So-net無料ブログ作成
検索選択

旧 海の日 [日常]

今日はお仕事が終わってから東京湾の真ん中まで出てみました。

ココからだと東京までいくらも距離が無いんです。75mm(35mm換算)の画角でこのぐらい近く見えます。蒸し暑いのにクリアな夏らしい夜景ですね~

Lr-DSC08923.jpg

船で沖に出たわけじゃ無くて海ほたるまでドライブしてきただけです。ここに釣り公園でも造ってくれたら最高ですよね~

周辺は船舶も近寄れないエリアなんですが、中にはコッソリとすぐそばまで侵入するプレジャーボートもいるらしいです。美味しいアジやメバルにカサゴなどがたくさん釣れるそうで。


…まぁ良いんです。今日はO野さんを邀撃するためにここに来たのです。

なにやら今日の釣りで素晴らしい戦果を収めたそうで、戦況報告を聞かせて貰いつつ戦利品もいただいちゃう作戦です(*´з`)


O野さんの自宅土産用のクーラーを見せてもらいましたが、10kg弱のキメジとその半分ぐらいの本ガツオ、更に2kg弱のショゴが氷水漬けになっていました[あせあせ(飛び散る汗)]

Lr-P_20170720_200159_vHDR_Auto.jpg

デッカイですね[あせあせ(飛び散る汗)]

O野さん曰く「最近大きいサカナを見てないからですよw」との事でしたが...やっぱりデッカイです。

とくにカツオのプロポーションがヤバかったですよ。アレは絶対に美味しい奴です[ぴかぴか(新しい)]


もう一個のでっかいクーラーには自分等にお土産として持ってきてくれた、キメジ二本とハガツオと本ガツオが一本ずつ入っています。

Lr-P_20170720_200029_vHDR_Auto.jpg

こちらもデッカイですよ。

全て先週の月曜にご一緒した時にアカハタしか釣れなかった磯でキャッチして来たそうです(;´Д`)

自分の遠征運の無さの本物加減にビビりますね。


レストランでゆっくりと夕ご飯を食べたかったんですが、この後の予定も詰まっているそうなので、おサカナを頂いて軽く駄弁って帰ってきました。



終業後に急いで向かったので手土産を買え無かったので、思いっきり夕ご飯を食べて貰おうと思っていたんですが、結局缶コーヒー一本でこんなお土産を頂くことに[黒ハート]

Lr-P_20170720_210322_vHDR_Auto.jpg

5kgぐらいのキメジと2kgぐらいの本ガツオ。O野さんは本ガツオの方が美味しいはずだと言っていましたが、これぐらいコロコロしたキメジだと美味しいんじゃないかと期待しちゃいます(*´Д`)

今晩は塩水に氷と保冷材を浮かべてキンキンに冷やし、一晩だけ寝かせて明日の夜にでもさばこうかと。


これから波が出ちゃう時期になるとナカナカ乗れなくなる磯ですが、やっぱりこのポテンシャルを見ちゃうと一度でいいから”アタリ”の日に乗ってみたくなっちゃいます[手(グー)]



タグ:独り言ち

ものぐさ太郎 [日常]

月曜日の銭洲。

M園さんにアカハタのアタリ[exclamation]

Lr-MAH00316 (4).jpg

座ったままかけたので座ったまま巻きます。が、当然このライン角度だと根に入られますw

Lr-MAH00316 (5).jpg

自分「立ってファイトした方が良いですよ!アカハタは根に入ってもテンションを抜くと出てくれます!」

と、頼まれもしないコーチをしてますw

Lr-MAH00316 (6).jpg

何度か根に潜られたものの、足元のテラスを横から躱せる立ち位置に移ってキャッチ!

