So-net無料ブログ作成
検索選択

さーどーぞ [日常]

佐渡での獲物。キープは3人合わせてこの3尾でしたよ_(:3 」∠)_

Lr-DSC08617.jpg

自分とO野さんが釣ったタケノコメバルの貌つきはなかなか精悍です。釣り人だとベッコウゾイと呼ぶ地域の方が多いのかな?

I田さんが釣り上げたアイナメはちょっと間抜けでかわいい顏。子供の頃は近所のテトラ帯で狙える手頃なターゲットだったんですけど、海水温の上昇やら毎夏発生するようになった青潮の余波だかで、いつの間にかあまり釣れなくなっちゃいました。


で、今回の獲物も煮付けになりました。

Lr-DSC08620.jpg

タケノコメバルは身が崩れやすいようで見た目が余所行きじゃありませんが、メバルのような旨みと甘さがありますね[黒ハート]

大型だったので皮目を焼いた刺身とかが食べたかったのですが、帰宅時にクーラーボックスを開けると氷が溶けきっちゃっていました。とは言ってもまだ冷え冷えの状態でしたけど、刺身で食べるなら氷漬けでキンキンに冷やしておきたかったですよね(・ω・)

ベッコウ”ゾイ”と言う通称とウロコの感じにムラソイの味気なさを思い浮かべましたが、タケノコメバルはまぁまぁメバル寄りな食味だと思っていいかなとw


アイナメは久し振りに食べましたが記憶にある通りの味でした。少し柔らかい身で淡泊な味ですが、微かに独特のクセがあって美味しいです。活〆を刺身にしたものも美味しいらしいのですが、鮮度が落ちやすいのでなかなかチャンスがありません。メスティンに慣れたので、飯盒炊爨で現地食いとかしてみたいです[わーい(嬉しい顔)]



フェリーターミナルのお土産屋さんで買ってきたナガモ(アカモク)のお味噌汁。

Lr-DSC08624.jpg

買ってきたのは乾物だったので、宿での朝食にいただいたもの程のヌメりがありません。板海苔サイズに整えて干して一枚600円となかなかのお値段!

お湯で戻したアカモクをお椀にとって、熱めの豆腐と長葱のお味噌汁を注いで頂きます。強すぎない磯の香りとシャクシャクとした歯応えで美味しいですね[黒ハート]

冬から春にかけてはいつもの渡礁ルートに泳ぎにくいほど生えているので…漁業権が設定されてなかったら( ̄ー ̄)



ヨロイメバルとオキザヨリとサザエはリリースしてきましたよ。


安定の美味 [日常]

横取りヒラスズキの晩餐。

順序的には小笠原土産が先なんですけども、デカすぎて未だに食べきれていないです[あせあせ(飛び散る汗)]


月曜日に釣って血抜きをして水氷漬け、水曜日の夕食でお刺身になりました。

Lr-DSC08561.jpg

しかしあれですね。刺身で食べるのはこのぐらいのサイズの本州近海のサカナのほうがあっていますね。

身のキメ細かさとか、締まり具合とか、脂の乗り具合とか。

南のサカナは旨味もたっぷりで美味しいのですが、そのまま刺身にするのは勿体ないですw


木曜日の夕食はヒラスズキのポワレ。

Lr-DSC08577.jpg

塩コショウとオリーブオイルだけのシンプルバージョンですが、美味しいサカナの場合は余計な材料はいらないですよね。

そろそろヒラスズキもシーズンオフになりますから、もう一回食べられるかどうかでしょうね(*'ω'*)


そうそう。水曜日にはアラ汁も付きました。

Lr-DSC08568.jpg

タップリと脂の乗った個体でしたから他の調理法が良いと思うんですが。


まぁ、贅沢におろしたハラスとの味噌煮だと思えばとても美味しいです。

いい味なんですが、アラ汁は一晩おくと脂が酸化しちゃって臭くなっちゃうのが憂鬱です。

釣ってきた以上は残さず食べてあげる義務がありますからね(´;ω;`)


今回もちゃんと鱗とヒレと骨以外は完食です。ごちそうさまでした。



マッ缶小さい(;^ω^) [日常]

東の聖地に遠征に出ていたO野さんが帰還されました[ぴかぴか(新しい)]

O野さん「やっと圏内です。チギかタマン食べますか?」

自分「今週もヒラマサ様釣れなかったので有り難く戴きに上がります!」

と、終業後におサカナを頂いてお土産話を聞けることになりました[黒ハート]

