いに入るエリアに移動をして、同じく別のエリアでメバルを探しに行っていたO野さん、アジを探してランガンしていたY崎さんと合流。今日のナイトゲームや近況の報告をしあって三時間ほど仮眠。三人揃って四時に起きて支度を開始した訳です。

Lr-P1150760.jpg

二台。地元ナンバーの軽に県外ナンバーの貨物。三人で釣り支度をほぼ終えているところに乗り付けて、挨拶もせずに速攻で支度を始めたので、「ああ。コレはクソ人間が来たな」と思いました。ロッドを束ねて降り口に置きに行って、ライジャケを羽織ったところで二人組が黙って横を過ぎようとしたので、アクションカムの電源を入れて「ちわーっす!」って声を掛けると「ちわー」て返事を返してきました。黙って出し抜いて行こうとするセコい人間に道理を説く気もありません。そんなのは愚痴ブログで晒すのみです。

本当かどうかは知りませんが、釣具屋の店員でロッドメーカーのテスターやってるとかなんとか聞きましたがショボい野郎ですね。自分は見たことも無いんで南房あたりから流れてきたんでしょうけど、ショボ野郎はショボ野郎同士で場所の取り合いでもしてればいいのに。アクションカムに出し抜いて行く一部始終が撮れたんで満足ですけどねw

房総を中心に釣り界隈が倫理的な問題でザワついていてもこんな事してるんだなと[むかっ(怒り)]


O野さんもY崎さんも、そんなショボい人間は歯牙にもかけたくない様子でしたが、自分はショボい人間なのでショボ野郎をショボくサラシます。

Lr-P1150771.jpg

ショボ野郎が入った磯に黙って乗り込んで釣りをして挑発してやろうとも思いましたけども、大人しく濡れないで済む楽ちんな磯にソロで突入しました。ショボ野郎ですから。


夜明け前の磯で巨大ナマコを見つけたので捕獲。

Lr-P1150773.jpg

このエリアでは確か漁業権は設定されていませんが、自分はナマコなんか食べないので獲って見たかっただけです。いくらショボ野郎でもコレでボウズ回避にはなりませんね。


夜が明けて。。。

Lr-P1150793.jpg

ショボ野郎にはショボいサラシがお似合いです。タイドプールに煮干しの兄貴ぐらいのカタクチイワシが入っていたので、夜明け前にヒラメやらマルスズキやらメバルに期待をしていたのですが沈黙。明けてもショボいサラシからヒラスズキも引き出せず仕舞いです。

本命のヒラマサ狙いに切り替えるも、このポイントはシャローに寄せた波が作るカレントを狙う場所なので、この日の状況ではヒラマサなんか全然出る気がしないので、ヒラタックルのままで外道狙いで投げ続けましたw


ふと視線を上げるとショボ野郎二人組が夜明け直後に撤退です。

Lr-P1150779.jpg

出し抜いたクセに夜撃ちだけしかしないとか、ますますもってショボい野郎ですね。自分と同レベルと見ていいでしょう。

自分もカレントからはヒラメもマルスズキ釣れそうも無く、ヒラスズキをショボいサラシ場で狙ってるのも飽きたのでO野さんY崎さんのところに遊びに行きました。

Lr-P1150815.jpg

薄い雲に遮られた日射しの中でカモメが海面を意識して旋回して、海面下ではウが小魚を追い回している様子です、時折そこにヒラマサが突入してきて水柱を上げています。それをO野さんが狙っています。

Lr-P1150963.jpg

Y崎さんももうちょっとで届きそうな感じに見えるんですが、実際にはかなり距離が足らないんですよね。冬にはこんな届きそうで届かない場所を鳥が回っているのをよく見ます。寄りそうで寄らなくって結局は釣れないんですよね。


O野さんY崎さんも結局この日はPNBだったそうです。サラシも薄く潮も凄く澄んでいるので水中が明るすぎるんでしょうね。

みんな仲良くPNBのショボ野郎達でありましたなヽ(・ω・)人(・ω・)人(・ω・)ノシ


あ、F村先生もこの日の夕方に同じエリアに入ってPNBだったそうなのでショボ野郎です(・ω・)



ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

始まらない! [休日]

今週月曜は何時ものエリアで久しぶりに西の一級磯に入りました、久しぶりのK田さんとご一緒です。

祝日被りなのでのんびりと出発して夜明けマイナス1時間に自分が到着、まだ正月休み中のK田さんは前日の波乗りから飲み会を経ての外房泊。先行者は2名でどこの磯に入っているのかわかりませんが、まぁ何とかなるでしょうと支度をして山を下ります。目的の磯が見通せる位置からヘッドライトをフラッシュして先行者に合図をしましたが反応無し、そのまま浅瀬を渡って磯に向かったのですが、上陸直前に人影が1つあることに気が付きました。まぁ先行者1名なら我々2名が合流しても問題なく撃てますから、ご挨拶をしてご一緒させていただくことに。


先行していたのはK田さんのお知り合いでした、3人横並びででヒラマサを狙います。

Lr-P1080724.jpg

予報では夜明け前には前線も通過しちゃっていて、ウネリも落ち来ている予報だったのですが...

Lr-P1080726.jpg

夜が明けても空はモクモクしている雲に覆われています。これが行っちゃえば急速にウネリが収まるはずなんですが。まだ潮位は低いのにウネリはドンドン乗り上げてきます。

Lr-P1080728.jpg

1時間ほど経ってパリッとした前線が現れましたが、そのころには潮が高くなってきたのもあって割と地獄。これぞ外房磯って感じです。

K田さんの友人は一足先に撤収されました。残った我々はどうしましょうかね_(:3 」∠)_

Lr-MAH00763 (2).jpg

潮は今季一番の澄み具合で、襲い掛かって来る水塊もとびっきり綺麗です[黒ハート]

まぁギリギリ踏み止まれる位のウネリですし、後ろに押し流されても安全な地形なのですが、このすぐ後に前線通過に伴うオンショアの暴風雨になったので撤退。ちょうど東の一級磯に入っていた人影も消えたのでそちらに移動することにしました。

Lr-P1080730.jpg

撃墜されたヘリパイとシールズみたいな2人組で泳いで岸に戻ります。


タプタプの磯をぐるっと回り込んでエリアの反対側に。

Lr-P1080737.jpg

こちらの磯は海面からの高さもあるし、今日のウネリも波も交わす向きなので楽に撃てますね。

隣接するサラシ場の沖で、たまーに少数の鳥が刺しに来るのも見えますから、ここでお昼ぐらいまでの持久戦で頑張りましょう[手(グー)]

Lr-P1080742.jpg

と、サラシ場の北沖に漁船が集まってグルグル旋回し始めました。網も入れてないですし妙な動きです。

成人式のセレモニー的な何かが行われているんじゃないかと思いましたが、それにしては大漁旗や日の丸も掲げていませんし、デッキに新成人が乗り込んでいるようにも見えないです。

K田さん「そう言えば千葉には新成人の生娘を海に投げ込んで、それを新成人の若者が奪い合うという因習があると...」

自分「そんな淫習がΣ(゚Д゚)」

ホントかどうかは知りませんが、サラシ場の沖でグルグルやられたせいか、それっきり鳥が刺すことはありませんでした(´;ω;`)

Lr-MAH00765 (2).jpg

ヒラメが食べたくてヒラスズキタックルでひたすら遠投する自分。K田さんは自作の剛竿”ShoreBlueHunter”を振り倒していますが何時ものキレがありません。

Lr-P1080744.jpg

昨年暮れ前に肋骨を折って2ヵ月ほどマトモに釣りをしていなかった影響が出ているようです。休み休み投げてはいますけど集中できていませんね(;´・ω・)


まぁこの磯の周りにはサカナっ気も感じられませんし仕方ないです。

Lr-MAH00767 (2).jpg

今日も朝ご飯はソイジョイクリスピー。常にライジャケのポケットに入れて有るので一緒に食べます。

Lr-MAH00767 (5).jpg

固形タイプはちゃんと食べた気がするのですが口の中がパサパサするので飲料必須、ゼリータイプの方が良いんでしょうけども食べた気がしないし嵩張るんですよね~

このあとも少し頑張りましたが、なかなか日射しがとどかないままで寒さに負けて、予定よりも早めの終了となりました。


Lr-P_20180108_115549.jpg

海を上がって公園に戻ったところで良い天気になりましたが、いまさら頑張る気はないので着替えてお昼ご飯を食べに行くことに。カレーが食べたいというK田さんにリサーチ&ナビゲートしてもらいます。

K田さんの案内で隣町のトンテキ屋さん?に来てみました。入ったことは無かったですがイイ感じの洋食屋さんです。一般的な洋食メニューの中には房州海老のグリルやアワビのステーキ的なモノや、アカプルコ料理?など食べてみたいものがいくつもありました。そのなかにカツカレーがあったのでそれを注文することに。


K田さん「カツカレーのLLってのはどのぐらい?」

オバちゃん「LLは特盛!大きいわよ[ぴかぴか(新しい)]

K田さん「カツカレーLLで」

自分「行くんだΣ(゚Д゚)」

自分「じゃあ...じゃあ自分も同じので」

カツカレーM/L/LLとあったら、LLにいくのが漢です[手(グー)]

Lr-P_20180108_124024.jpg

ちょっと辛口のカレーに揚げたてトンカツが乗ってて美味しかったです。特盛って聞くとデカ盛りのイメージが浮かんだんですが、このぐらいの特盛なら普通に食べられちゃいます。自分は各地のデカ盛り系を見て来てるので全然ビビらないですw

ただ、カレーは好きなんですけれども、自分に合わないカレーを食べると一発で胸焼けして行動不能になるんですよね(;´・ω・)

K田さん「カツカレーって身体には最悪な食べ物ですよね(*´ω`*)」



自分が房総で50lbsオーバーの磯マサを獲った暁には、K田さんがこの店で房州海老フルコースを奢ってくれるそうなので頑張りますよ[手(グー)]



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター#10 + POWERLEADER CN 100lb


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ROCN [休日]

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

去年中に準備して年越しに自動更新しておければよかったんですが、やっぱり年末は忙しいので疲れちゃって寝落ちの連続でこの時期になってしまいました。

Lr-JPEG_20180102_141705_1983029228.jpg

今年のお正月休みは元旦から四日までを暖かい石垣島で過ごしてきました。滞在中は好天続きで最低気温17℃/最高気温24℃で日射しの有る時間は半袖シャツで丁度良いぐらい。

ライト寄りな釣り道具とウェーディング装備も持ち込みましたが、5m程の風が止まなかったのを言い訳に釣りはしませんでした。

だって現地で釣りをしている人を見ても釣れていないんですよ。釣り納めでもPNBを喰らったのに、初釣りまでもPNBになるのは嫌です。


Lr-RIMG3733.jpg

DLしてプリントして置いた今年の潮位表、自分の出撃日の潮位を10色のマーカーで塗り分けます。この塗り分けパターンの変化で季節の変化を感じるんです(*'▽')

外房だと"~0cmの青色"から"160cm~の茶色"まで20cm刻みで塗り分けて、朝マヅメの時間帯に菫色と茶色が無いだけですごく気が楽です[るんるん]


去年は一年間通しての釣果が悲惨過ぎたので、今年は去年以上に釣ると言うのが目標ですね。

楽々クリアできるはずの目標なんですが...去年も頑張ってアレでしたからね_(:3 」∠)_

まぁ、楽しくケガ無く釣りができればそれで良いんですけどねw


今年も自分なりに頑張りますのでよろしくお願いします(´ω`*)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

納まらない! [休日]

年内最後の月曜日=年内最後の釣行日です。先週中にカタクチイワシが南下してきて接岸すると思っていましたが、未だに大規模な接岸は聞こえて来ません。黒潮も大きく変わる兆候も無いのでこのまま年を越しちゃうのかもしれませんね[バッド(下向き矢印)]