Lr-RIMG1781.jpg

アカハタはハタ類の中ではそんなに遊泳力は強くないんですが、それでも良い引きで根に向かって何度も突っ込みます。

Lr-MAH00316 (7).jpg

M園さん「リーダーが瀬ズレでギザギザになっちゃいました。イチイチ結び直さないといけませんね[あせあせ(飛び散る汗)]

自分「どうせ瀬ズレして切れるときは一発なんですから、自分はそのままいっちゃっていますよw」

とか言いつつも、瀬ズレするとPEの強度は極端に落ち込むんですよね。アカハタは精々40cm位まででしょうから、こんな風に適当にやっちゃっていましたが。

Lr-RIMG1823.jpg

銭洲のアカハタで使ったPEはArmored F+ PRO ロックフィッシュ #1.5です、何度も根に擦られてPEはささくれ立っています。この日はラインブレイクは一度で済んだんですが、ショートリーダーでやっていたこともあってPEはもうボロボロでした。傷んでいる部分を切り詰めて次回に備えますが、軽く7ヒロ≒9.8mぐらいまで切り詰めることになりました。

ドン深なのに足元にテラスが張り出していたりするので、結構高い位置までラインにダメージが入っちゃうんですね。今回も何度も何度も根に入られましたからね[あせあせ(飛び散る汗)]


Lr-DSC08900.jpg

Max11kgのラインですがどのぐらいまで強度が落ちているのか気になります。旅行用の電子秤を使って切断強度がどのぐらい残っているのか試してみます。


カーポートの柱に一端を結び、もう一端を秤のフックに掛けて、ゆっくりジワジワと力を加えて何kgで切断されるのかを測ってみました。…って言うか力を掛ける前に切れましたよ(;'∀')

まさかこのぐらいで切れると思っていなかったので表示を見ていませんでした。

一番弱った部分はもう切れちゃいましたが、切れた部分を結び直して再チャレンジ。今度は初めから表示を見ながらジワジワと。


また力を入れる前に切れちゃいましたが、最後に見た数値は確か2.6kgでした(;'∀')

Lr-DSC08903.jpg

引っ張ったテンションが急激に抜けた反動で、PEに入っていたダメージが毛羽立って見やすくなりましたw


AVE強度の期待値はMAX強度の2割オチぐらいかなと勝手に思っていたんで、MAX11kgのこのラインだと期待値8.8kg、表面が多少傷んでもその半分4.4kgを超えないぐらいまではもつんじゃないかと思っていましたが、実際は2.6kgと更に半分程度まで強度は落ちているんですね(>_<)


アカハタを狙いつつも間違ってカンパチでも食ってくれないか期待していましたが、こんなに劣化しちゃっているとなると間違っても獲れませんねw


このぐらいまでのPEなら3.5ノットで簡単にリーダーを結べるんですから、こんどは実釣中でも傷みがひどいようでしたら横着しないでケアします[ドコモ提供]



Armored F+ PRO ロックフィッシュは自分みたいなリターンベイト組にも使いやすいPEですね。張りが有るので扱いやすくライントラブルもありませんでしたし、比重が高いのでラインメンディングも簡単でアタリも取りやすかったです。最近は値段もこなれて買いやすくなったのも嬉しいです[ぴかぴか(新しい)]


タグ:独り言ち

case red [日常]

いあ!いあ!あかはた!(∩´∀`)∩

Lr-DSC08789.jpg

カンパチにはフラれましたが、アカハタはしっかり釣ってきましたよ[ぴかぴか(新しい)]

自分で釣ったサカナを食べるときは、命を頂くことに感謝して美味しくいただいています。"不味い"と言ったことは無いと思いますけど、掛値ナシで”美味しい”と言えるサカナばかりではありません。

Lr-DSC08792.jpg

今回の最大魚で36cm。自分の分け前は大型4匹に中型2匹、掛値ナシに美味しいって言えるアカハタちゃんです[黒ハート]



水曜日の夕ご飯。

Lr-DSC08813.jpg

二日寝かせたアカハタの透明感のある白身。じゅうぶん旨くなっていますが、薄造りにしてもまだ歯応えが強いです。

大型だったのでもう一日寝かせても良かったのかもしれませんけど、歯応えの有る刺身が好きな自分にはピッタリですよ(*´Д`)

Lr-DSC08822.jpg

刺身に使った大型二匹分のアラで味噌汁を作りましたが、今までつくったサカナの味噌汁で一番おいしいです。

八丈島の宿でアカバ(アカハタ)は味噌汁が最高だと聞いていたのは本当でした[わーい(嬉しい顔)]