自分「チギはナカナカ釣りにも行けないし、買うこともできませんからチギをください(^ω^)」

O野さん「チギだけでいいんですか?カッポレも小さいの有りますよ?」

自分「うーん。それじゃあお言葉に甘えてタマンをヒト冊味見してみたいです!」

O野さん「タマンさばいていないんで、一本逝っちゃってください(∩´∀`)∩」

自分「イヤ。味見してみたいだけだったんで、タマンは自分で釣って食べます。やっぱりチギと小さいカッポレ貰っていいですか?」

で、ご飯を食べながらお土産話を楽しく聞かせてもらってきたのですが...


O野さん「クーラー小さいですよw」

お土産の量が半端なかったです_(:3 」∠)_

Lr-P_20170607_205621_vHDR_Auto.jpg

去年も凄く大きなチギとカッポレの半身を頂いたんですが、今年も同じようなサイズのチギとカッポレ丸々を頂いちゃいました。カッポレ全然小さくないじゃないですか(´;ω;`)

Lr-P_20170607_224637_vHDR_Auto.jpg

O野さん「奄美で頑張ってもタマンが釣れるとは限りませんよ?w」

Lr-P_20170607_225257_vHDR_Auto.jpg

と、結局タマンまで頂いちゃいました。スッとクーラーに入れてくれたんで大きさに気が付きませんでしたが、とんでもなく大きなサイズ!三尾の中で一番大きいですΣ(´∀`;)

これだけ大きいと普通の鍋やフライパンや蒸し器で調理できません。ウチの一番大きな俎板でもカッポレでギリギリぐらいです[たらーっ(汗)]


みんな美味しいサカナですから有り難いですけれどもデカすぎますってw




ソイや [日常]

ふと、一世風靡セピアとかいう謎ワードがアタマを過りました。



ムラソイは美味しいサカナが多いメバル科のサカナですが、カサゴやメバルと比べるべくもないほど美味しさは劣るという記憶しかないです[たらーっ(汗)]

とんでもなく磯臭い個体もいるとかいうのも気になりますし、そういう個体に当たったことは無いんですが、さばくときの磯臭さはかなりのもので心配になっちゃいます。


先日はそんな事をF村さんに力説してたんですが。月曜はついつい狙っちゃいましたよ。

Lr-DSC08465.jpg

大きい目笊にあけても存在感のあるムラソイ9尾、手尺で測って一番大きいもので30cmちょいぐらいでした。

煮付けは勿論、刺身でも美味しいなんて話を飲みに行った寿司屋?で親父が聞いてきたりしましたが(;´・ω・)



磯臭い刺身とかイケるほどの猛者でもないので、火曜は出来るだけ安牌な料理から行ってみましたw

Lr-DSC08468.jpg

ムラソイのアクアパッツア。ケッパーとアサリが無かったので物足りなくなりそうで心配しましたが、アンチョビとミニトマトで美味しく仕上がりました。

やっぱり身の旨味って言うのが物足りないですけども、良い身質なので汁の旨味と皮の味で美味しく食べられました。アサリを入れたらアサリの味に完全に主役を奪われること間違いなしですがw


Lr-DSC08471.jpg

ムラソイの清蒸。庭からコリアンダー(パクチー)を摘んできて乗せるかと思いきや、フェンネル(ウイキョウ)にアレンジしてくれたので美味しく頂けました♪

アクアパッツアと同じく旨味と油をブーストして作る料理ですから、良い身質でボリュームもあるのでとても美味しく食べられました。



水曜は素材の味が判りやすい煮付けで食べてみます(;^ω^)

Lr-DSC08480-001.jpg

やっぱり母も少々旨味に欠けるような気がすると、いつもよりも少し濃いめの味で煮付けてくれています。

さすがは料理上手ですね良い判断をしてくれましたw

磯臭さも無いですし良い身をしているんですが、どうも「美味しい!」とは程遠いですね。

肝もちゃんと肝の風味がしていて大きいんですが、コッテリとしたクリーミーな物とは違います。




自分の評価としてはやっぱりムラソイはちょい残念なサカナです。

こんなに良い身をしているのに、旨味やコク味に欠けているのが勿体ないと言う意味での残念です(´-ω-`)

そんなわけで調理方法を選べば美味しく食べられるサカナだと言えるんじゃないでしょうか?