Lr-PC250482.jpg

日曜の夜から月曜の朝にかけて南西風が吹いて大雨が降りましたが、朝方には雨風ともに止んで太陽が出てくれました。ウネリは育って無いんですが波が高くて磯の周りは一面にサラシが広がっています。

F村先生が先週の別れ際に「来週は朝の潮が低いので西の一級磯に乗れますね、最後に良いのを獲って締めましょう」なんて言うからこんなことに。ラックの低いキャラがやたらにフラグを立てるとこうなるのは当たり前じゃないですか。よりによって二本も立てるし[パンチ]


夜明け前の渡礁時、東の一級磯に入ろうと思って波の状況を確認しましたが、波向きと波の高さがこれから潮位が上がると大変そうなので回避。暮れの繁忙期に怪我したくないですし、F村先生単独なら波の当たらない方向で撃てるでしょうw

Lr-PC250488.jpg

その後で夜明け頃に浜に降りてきたヘッドライトがF村先生の居る磯に入るのが見えましたが、この遠目で見て両足が重なって見えるシルエットはO野さんですね。磯に入る前に巻き上げ機の方に立ち寄ったのでそうなんじゃないかと思いましたよ。

Lr-PC250476.jpg

残念ですがO野さんはF村フラグの餌食になって良いサカナは獲れなくなってしまいました。自分は別磯で頑張るのでフラグの影響を受けずに良いサカナが獲れちゃうハズです。

Lr-MAH00751(1).jpg

波がありすぎるぐらいあるのでヒラスズキなんか何処のサラシに撃ちこんでも出て来そうです。夜撃ちでヒラスズキを狙っていた先行者がノーフィッシュで上がって行ったのが気になりますがw

薄明るくなるのを待ってからヒラスズキを狙い始めましたが、リールのスプールが受けに嵌まり込んでいなくてバックラッシュ。確認した時にミスって同じ原因で二度目のバックラッシュ。それにイラついてまた確認ミスで三度目のバックラッシュ。朝から三度もラインを切って結んで嫌になっちゃいました。こんなしょうもないこと初めてです_(:3 」∠)_

Lr-PC250490.jpg

サラシているのにヒラスズキ釣れませんしね。東の入り江でヒラマサを狙おうと思ったんですが先行者さんが居たので、波当たり側になる西の入り江を撃ちましたが、足元で斜めに打ち上がった水塊が上半身にダイレクトに当たってくるので安心して撃てません。ちょっと時間は早いですが船揚げ場に戻って漁師のおっちゃんと駄弁りです。

Lr-MAH00753(1).jpg

そのうちにO野さんが戻って来ましたがなぜかヒラスズキを提げていました(^▽^;)

F村フラグを易々と折って来ちゃうとか非道いおヒトです。折られたF村先生は得意のタコツッパリで「まだ頑張る」と言って残ったそうですが、さっきから安全地帯に退避して足元を洗う波にプルプル震えているだけに見えますw

Lr-PC250494.jpg

波は高いし潮もパンパンになったんですから無理すると危ないですよ。心配ですが待っている義理も無いのでO野さんと先に磯を上がりますw

自分はこのままじゃ終われないのでサカナを求めて転戦しますが、O野さんはちょっと波乗りスポットに顔を出すと言うのでここでお別れです。お昼ご飯でも一緒に食べて今年の反省会でも出来れば良かったのですが、ウェットスーツを脱いだら帰りたくなっちゃいそうなので頑張ります(`・ω・´)ゞ


Lr-PC250498.jpg

ちょっと北上した堤防に囲まれたサーフポイントまで砂モノを狙いに来ました。この場所にはこのところイシモチが入っているらしいので、イシモチやそれに着いたサカナを狙えばなんかしら釣れるでしょう♪

Lr-PC250501.jpg

なんて思いましたが甘くないですねw

イシモチが溜まっているのは港内の隅っこのほんの一部で、地元師が犇めきあって足元にたまったイシモチをジャンジャン釣り上げています。その周りではアジングワームを投げてイシモチを狙うルアーマンや、ジグを投げてイシモチを食べに来たサカナを狙うルアーマンも居るのですが釣れていません。

Lr-MAH00754 (2).jpg

メインの釣り座になるであろう左堤先端は足元を少し波が洗う程度なのですが、手前の少し低く傾斜した辺りはモロに波が上がってきているので、無理せずサーフから左右堤防の切れ口を狙いますが何も釣れません。って言うか、左堤と右堤の間に届く手前でライン残量が0になってしまって微妙に届かないです。朝からバックラッシュ三発でかなりのラインをカットしたのが効いています。ベイトのイシモチが隅っこに固まってるとは言え、フィッシュイーターが入っていてもいいはず。って言うか、入っているんでしょうけどサカナは当たりません。

Lr-PC250502.jpg

時化の影響かババ濁りで浮遊ゴミが沢山。丁寧にバイブやインチクでボトム付近を中心に探って見ますが全く当たりません。ヘビーシンキングミノーを沈めるとデカい海藻が漏れなくついてくるので使えません。

ふと気が付くとF村先生が日向の護岸で寝ていました。無事にあの地獄磯から帰還することができたようですが、F村フラグのデバフを自分に掛けるためにこのエリアまで来て寝るとかとんだ畜生です(´;ω;`)

Lr-PC250523.jpg

堤防付け根のイシモチ溜まりでは好調に釣れ続いているのが恨めしいです。潮も下げてきたのでそろそろ堤防先端なら入れるかなと思ってたら、見計らったかのようにエントリーしてきたルアーマンに突入されちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]


チャンスを逃して眠たくなったので近隣エリアの偵察をしてから昼寝です。近隣エリアも底荒れババ濁り状態、沖にも鳥の姿は見えずの残念な状況です( ;∀;)


結局、さっきまで居た堤防に夕マヅメも入ろうと言うことになったので、近接する漁港で二時間ほど昼寝をしました。

Lr-PC250528.jpg

冬至を過ぎたばかりなので16時過ぎには日没。日中はそれほど寒くありませんでしたが、日差しが無くなるとやっぱりツラいです(´Д`)

Lr-PC250533.jpg

相変わらず堤防付け根のイシモチ溜まりには地元師が陣取ってポツポツとイシモチを揚げ続けていますが、気持ち砂浜側に釣れるポイントが移動したぐらいで大勢に変化は無いようです。

自分はそのポイント横の堤防側に入ってナイトゲーム用のフローティングミノーで表層中層を狙ったり、昼間と同様にバイブレーションをボトム付近でリフトアンドフォールやスローリトリーブしましたが反応ナシ。

日没後1時間ほど頑張りましたが寒さに負けて撤収しちゃいました。砂浜側で撃っていたF村さんにも何もなかったそうです。夕ご飯でも食べて2時間ぐらい時間を進めて完全にナイトになってからもう一度来たかったんですが、ウェットスーツでナイトサーフとか風邪ひいちゃったら困りますしね。

西の一級磯にも乗れず、別磯に逃げてもバックラッシュの嵐。堅いと思ったイシモチ、砂モノの両狙いも不発。フラグを叩き折るだけの腕力が欲しいです。


釣り納まらなかったんですが、暮れは仕事も忙しいので夜リベンジする元気もないでしょうね。

来年こそはショアヒラマサ50lb...いや。初心に戻って今年の釣獲数を超えることを目標に頑張ります[手(グー)]

まぁ自身にも仲間にも大きなケガも無く楽しくすごせた良い1年でした。



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 80lb


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あまキング [休日]

あまおうって甘さの王様って意味じゃないんですよね。あいうえお作文だそうです。

あ...あまい

ま…まあるい

お...おおきい

う...うまい

Lr-RIMG3727.jpg

最近はどこで食べるイチゴも、あまくてまあるくておおきくてうまいような気がします。昔の酸っぱいイチゴに牛乳と上白糖を掛けてイチゴスプーンで潰して食べるのが好きでしたw


月曜の夜は体調最悪で何度も帰ろうと思いましたが、帰る気合も無いので漁港隅の風裏で車中泊しました。それでも夜中に起き出して港の様子も見に行ったりしましたが、相変わらず西寄りの風が強く吹いていたので釣りは諦め。寝直して4時になってからO野さんと待ちわせているエリアの駐車スペースに移動しました。