Lr-DSC08804.jpg

キレイですよねw

Lr-DSC08876.jpg

大型二匹は清蒸を造るためにウロコを梳きとりました。こうすればウロコが舌に触ることなく皮の美味しい所を味わえます♪

難しそうなイメージでしたがウロコを梳くのって案外と簡単に出来るモノなのですね。

Lr-DSC08885.jpg

白髪ネギを乗せて熱した胡麻油を掛けたら何が何だかわからないことにw

食道楽の性で写真映えよりも美味しく食べる事を優先しちゃうんですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

香味野菜と胡麻油と紹興酒に牡蠣油。元々美味しいサカナにこの美味しさブーストはヤバいですね(*´Д`)

Lr-DSC08896.jpg

残った中型二匹+謎のサカナ二匹は唐揚げにしました。

賀寿丸の船頭さんが中型は唐揚げが美味しいと言っていましたが本当に美味しいです。根魚類はおろすと歩留まりが悪いですから、大型以外は丸ごと調理できると見栄え良く食べられますね。



伊豆諸島方面に釣行した際にはアカハタは裏本命として狙わざるを得ませんね[手(グー)]

あとは今年中にキジハタを釣って食べたいんですが...難しいのかなぁ(´-ω-`)









Lr-DSC08798.jpg

あ、謎のサカナ二匹はアカエソです。みんな捨てちゃいますけど自分はキープします。

焼いたり揚げたりして皮ごと食べると美味しいサカナです。いつかたくさん釣ってエソ100%の自家製カマボコを作ってみたいですw



ごちそうさまでした(・∀・)


タグ:独り言ち

星合い [日常]

今日は七夕です。

房総は晴れっぽいのでコットに寝っ転がって、天の川を眺めに行こうと思っています(嘘)

Lr-RIMG1745.jpg

この時期は外で昼寝するとすごく気持ちいいんです。釣りじゃなくて昼寝しに行っていると言っても良いぐらいです(´ー`)

堤防の灼けたコンクリートの上にバスタオル一枚敷いて寝るのも気持ちいいですが、最近は昼寝するときにコットを使っています。炎天下で爆睡をするとものすごい汗をかくので、定期的に洗浄してあげないといけません。バスタオルなら洗濯すればいいだけですが、コットは天気のいい日に洗剤と水を掛けてブラシ洗いします。

染み込んでいるのは汗だけのハズですが、なんとも汚ったない(変な送り仮名ですけどもw)色の汁になるんです。

Lr-RIMG1747.jpg

洗車ブラシでゴシゴシと汚れを揉み出したらよく濯いで日向で乾かします。


Lr-RIMG1743.jpg

今週の月曜にネジが脱落することに気が付いたのでチェック。スチールパイプの骨組みをナイロン樹脂の接続具にスチールのタッピングネジで留めてあるんですよね。これでは耐久性とかはお察しくださいレベルです。

Lr-RIMG1744.jpg

案の定で脱落紛失しているネジがあったので、ホムセンの汎用ネジに差し替えておきます。買ってきた4x30ではナイロンにねじ込む感じになりました、あと5mm有れば樹脂を貫通させてナットで留められますね。



天の川を見ながら飯盒炊爨をするので(嘘)

最近よく使っているバーナーの改良をします。改良とは言ってもメーカーも一歩足りないのを承知して販売しています。満足したければオプションでご用意しておりますという感じです。

Lr-RIMG1731.jpg

確かに素の状態のシンプルなスタイルはカッコいいのですが、ゴトク兼フレームが使用中に高温になっちゃうんです。冷えるまで片付けられませんし、クーラー等を台にして上で使うのにも不安が有ります。脚を内径4mmのシリコンチューブで覆って対策します。

Lr-RIMG1729.jpg

10cmぐらいに切って被せて行くだけなんですけどね。あまりたくさん被せちゃうと放熱が悪くなって冷めるのに時間がかかっちゃいそうなので程々に。

Lr-RIMG1730.jpg

このバーナーも点火装置が付いているんですが、この圧電素子のボタンが押しにくい構造なんです。

Lr-RIMG1725.jpg

スイッチの場所はガスの流量調整弁ツマミの下側に隠れていますし、火花を飛ばすにはスイッチを押し込まないといけません。

冷間時はともかく、温間…何て生易しいものじゃないです。使用中の過熱時に本体が動かないように抑えつつ、熱くなった足を避けてボタンを押し込むとか、基本的なデザインに問題があるんじゃないのかなと。

Lr-RIMG1728.jpg

この簡単なテコ一つでスイッチ操作の方向を押し下げに出来るんですから、初めからこの仕組みを標準採用しなさいよと。オプション540円で後付けさせる部品じゃないでしょ。

Lr-RIMG1734.jpg

とりあえずこれで温間時の再点火や移動の際の火傷の心配はなくなりました。



天の川を見ながら…内房じゃあミルキーウェイも碌に見えんですよね。満月ですし。そもそも行きません。

サブのバーナーの点火装置が死亡していたのを思い出したので修理してみようかと思いました。

Lr-RIMG1740.jpg

いちいちライターで点火するのも面倒なので、電子ライターを分解して点火装置を流用して修理しようとおもいます。

Lr-RIMG1741.jpg

分解してみました。この真鍮座金がバーナー本体側にアースしていて、反対側は絶縁コードで火口部の放電電極に繋がっているだけです。分解はしましたが電子ライターがありませんでした(・ω・)

部品取りよせちゃえば楽そうなんですが、せっかくですから百均で使えそうなライターを探して修理しようと思いますw


神経〆ヒラスズキ [日常]

今週の月曜の獲物、ヒラスズキを火曜日にお刺身とマース煮で食べました。

Mくんが神経締めをしてくれたすぐ後に、エラを切って放血させて持ち帰ったんですが。

Lr-DSC08651.jpg

んー…お刺身がいつもより美味しいような気がしますよ?

どう美味しい?と聞かれても答えられないんですけど美味しい気がします[ぴかぴか(新しい)]

Lr-DSC08645.jpg

マース煮。泡盛300ml+水1400ml+塩70gに昆布で出汁を取って、たっぷりの生姜・長葱でヒラスズキのアラを煮て、椎茸・豆腐を加えてあります。レシピよりも20%塩を減らしましたけどもまだ塩が多いかな?塩が効いている方が旨味を感じるのかな?簡単そうで美味しく作るのは難しいのかも。

タマンのアラがどっさり入ったものを食べたばかりでしたので少し物足りなさはあります。ヒラスズキのアラに期待値が高すぎたのかも知れません(;´・ω・)


今回のヒラスズキ。

月曜午前四時頃に釣獲→午前七時頃に神経締め、放血→午前八時頃に車内のクーラーボックスで氷漬け→午前十時頃に自宅で氷追加。

火曜日午前八時に解体して冷蔵庫保存→午後七時頃に刺身とマース煮で食卓に。

熟成させるには時間が全然足りてないんですけど、こんな短時間で食べるんでも神経締めの効果が判るものなんでしょうか?

我ながらプラセボなんじゃないのかなぁとか思いつつ食べた夕食でした。誰かブラインドテストしてみてください。



水曜日はポワレ。

Lr-DSC08672.jpg

やっぱり皮目が美味しいです。久しぶりにマルスズキのポワレも食べて見たいですけども、この時期になるとなかなか釣れないんですよね~

店頭売りのマルスズキは湾奥漁獲の船橋漁協のサカナが圧倒的に多いらしくてちょっとw

マルの香りもポワレにすると美味しいんですよね。




ちょいグロかもしれませんけど解体作業。

Lr-DSC08627.jpg

ヒラスズキはびっしりとクリーム状の内臓脂肪ため込んでいます[あせあせ(飛び散る汗)]

Lr-DSC08632.jpg

大名おろしで切り取った片側の身にはほんの少し血が残ってます。いつもはエラを切って泳がせて失血死させていますから血はあまり残りませんが、神経締めをしちゃったら太い血管を断ち切っちゃう方が良いかもしれません。

Lr-DSC08636.jpg

大名おろしのアラは勿体なく見えますけど、捨てるのは鱗と骨と鰭ぐらいです(*‘ω‘ *)

ヒラスズキのアラは醤油で煮付けるか、味噌でアラ汁にする方が合ってるかな?


ごちそうさまでした[黒ハート]

タグ:独り言ち