この良い身なら臭みが出ないように下拵えをして寝かせたら、プリプリした歯ごたえが旨みに変わってくれるかもしれません[ぴかぴか(新しい)]

...自分で食べるのは怖いから誰か試してくれませんかねw


あとはムラソイは身の味が薄いだけに皮の味をシッカリと味わいたいサカナです。

今回は胸鰭の裏辺りにウロコの取り残しがあって口に触ったのがすごく気になりました[バッド(下向き矢印)]

面倒でも大きな胸鰭を捲ってキレイにウロコは取り切らないとダメですねw




タグ:独り言ち

トップシェル [日常]

あまりにサカナが釣れないのでギザギザの石をかってきました。

こちらではサザエとかいうらしいです。

Lr-RIMG1158.jpg

薄く水を張ったフライパンに口を上にして並べて火に掛け、沸騰させて軽く蒸し煮にして半生ぐらいに火を通します。

生きてる状態でもコツを掴めば簡単に剥けますが、やっぱり軽く火を通した方が簡単ですね。それに活きてる巻貝をさばくのはちと苦手です。子供の頃にカタツムリを握り潰しちゃったトラウマが甦ります。((((;゚Д゚))))


Lr-RIMG1159.jpg

軽く火を通してあるので既に美味しそうな匂いがしています[黒ハート]

殻から外した10個のサザエを捌いていきます。身と貝柱、肝とヒモと口に分けて、肝から渦巻き模様の部分を切り取ります。

壺焼きだと全部丸ごと食べるんですが、ちゃんと料理するときは気になります。

ちなみに身と貝柱だけなら全く苦くないです。肝とヒモが苦いんですね。口は歯触りが気になる。渦巻きは砂が溜まったりしています。


下拵えができたら身と貝柱は勿論アレにします。

Lr-RIMG1160.jpg

中小取り混ぜて10個のサザエですが、薄切りにするとそれなりの量がありますね。

Lr-RIMG1161.jpg

またしてもラージメスティンで炊き込んじゃいます!

研いだ米に白だし+醤油+酒+かつおだしを注いで、サザエの実を並べて針ショウガを乗せて炊き込みます。

今回は具がサザエだけで体積に余裕があるので、最大炊飯量の3.5合を炊いてみます。

Lr-RIMG1163.jpg

サザエご飯がメスティン一杯パンパンに炊き上がりました(゚∀゚)

たぶん3.5合の白米を炊くとメスティン型の白ご飯ブロックができるぐらいパンパンだと思います。いまのところ失敗知らずで美味しいご飯が炊けています♪



庭に出て今年初めて栽培してみたニンニクを試し掘り。

Lr-RIMG1153.jpg

植え付け時期が遅かったので十分に育ち切らなかったのか細いものが多いです。良いニンニクにするのは難しいうえに肥料喰いだと聞きますが、晩秋に蒔いて夏野菜を植え付けるころに収穫が出来るので、また来年トライしてみましょうかと。

Lr-RIMG1156.jpg

もうちょっと葉が黄色くなるまで待ってから収穫するそうですが、生ニンニクを料理で使ってみたかったので掘っちゃいました。


生ニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒めて香りが出てきたところにバターをひと固まり溶かして、肝・ヒモ・口を入れて軽く炒めて醤油をひと回し入れて完成です。お手軽に和風エスカルゴ的な物を作ってみました。

Lr-RIMG1162.jpg

美味いです!生ニンニクは小さいですがいい香りがします。見た目と香りに庭からパセリを取ってきて刻んで入れてもよかったですね(*‘ω‘ *)

築地に遊びに行った両親が大丸東京で美味しいバゲットも買ってきていたので、それに合わせて食べるように作ってみましたがご飯にも合いますねw


しかし、大丸百貨店は元気なのにダイコーは待っても待っても後継メーカーが出てきません。ロッドコムはルアーロッド出さないしもう見切りをつけるしかないんですかね( ;∀;)




昨日はお客さんにアサリを頂いたので砂抜き中。天然モノですが地元産なのでちょっと微妙( ̄д ̄)

口が悪い人はドブアサリとか言っちゃうでしょうw

Lr-RIMG1164.jpg

スーパーで売ってるアサリやシジミだってどんな所で獲れたかわかったもんじゃないですし、食べちゃえば美味しいのは間違いないんですけどw