火曜はO野さんと同礁して対馬のお土産話をアレコレと聞くつもりだったんですが、体調が回復しきらなかったので無理をせずにソロでヌルい磯に入ることにしました。既に到着して仮眠をしていたO野さんにあれこれお話が聞けましたが、やっぱり対馬は千葉から遠征に行くのに丁度いいし魅力的な場所みたいですね。来年は壱岐から一足伸ばして対馬まで行ってみたいです[黒ハート]

Lr-PC190444.jpg

薄明るくなるころまで駄弁ってからO野さんを送り出して、自分はガスバーナーでお湯を沸かして温かい飲み物を作り、冷えてきたシャワー用のお湯を再加熱。冬はSOTOのパワーガスボンベを使ってますが、寒すぎてプロパン・ブタン液化混合ガスのプロパンが先に気化しきってしまい、最後は冷え切ったブタンだけ残ってパワーダウン、2リットルぐらい沸騰するまで温めて足したかったんですが途中であきらめました。冬は高価なパワーガスでもこの状況ですから、取り扱いが面倒でもガソリンバーナーじゃないと役に立ちませんね(´;ω;`)

ラヂエターのアッパーホースにヒートエクスチェンジャーを噛ませる温水器とか作ったら売れそうな気がしません?


Lr-PC190449.jpg

「無理しないで帰った方が良いですよ」なんて言われましたが、ちょっと波っ気もあるし頑張って磯まで降りてきました。予報通りに明け方になって風も凪いだのと太陽が出るまで出撃を遅らせたのもあって月曜よりはだいぶ楽です。朝のうちにサクっとサカナを獲って日向ぼっこしながらO野さんを待とうかとw

Lr-MAH00744 (2).jpg

夜の間も風が強く吹いていたのでウネリは無いもののソコソコの波が立っていて、ちゃんとやればヒラスズキぐらいは釣れそうな感じです。感じだったんですがちゃんとやっても釣れません。手前から軽いルアーでふわふわチェックして、最後ははるか遠い沖のサラシに重い長射程のルアーを撃ち込んでテロテロと巻いたりと丁寧に頑張りましたがダメです。

Lr-PC190451.jpg

頑張りすぎて結局アタマから波を被りまくって全身ずぶ濡れになりましたしw

サラシ撃ちのあとはカレント周りのヒラメやマルスズキ、カレント内のヒラマサをヒラタックルの長射程でしつこく狙いましたが、なんのアタリも得られないままで時間が過ぎて行きます。予報通りに南西風が強く吹き始めたので風裏に撤退。今日はアクションカムのバッテリー一本分までは無理でした(>_<)


Lr-PC190460.jpg

日向の船揚げ場に逃げ込んで漁師さんと駄弁っていましたが、南西風が海岸崖に当たって巻き込んでくるので寒くて辛かったです。日に照らされた岩盤が温まっていたのでぺったり座り込みましたが、上半身から冷えが来ちゃって震えが止まらないのには参りました(´;ω;`)


30分ほど漁師さんと駄弁っているとO野さんも船揚げ場に帰還。本命のヒラマサは出なかったものの、スーパーウェーディングで沖のサラシを撃って、良型のヒラスズキをキャッチ...しかけたそうです。浅瀬を誘導して足場の上までズリ上げたところでフックオフ。

ヘビールアーで遠投しても反応は無く、ライトルアーで届く範囲にも反応は無し。ウェーディングして沖のサラシまでライトルアーを届けてやっとヒットを得たそうです。サラシている割には口を使うサカナが近くに居ないようですから、自分が釣れないのも仕方ない状況だったってことです(´・ω・`)


自分は来週も出撃してヒラマサを狙いますが、常磐沖から南下するイワシが外房に入るのも秒読み態勢に入ったようで、すでに祭りの後となっていそうな予感。イワシ祭りの残滓でいいから味わると良いんですが[手(グー)]


ヒラスズキタックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + Super X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー