So-net無料ブログ作成

秋台風 [休日]

今週は月曜のみの休みです。

jtwc.JPG

...まぁ、クッソでっかい台風直撃ですから出撃は無理ですね_(:3 」∠)_


windyの予報では見たことも無いような数値が並んでいます。

Screenshot_20171022-181244-1.jpg

波高12.6mの波長16sって言うのはどんな地獄なのか見てみたいレベルの時化です。時化のピークが6時頃になるのに加えて、6時半頃に満潮を迎えますから大被害が出てもおかしくないタイミングでの接近ですよね。

GPV.JPG

GPVも外海一面が深紫に染まってます。

南に開いた房総の地形で強い南風が吹き寄せるのと、台風の中心付近が通過する吸い上げ効果に、南からの大ウネリ。どんな海になるのか遠くなら見てみたい気もしますが、家人にクギを刺されちゃいましたw

Screenshot_20171022-185748.jpg

外房までのルートが昨晩のうちに壊滅状態になっているので、諦めざるを得なかったんですけどね(´;ω;`)



月曜の朝は南の暴風がすさまじくて5時頃に目を覚ましましたが、6時半ごろには吹き返しと台風自体の移動で出来る無風地帯に入り空も明るくなったので、急いで支度をして幕張の免許センターに運転免許更新に行ってきました。

Lr-P_20171023_095626_vHDR_Auto.jpg

今回も優良運転者キープ成功[ぴかぴか(新しい)]

道路は少し混んでいましたが流石に免許センター自体は空いていたので、8時に出発して11時には帰宅しちゃえました。

Lr-P_20171023_104338_vHDR_Auto.jpg

帰りのR16で雲の切れ間が見えてきていたので、台風一過の外房に青い空と真っ白くサラシた海を見に行こうかと思っていたんですが、やっぱりやめておくことにしましたw

Screenshot_20171023-110806.jpg

だって全然道路網が回復していないんですもん(´-ω-`)



てなワケで今週はお休みです。来週こそはヒラマサを獲ってやります[手(グー)]

...ん?

jtwc22.JPG

コレはアレでしょうか?来週も月曜日に台風直撃ってぱてぃーんでしょうか?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そうめでたくも無い日 [休日]

火曜はソロ出撃。

月曜に頑張った感が得られたので午前4時に起床してのんびりと出発します。午前5時過ぎの薄明るくなった頃に駐車スペースに到着、ちょうどI田さんとK柴さんがクルマのそばで準備中でした。お二人も秋政狙いでこのところ頑張って磯に通われてますね[手(グー)]

状況をお聞きすると、西の一級磯にU村さん東の一級磯に知らない二人組が既にエントリーしているとのこと。お二人も東の一級磯に向かわれるそうなので、自分は今週も楽楽エントリーの二級磯で頑張ります(`・ω・´)

Lr-MAH00625(1).jpg

冷たい潮が差しているのは判っていましたが、底荒れしちゃって潮色が悪いです。

しかも昨日、ウェットスーツとヒラタックルを準備するのを忘れて寝ちゃったので昨日の装備のまま。ほぼ濡れないこの磯で遊ぶのにはちょうどいいですねw

Lr-RIMG3617.jpg

西の一級磯では三人が頑張っているのが波飛沫の間に見え隠れしています。その磯自体は波裏で安全そうですが、その手前の磯は波がまともに当たってちょっとした地獄ですw

Lr-RIMG3613.jpg

東の一級磯の知らん子二人は殆ど釣りをしてない様子。たまに波が打ち上がって飛沫が降り注ぎますが、フロントに立って撃てるぐらいの状況なんですが、知らん子Aはチョロチョロして殆ど投げず、知らん子Bは怖がっちゃってて後ろの高台で見てるだけです。

怖いのを無理しないのは大事な事ですけども、経験を積む前にこんな所までエントリーしてきちゃうのは心配です。薄暗い時間から二人してヘッドライトを点けっぱなしで釣りをしていましたが、明るくなっても二人して点けっぱなしなのはどこかの流儀なんでしょうか?


Lr-MAH00627 (2).jpg

そんな光景を正面に見ながら潮色が悪い中で二級磯の先端内側の深みを狙って投げ倒しますが、ヒラスズキもヒラマサも反応が無いままで時間が経過。二級磯の先の準一級磯も潮が下げて来てそろそろ渡れそうです。入り江を挟んだ東の一級磯の知らん子二人が撤収を始めたので、準一級磯を叩いてから東の一級磯に入れそうです♪

...なんて喜んでいたのですが、その二人が撤収せずに自分のところに。


自分「おつかれさまー。どうでした?」

知らん子A「全然ダメです」

知らん子B「...」

知らん子A「その先に出ないんですか?」

まだ大きなウネリが乗り上げて来るので下げるのを待っているんですけどね。

自分「まだ大きいのが来ると転ばされそうなので待ってるんですけど、先に行くならどうぞ」

知らん子A「このぐらいなら大丈夫ですよw」

知らん子B「...」

自分「そうですか!ならどうぞ(;^ω^)」

RIMG3630.jpg

東の一級磯でのヘタレっぷりを見ていたので”カチン”と来ましたが、カマを掘ってやろうと譲って自分が東の一級磯に向かうことに。

...移動中に準一級磯で大波を喰らって揉まれる知らん子Aを見て溜飲は下がりましたw


RIMG3643.JPG

東の一級磯も潮が下げて釣り難くなっていましたが、磯際のサラシのヒラスズキをチェックして沖のヒラマサをチェックして反応ナシ。そのまま隣接するサラシ場に移動してヒラスズキを狙いに行きました。


今日はヒラスズキを狙ってはいるものの、サブタックルも昨日のセットのままです。ライトなルアーに柔らかいショートロッドだと強風下では射程が全然足りません。サラシ場も既に下げ過ぎて手前では釣りにならないのでウェーディングして狙います。


潮が下げ過ぎたのと波向きが悪くがサラシが薄い感じです。

Lr-MAH00633(1)-2.jpg

風下方向の遥か沖のブレイクで崩れる波に向けてに持っている中の一番重いルアーHEAVYSHOT105をフォローに乗せたフルキャストで撃ち込みます。久しぶりのヒラスズキの硬質なアタリを感じてロッドを立てましたが、サカナもそこそこのサイズがあるようなのに加えて、シャローフラットを風に押されて川のように流れるカレントに乗ったサカナは止められません。...そのままブレイクエッジに生えるカジメ林に巻かれてラインブレイク。


ガッカリしましたがサカナが居るのが判ったので、立ち込んだ足場の上で急いでリーダーを組み直して再キャストします。

Lr-MAH00633(1).jpg

今度はクロスウインドになる沖向きで崩れる波の風上に向けてBLUESCODEⅡ90を投げて、風にラインを引かせて流し込みます。ロッドを立てたり寝かせたりして風の受け方をコントロールしていると、いきなりラインを引っ手繰られ、ドラグが鳴く暇もなく引きちぎられました(´;ω;`)

一瞬でしたが間違えようもないヒラマサの引きを感じました。瞬間的な入力が大きかったのでドラグが効かなかったのかと思いましたが、単に磯の上でリダクリFGをしたときにドラグを目一杯締めていて緩めるのを忘れていたのが原因です。チニングロッドは柔らかいのでリダクリするときはドラグを目一杯締めてロッドの弾力だけで編み込むんですよね。


その後はとにかくヒラマサかヒラスズキを掛けて引っ張り出そうと頑張りましたが、SWICHHITTER85をカジメに取られただけで終了。ヒラマサタックルに切り替えて投げようかとも思ったんですが、西の一級磯からI田さんK柴さんが上がってくるのが見えたので、タイミングを合わせて上がっちゃいました。


東の一級磯ではソコリにI田さんがボラをスレ掛かりでキャッチしたのみだったそうです。

一緒に違うエリアの様子を見に行こうと言うことになったのですが、単独でコンビニに寄った際にこれから向かうのと逆のエリアで鳥が寄っているとの情報を貰ったので様子を見に向かいました。


確かに鳥は寄っていますがサーフエリアなので水がババ濁り。磯メインの自分にはこの状況ではとても青物を信じて待つ気にはなれません。

RIMG3655.JPG

鳥も少し沖合の水色がまだマシなエリアとの境付近で海面に降りて餌を拾ってるぐらい。下から突き上げるサカナの水柱も見えませんし、まぁヒラメやマルやタイは着いているかもしれませんけどね。

RIMG3652.jpg

ロコのアングラーはテトラの上でチャンスを伺ってます。慣れているとは言え濡れたテトラに立つんですからライジャケぐらいつけましょうよ。差し出がましいですけど顔を広く知られている人ほど気を付けないと。


ここで頑張るほど人間が出来ていないので予定していたエリアに移動。そのエリア手前の磯の様子を見ているとK柴さんが着替えを済ませて通りがかりましたw

I田さんは予定通りにエントリーしたそうですが、K柴さんはあまりの寒さに心折れて撤収して来たそうです(^_^.)

Lr-MAH00640 (2).jpg

自分はI田さんのエントリーした駐車場で昼寝をするつもりでしたが、ちょっとその途中の磯が良い雰囲気だったんで頑張ってみました!朝よりも波が上がってきていて磯表は撃てないんですが、ヒラスズキが出そうな手前側のサラシ場はお手頃な感じです。

うん。アレです。SWITCHHITTERかBLUESCODEⅡがあればヒラスズキを出せていた感じです(`・ω・´)

ルアーケース内に残った対ショゴ想定のルアーじゃ無理だったんです。多分。

それでもヒラメやマルが入ってきそうな流れで暫く粘ってみましたが反応を拾えず。気がつけば二時間近くをここで費やしていました。


I田さんがエントリーした駐車場に移動してみましたがさすがに撤収済みでした。唆しておいて裏切るような結果になって申し訳ないです(;^_^A

午後の満潮をここで頑張るつもりでしたが、着替えと財布を忘れたことに気がついたら急に不安になったのでそのまま撤収しました。



ヒラマサタックル(ヒラマサ掛けてない)
TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + POWER LEADER CN 80lb
ショゴタックル(ヒラスズキとヒラマサ掛けた)
NSL-782M黒鯛 + 12EXSENCE CI4+C3000HGM + Super X-wire8 #1.0 + POWER LEADER FC 20lb


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Deregulation [休日]

今週は月火連休ですが復活した秋雨前線?の影響で、雨続き+北風+風波+低温のカドラプルパンチの状況。それでもヒラマサが欲しいので頑張って磯に通います[手(グー)]

月曜朝は何時ものエリアが混み合いそうだったので回避。O野さんが未踏査地区に強行偵察に向かうというのでご一緒させてもらいました。

Lr-RIMG3575.jpg

先週まで夏だったのに一気に冬磯の雰囲気です[雪]

水に入った瞬間に鮎タイツから染みてくる冷水にビビりつつも、縦横に溝の走る浅瀬をヘッドライトを頼りに進んでいるうちに、鮎タイツに染みた水分が温まりウインドブレーカーの中が汗ばんできます。

Lr-RIMG3578.jpg

この磯は未踏査エリアではないんですが一年以上ぶりぐらいに上陸しました。暗い時間からエントリーしたことは無かったんですが、乗っちゃえば楽に釣りができるいい足場です。潮も動いていてサカナは釣れそうなんですけど、一時間ほどの間に自分とO野さんに本命ヒラマサじゃないようなアタリが一度ずつあっただけです。


潮がほぼ下げ切ったソコリマイナス1時間からいよいよ未踏査エリアに挑戦します[パンチ]

Lr-MAH00621 (3).jpg

ライジャケで直立浮きの姿勢だと爪先が着くか着かないかの深いルートを首まで浸かって進みます。潮自体は冷たいハズなんですけども、磯の上で一時間も北風に吹かれていたのであまり冷たく感じません。ヤバいですw

Lr-RIMG3585.jpg

正面沖向きの足場でO野さんが撃っています。その足場自体には波が上がらないんですが、脇のスリットを波が通して高いしぶきをあげています[がく~(落胆した顔)]

Lr-RIMG3590.jpg

しかし広いエリアですね。今日は日射しも無く北風に波立っちゃっていますが、こんどは凪の天気が良い日に改めで調査に来たい場所ですね。冬になると海藻が伸びちゃいますので、春が来る前に基本的な地形を覚えておきたいです。

Lr-RIMG3592.jpg

自分は波裏になる安全地帯で狙いましたがアタリが一度あっただけでした。周囲は浅いんですけどもエリアを流れてくる水が沖に出る場所で、周囲には根や弛みがあっていかにもサカナが釣れそうな感じです。

Lr-RIMG3599.jpg

O野さんの鹿児島土産のお菓子で朝ご飯です。いつものソイジョイクリスピーもポケットに入っていたんですが、寒くて寒くて食べ物も飲み物も欲しくならないほどでしたw


ソコリプラス1時間ほどまで頑張って調査終了です。O野さんもアタリが一度あっただけだそうです。

Lr-RIMG3600.jpg

今回は水温の急低下直後の悪条件でしたが、水温が高くも低くも安定していたら違った結果が出そうな雰囲気のエリアです。


Lr-RIMG3581.jpg

先週は晴れの最高気温24度で東5mの風、水温25℃。今週は雨の最高気温14度で北7mの風、水温21℃。陸の上も海の中も一気に季節が変わってしまったようです。

釣り装備も3mmの鮎タイツに長袖ラッシュガードにTシャツの夏装備にPCUジャケットを羽織っただけ。今週は寒くて寒くて死にそうになりました。

サブ竿もショゴ用のライトタックルはもう終わりにしてヒラタックルを用意する季節になったんでしょうね。



Lr-P_20171016_111459_vHDR_Auto.jpg

こだまの豆腐タンタンメン(大盛)は冷え切った体に効きますね[黒ハート]



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + POWER LEADER CN 80lb


ショゴタックル

NSL-782M黒鯛 + 12EXSENCE CI4+C3000HGM + Super X-wire8 #1.0 + POWER LEADER FC 20lb






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

墜ちモノ [休日]

今週は月曜火曜と出撃可で連戦しようと思っていたのですが、やっぱり祝日被りの月曜日はヤル気が出ませんでした_(:3 」∠)_


火曜の夜明け前二時間ほどに駐車スペースに到着、連休も明けたので先行車はU村さんのみです[手(チョキ)]

そのまま休んでいると知らないクルマで知らない人が到着、しばらくするとE原さんも到着されました。何処に降りようかと相談した結果、自分とU村さんが東の一級磯でE原さんと1名が西の一級磯に向かうことに。

Lr-RIMG3502.jpg

潮が低い夜明け一時間前に渡礁開始して、磯に乗ってみたはいいのですがウネリが予想よりもかなり大きく、これから60cmも潮位が上がるとなるとちょっと危なそうな感じです。磯の周りや沖目のサラシをチェックしましたがヒラスズキの気配は無し、ベイトが寄っていてサカナが居るならこのまま頑張ろうと思っていましたが、頑張るほどじゃないようなので二人して安全な磯に移動することにしました。


近頃毎週乗っている二級磯まで撤退。西の一級磯に向かったE原さんともう一名も、渡礁ルートの途中で引き返し合流せずに撤収されて行きました。

Lr-RIMG3503.jpg

U村さんは真っ白く晒したヒラポイントに夜明け頃から張り着いていますが反応は無い様子。

自分も先週の明け方にムツが出た入り江の中心の表層を狙ってみましたが、小さいバイトが3発あったのみでフックアップせず。一匹は水面上に跳ねたのが見えましたがセイゴっぽかったかも?


その後はU村さんが西向き、自分が東向きにヒラマサ狙いのタックルを一時間ほど頑張って振り続けましたが何の反応も無し。

Lr-RIMG3515.jpg

磯の正面を引っ張りの船が流しているのでサカナは近くにいるんでしょうけど、我々が投げて届く範囲に入ってくれなませんでした。


近くの磯場に転戦するU村さんを送り出して、自分は近くの堤防にアジの調査に来ました。が、人が全然いないのを見るにアジは居ないようですね。アジが釣れているなら絶対に餌師さんで混みあいます。

Lr-MAH00597 (2).jpg

灯台の陰に一人だけいた餌師さんに話を聞くとシマアジが一匹釣れたとのこと。そのかたと入れ替わりに帰った餌師一名とルアーマン二名は、夜中の内から堤防で頑張って居たのにアジはゼロだったとか( ゚Д゚)

Lr-MAH00597 (3).jpg

せっかく来たのでちょこっと投げてみましたが、ワンキャストする毎にワームの尻尾を齧り取られるフグ風呂状態。なんとかサカナを釣ってみれば近年増殖中のアイゴの幼魚です。餌師さんのカゴサビキにはタマに20cm程のシマアジが掛かっているんですけど、それ以外はフグに邪魔されて釣り辛そうでした。

ちなみに写真で堤防が赤っぽく見えるのは全部コマセのカスです(-_-メ)


朝から季節外れの高温多湿の中で頑張って汗をかいたので塩分と水分を補給します。

Lr-RIMG3524.jpg

道端でお湯を沸かしてカップラーメンのブランチ(死語)で同時補給[ドコモポイント]


お馴染みのショゴ狩場に景気づけに来ましたが、シャローエリアのショゴはシンペンを投げても反応無し、トップで誘ってみても反応無し。

Lr-MAH00608 (2).jpg

今週も釣れるのは中ダツばかりです。シャローでショゴのトップゲームシーズンも終わったんですかね。そろそろライトタックルをヒラスズキタックルに交換する時期でしょうか(´-ω-`)

Lr-RIMG3525.jpg

そうこうしているうちに潮が下げてきて、磯表を撃てる立ち位置が安全になったので、ここでも本気でヒラマサを狙ってみます。


ダイビングペンシルで沖向きの誘い出しから丁寧に始めてみましたが反応も無く、アクションカムのバッテリーが切れたのでそろそろ次の釣り場に移動しようかなというときにアタリ[ハートたち(複数ハート)]

Lr-MAH00607(1).jpg

海底に走る深みを横切るように磯と並行にUSライナー150FSをキャストして、サブサーフェイスをゆったりとリトリーブしたルアーが磯に近づいたときを狙ってきたようです。この磯ではヒラマサでもショゴでもルアーが磯に近づいたときにアタックしてくることが多いです。


磯際で掛けてもヒラマサタックルだとそのまま引っこ抜けちゃいますw

Lr-RIMG3527.jpg

ショゴ運がまだまだ残っているようで、今週もナイスサイズのショゴを獲れました。45cmはじゅうぶん良い型ですけど、今年の目標は50cmのカンパチサイズです。



ソコリに合わせて朝入ったエリアに戻り東の一級磯でメタルジグを投げに来ました。

水深のある磯ですからボトムを狙って50cm+のカンパチと気まぐれなヒラマサを狙います[手(グー)]

Lr-RIMG3531.jpg

…と、思ったんですが既に南が吹き風波が立ち、東の一級磯はソコリでも乗れない...乗れなくはないけど乗りたくない状態、朝と同じ二級磯の東側に戻ってルアーを投げてきました。追い風で気持ちよく長射程フィッシングをしてきましたがノーバイトで終了です。

夕方からアジングムツングをするつもりで準備もしてきたんですが、南風が思ったよりも吹いていて繊細な釣りはストレスが溜まりそうなので撤収しました。


Lr-RIMG3543.jpg

久々に踏切に引っかかりましたが列車と風景が田舎らしくていいですね(´ω`*)




ライトゲームタックル

NSL-782M黒鯛 + 12エクスセンスCI4+ C3000HGM + Super X-wire8 #1.0 + POWER LEADER FC 20lb


ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13ステラSW 8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #15 + POWER LEADER CN 120lb

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

はじまらない [休日]

今週の月曜も磯に…久しぶりにうるさい愛車で出撃しましたが、普通に走ってR2で60分の道程がGC8だと50分ですね。平地の巡航速度は変わらないし、信号も踏み切りも一時停止も守るので、”山坂道”の巡航速度とコーナーのボトムスピードの差、加減速の所要時間の差が積もり積もって16%の時間短縮になるんですね。

夜明けマイナス二時間に駐車スペースに到着、既にF村さん、U村さん、Rさんのクルマがビバーク中。自分もクルマの中で静かに休んでいるとU田さん、O野さんも続々と到着して、月曜日の朝から磯に入りそうなメンツが揃いました(*´ω`*)


今週も自分は二級磯でソロ。東の一級磯にはO野さん・F村さん、西の一級磯にはU村さん・U田さん・Rさん。今日は波が低くて潮位も下げて来るので、二級磯の先の準一級?なハナレに進出できそうです(`・ω・´)

Lr-RIMG3440.jpg

夜明けは二級磯の先端に立ってライトタックルからスタート。夜の間に入り江に入り込んでいたヒラメやスズキの類がベイトと一緒に沖に出る時を狙い、もしかしたら夜明けにヒラマサとライトタックルで再戦できるチャンスもあるかも知れませんからね[手(グー)]


一投目からスローリトリーブするシンキングペンシルにサカナが触る手応え、小さいけれどもリトリーブ中に纏わりつくような感じで何度か当たってきます。無意識に即合わせ入れちゃうんですけど乗らず。次のキャストでは合わせを遅らせるようにしてみると何かがフックアップしました。

Lr-MAH00573 (2).jpg

ムツっ子です。即合わせで乗らないのと、フックアップしても全然引かないので想像はついていました。入り江の深みの表層に群れが居るようなので、明るくなってボトムに沈む前にブルースコードII90で釣っちゃいます。


首尾よく家族分4尾をキャッチしたところでルアーをチェンジ。ムツっ子は同じルアーだとスレやすいので先手を打って換えたのですが、そのシンペンでは全く当たりませんでしたw


ライトロッドからショアジギロッドに持ち替えて浅瀬を渡って磯表のハナレに上陸。ここでも朝イチは青物以外にもヒラメやスズキが残っていないかチェックしようとアダージョ125からキャスト。

Lr-RIMG3445.jpg

二投目で中ダツをゲット。デカマサのベイトサイズですねw磯表は真潮が流れていて割といい感じです[黒ハート]


夜明け二時間までヒラマサ狙いで頑張ってみましたが、ダツを追加しただけでチェイスもボイルも何も無し。

Lr-RIMG3448.jpg

東の一級磯も異常はない様子。

Lr-RIMG3447.jpg

西の一級磯も異常はないっぽいです。

この日のソコリはかなり早い時間だったので早めに第二ラウンドに向け移動します。一応ハナレから降りて戻りながら、インサイドにもヒラマサが入っていないかチェックします。

Lr-MAH00581(1).jpg

ダツ地獄。こちらはチョロ政のベイトサイズ。こんなのがたくさん居るってことはここで撃っていればデイのヒラマサが回って来そうです。が、今年はデカショゴ...50cm+のカンパチクラスを獲るチャンスっぽいので移動します。


第二ラウンドの駐車スペースには準備中の先行者さんが居たので、メールを打ったりしながら時間をつぶして先に降りてもらいます。いよいよ降りていくときにご挨拶すると、「google mapに載ってる方ですか?」と。

そんなこと言われたのは初めてだったので何のことか解りませんでしたが、自分のクルマがこの場所のストリートビューに写されていたんでしたw


磯へ向かった先行者さんと充分に距離を置いて開始した第二ラウンドもダツ地獄。中ダツ~小ダツがルアーめがけて次々と飛んできます。

Lr-RIMG3451.jpg

何匹ダツを釣ったでしょうか。

Lr-RIMG3456.jpg

パイロットルアーに使うマニック95のリアトレブルがアイの下で折れましたw

先週交換したST-46#10だったんですけども、破断面に浅いクラックが入って錆びた痕跡があったので、溶接不良か何かで弱っているところに、捕食のヘタなダツがスレ掛かりしまくって変な方向にストレスが掛かったんですかねw


先週の大雨の影響でインサイドの水面には内陸から流れてきたような落ち葉や小枝にビニールが漂っていて、磯表は黒潮分流がマトモに当たっているようで、サカナっ気の無い透き通った青い潮が通しています[バッド(下向き矢印)]


ダメ元でウェーディングしてデカショゴやヒラマサを探しましたが反応無し。

Lr-RIMG3455.jpg

後から合流したF村さんは数投でロッドブレイクΣ(゚Д゚)

サカナが居ればサカナを散らすF村パワー。散らすサカナが居なければ装備品にネガティブな効果が[がく~(落胆した顔)]


タックルを交換してきたF村さんと磯表にも行ってみましたが全く反応無し。久し振りにショゴにPNBくらっちゃいました_(:3 」∠)_


西の一級磯を上がって来たU村さんもこの磯で会ったので情報交換しましたが、ソコリを過ぎて上げ始めるとメタルジグでの底狙いに反応が出て、U村さんが尺越えのナンヨウカイワリ2尾とU田さんはムツっ子3尾をキャッチ出来たそうです。東の一級磯ではソコリ前に撤退してきたO野さんF村さんともにPNBだったそうです。

ナンヨウカイワリは伊豆諸島だと良く釣れる綺麗なサカナなんですけど、この時期に黒潮の勢力下になれば房総でも釣れるんですね(*'▽')


第三ラウンドでアジング(ムツんぐ)リベンジに行く準備はしていたのですが、風が強く吹いていたのでおとなしく帰ることにしました。



ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13STELLA SW8000HG + Super X-wire8 #4.0 + シーハンター #10 + POWER LEADER CN 80lb


ライトタックル

NSL-782M黒鯛 + 12EXSENCE CI4+C3000HGM + Super X-wire8 #1.0 + POWERLEADER FC 20lb



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー