So-net無料ブログ作成
検索選択

通販の罠、三発。 [日常]

釣旅行や遠征用のライフジャケットはRBBのファイティングベストを使っています。ポケット無しなのでファイティングヒップバッグにルアーなどを入れるスタイルで本気の沖磯遠征ならこれでいいのですが、遊びの釣りで着るにはちょっと本気っぽ過ぎます。普段のロックショアもシーバス用のヌルいライジャケを着ているのに、旅行先などでライトゲームをするのにガチっぽい装備は気恥ずかしいです。


そんなわけで¥2700円のライフジャケットを見つけたので買ってみました、軽量で値段も手頃なうえに自分が識別色に選んでいるACU迷彩です。一着買ってみました。

P_20170812_190433_vHDR_Auto.jpg

FV-6008が二着届きました。


BLUES CODEⅡ90のナチュラルカラーをロストしていたので補充します。このサイズのシンペンは飛距離も出ますから使いやすいんですが、使いやすいだけに狙いすぎて引っ掛けて無くすんですけどね。

Lr-RIMG2454.jpg

BLUES CODEⅡ90 イワシが二本届きました。


Super X-wire8が安売りしていたので#1.5-200mと#1.0-200mを一本ずつ注文。登場時の市価が高かったのでどうしたものかと思っていましたが、ずいぶんと安くなってくれてうれしい半面心配だったりもしますw

小物狙いならArmored系の糸で良いんですけど、大物狙いは奇を衒わずに普通の糸で良いんですよね。熱処理されていて新品時は強い張りがあるのに、すぐに劣化?して普通の糸のような感触になるのがどうにも気分が良くないですよ。特に強度の低下は感じられないので普通に使っていますが。

Lr-RIMG2452.jpg

#1.5-200mが一本届きました。

Lr-RIMG2453.jpg

が、#1.0-200mは二本届きました。


比較的安いものをダブらせただけだったので笑いごとですが、眠い時…半分眠った様なアタマで通販しちゃいけませんね_(:3 」∠)_



Lr-RIMG2450.jpg

バグアンツの4インチを買ってみました。3インチと比較するとかなりボリューミー。これででっかいハタを狙ってみますw


Lr-RIMG2455.jpg

ブレードリグのパフィンも先日30gを買ったので20gも追加してみました。ベイトフィネスロッドのルアー負荷のカタログ値が20gなんですよね。


Lr-RIMG2456.jpg

20gのメタルジグも追加。こちらも同じ理由でチョイス。ヒラヒラとフォールしそうです。



タグ:独り言ち
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

繕う [日常]

ウツボに破られたフロートスカリ。おろしたその日に大破とか切ないです(´;ω;`)

Lr-RIMG2431.jpg

スカリやストリンガーはちゃんと底を切って浮かせておかないといけませんよね。特にショゴを活かしておくとウツボの食害によく遭うのは、ショゴが良い匂いをさせているのか高水温期でウツボの活性も高いからなのか。。。

魚網糸なんか持っていないのでシーハンター8号で食い破られた場所を繕ってみましたが難しいですね。一応穴は塞いだのですが結び目が解けて逃げられちゃうと困るので瞬間接着剤を染み込ませてみました。

Lr-RIMG2434.jpg

このスカリなのですがナイロン撚り紐を網に編んであるんじゃなくて、ナイロンの単繊維からそのまま網を編んであるんですね。きっと巨大で複雑な編み機ですごい勢いで編み上げていくんでしょうね~

ちゃんと使えるモノが¥1400で買えるのは有り難いですが、岩に擦れたり歯の鋭いサカナを入れたりもするんですから、やっぱり撚り紐で編み上げたスカリが欲しいです。



自分は虫刺されに弱いので、薬頼みで色々と防除対策をしています。

Lr-RIMG2436.jpg

釣りに持って行く虫除けアイテムです。真ん中の2つはカラダに吹きかけるディート剤で、"30"と書いてある容器が今シーズンから販売されているディート成分30%の医薬品。水色の容器のモノがディート成分10%の医薬部外品です。左端の蚊のいなくなるスプレーはトランスフルメトリンの噴霧剤。右端の何処でもベープはメトフルトリンの蒸散剤?です。


クルマの中で休む時に使う携帯蚊取り器。

Lr-RIMG2441.jpg

メトフルトリンを染み込ませた濾紙にファンで風を送って蒸散させるタイプですよね、釣りに使うとなると高温になる夏の日中に車内に置きっぱなしになっちゃいます。薬剤が揮散しちゃうのが心配だったのでメーカーに問い合わせてみましたが、やはり「薬剤が蒸発してしまうのでアルミパウチかサランラップに包んで涼しい場所においてください」と。無理ですよね(;^ω^)

Lr-RIMG2438.jpg

てなわけでスプレータイプのメトフルトリンの噴霧剤を濾紙に染み込ませてみました。

Lr-RIMG2439.jpg

恐らく乾ききっている去年のカートリッジ内の濾紙の真ん中に2,3回吹き付けて、クルマの中にヤブ蚊が入って来たのを目視してスイッチオン。閉じ込めたまま暫くしてクルマの中を探しましたが蚊は出て来ませんでしたので、恐らくは椅子の下とか見えない場所で死んじゃったのだと思います。使う前に薬剤が補充できれば毎回きちんとした効果が期待できますね[手(グー)]


コレはアカイエカやユスリカよりも強いヤブ蚊をターゲットにした噴霧剤です。

Lr-RIMG2442.jpg

狭い空間で噴霧した薬剤が床や壁や天井に付着して対象が近づけば即死するタイプです。ヤブ蚊用だし効果時間も長いのでメトフルトリン剤かと思ったらトランスフルトリン剤でした。道路端にクルマを止めて釣具の出し入れをしていると、日中でもヤブ蚊が車内に入り込んでいていつの間にか刺されたりするのが嫌なんですよね。メトフルトリン剤だったら何処でもベープのカートリッジにも使えるのでもっと良かったんですが。


この30%ディート剤は効果時間も強度も申し分ないんですが、ちょっと樹脂への攻撃性が強いのが心配なんですよね。

Lr-RIMG2444.jpg

南国のデカい蚊にもイソヌカカにもこの濃度のディート剤なら効果が期待できるとは思いますが...

Lr-RIMG2445.jpg

やっぱりヌカカは怖いので夜の磯や港で使う分にはメントールを加えておきます。ハッカ油とメントールクリスタルをたっぷり溶かし込んで準備万端です。


あとは...

Lr-RIMG2443.jpg

この手の小型の携帯蚊取り器って効果あるんでしょうか?付けた部位の周辺ぐらいは刺されなそうな気はしますが。両手両足顔で5個もつけてたら邪魔でしょうが無いですよね。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

潮の子 [日常]

15匹釣ったはずのショゴでしたが、クーラーの中には9匹しか残っていませんでした。

まぁこれだけあれば充分なんですけど、自分の意志でリリースしたんじゃないので悔しいですねw


月曜に釣ったショゴは火曜の夕食でいただきます。

青物を生で食べるのは大概寝かせた方が美味しいですが、ショゴのような小型青物は一晩ぐらいで食べちゃいます。


Lr-DSC09062.jpg

尺に届かない個体は塩焼きです。彩は葉蘭と茗荷の酢漬け、両方庭で採ったものです。

Lr-DSC09074.jpg

良い魚は塩焼きが美味しいですよね添えた夏大根も辛くて美味しいです[黒ハート]

一般的なアジ科だとマアジ、メアジ、メッキ、ショゴぐらいしか塩焼きで食べたことが無いですけど、

ここら辺の自分で釣ったサカナは食べて不味かったことが無いです。

外房サイズのショゴだと自分は塩焼きが一番好きかも知れません。


Lr-DSC09065.jpg

尺上のショゴはお刺身、ショゴは身が厚いので5匹分でも結構な量になります。Lr-DSC09080.jpg

このサイズだとさすがに脂はマダマダなんですけど、ワカシと違って青臭さも水っぽさも無くてちゃんと美味しいです。

単純にカンパチの背身をたべてる感じで、身がキメ細かいので食感もなかなか良いです。


Lr-DSC09068.jpg

アラ炊きも美味しかったです。



ショゴは釣って面白いし食べて美味しい。サカナが居れば反応もしてくれるので良いターゲットです。

一潮周るごとに一回り大きくなっていきますから、いまから今年秋のデカショゴが楽しみです[黒ハート]

タグ:独り言ち
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一斗缶オーブン [日常]

Lr-RIMG1914.jpg

ヘキサゴングリルに炭火を熾し、上蓋を切り取った一斗缶を被せて二時間。

Lr-DSC08976.jpg

炭が燃え尽きる頃には香ばしい匂いが漂います。


Lr-RIMG1902.jpg

このヘキサゴングリルも使うチャンスが無いまま4年ぐらい寝かせていましたが、今回やっと使うことができました

Lr-RIMG1909.jpg

木炭も災害備蓄で積んであった古いものから使いましたけど、やっぱりガスバーナーとセットじゃないと火熾しは大変です。

いざというときの訓練にもなりましたし、ヘキサゴングリルが有れば出先での料理の幅も広がりそうです。

あとは網を引っかけて持ち上げる道具と、火消し壺があると便利そうなので探してみます。


Lr-DSC08982.jpg

中身はO野さんに貰ったキハダマグロのカブトです[ぴかぴか(新しい)]

Lr-DSC08985.jpg

レモンを絞って大根おろしと醤油で食べましたが、やっぱりアタマの周りの身は美味しいですね!

…嘘です。やらかしてレモンと大根おろしが必須になっちゃいました( ;∀;)


仕事の片手間に火を熾してカブトを焼いたんですけど、エラと心臓を外す下拵えを親に任せていたんです。で、自分で塩を振ってカブトをアルミホイルで包んで焼いたんですが、急いでいたのでエラと心臓を外してあるのを確認しなかったんですよね(´;ω;`)


せっかく美味しいのに血生臭さが回っちゃって、もの凄く残念なことになっちゃいました。

臭いが強くついちゃったところ以外はレモンを絞って美味しく頂けましたが、なんとも言えない敗北感も味わう羽目になりました。



木曜日に釣ったキメジとカツオを頂いてクーラーの中で水氷に浸したまま熟成。土曜日の早朝に親がさばいたそうです。

Lr-DSC08991.jpg

土曜日の夕食でカツオとキメジの刺身です。

少し小振りだったので初鰹のようなさっぱりした味でしたが、やっぱり本ガツオは小型でも旨味はちゃんとあるんですね!

キメジもちゃんとキハダマグロの味がします。ちょっと身が軟らかいですけどねw

「カツオは美味しいと思いますけども、キメジに期待しちゃダメですよ」と、O野さんは言っていましたけども、キハダですからこのぐらいの味なら美味しい方だとおもいます。


Lr-DSC08961.jpg

中落の生が美味しいと聞きましたが、そこらはアラ炊きで食べちゃいました。たしかに骨ぎしの身は美味しいですよね[ぴかぴか(新しい)]


Lr-DSC09000.jpg

日曜日の夜にはカルパッチョ。サッパリした味で生野菜にも合います。


Lr-DSC09006.jpg

キメジとは言ってもやっぱりデカいので生だけでは食べきれません。残った身は味噌漬けにして焼いて頂きました。

Lr-DSC09018.jpg

庭で取れる香草類を乗せても美味しいですね[黒ハート]



自分は自家製ツナのオイル煮も作ってみたかったのですが、母親がサカナの味噌漬けを自作する美味しさに嵌っているようで全部漬けられちゃいましたw


このところ外房の水温が下がっているのと台風のウネリが届いているので、季節外れな印象もあるヒラスズキの活性が上がっているようなので、ちょっと頑張ってみて贅沢に脂の乗ったコヒラを味噌漬けにしてみたいですね。




タグ:独り言ち

雨後の茗荷 [日常]

ウチの街は今年の梅雨後半は好天続き、昨日の雨が七月に入って二度目の雨でした。

Lr-DSC09021.jpg

乾きすぎていて夏ミョウガの出が悪かったんですが、昨日の雨を吸い込んでやっとまとまった数が出てきました。素麺の薬味や天ぷらにすると美味しいですよね(´ー`)


久し振りの雨は有り難かったのですが、近海に居座る台風五号が恨めしいです。

来週は今年初の三本嶽の予定でいましたけれども、渡礁は絶望的な予報ですから見送りになるでしょうね。



沖磯に遊びに行けると思っていたので集中的に補給を行いました。青物が釣れてくれないので根魚に全振りです_(:3 」∠)_

Lr-RIMG1857.jpg

キロフックworm17の#1と#2。#1がアカハタ狙いでバグアンツ3inを使うのにちょうど良いので減りが早いです。#2はちょっと小さめでアンバランスに感じますが、当たっても乗りにくい時とかやたらと根掛りするときに使ったりします。効果の程は判りませんけれども、アタリがあってものせられない、リグり直したばかりなのにまた根掛かるとか何とかしたいじゃないですかw

Lr-RIMG1836.jpg

そのバグアンツ3inもレッド系マットのイソガニを使い切ったのを補充、持っていなかったパールグロウを買ってみました。関東沖磯はほぼデイのみなので、透明度の高い黒潮の中で日中にホワイトはどうなのかな?とは思いますけども、水中で目立つカラーですからサカナの興味は引けそうです。


Lr-RIMG1850.jpg

沖磯向けの重めのバレットシンカーも補充。1ozから上はビーンズシンカーを使ったビフテキリグがちょっとコストが高いですけど使いやすかったです。

Lr-RIMG1847.jpg

銭洲でのアカハタ狙いでメインラインを擦りまくったので、次回はロングリーダーで試してみようと12lbフロロリーダーも補充。


Lr-RIMG1848.jpg

ハタ類は音や光にも興味を示すとか言うので硬度が高くいい音がするブラスシンカーも購入。

Lr-RIMG1849.jpg

ブラスシンカーとセットで使うガラスビーズも。昔バス釣りで使ってたタックルボックスを探せば出て来そうですがw


Lr-RIMG1837.jpg

最近流行りのスイミングで使うインチクにブレードが付いたようなリグ。アカハタは根回りで当たることが多いのであまり出番が無いかもしれませんけど、スイミングでのハタ釣りを練習してればキジハタにも近づけそうです[手(グー)]

Lr-RIMG1840.jpg

同じように沖磯で宙層を探りやすそうなルアーも買ってみました。ベイトタックルでリフトアンドフォールするのは面白いので楽しみです。

Lr-RIMG1841.jpg

鉄板も普段の釣りでは全く使わないので沖磯の深めの宙層で遊んでみようかなと。メジャクラも色々なルアーを展開してきましたね。


Lr-RIMG1852.jpg

普段の地磯にソフトルアーを持ち込むための防水ボックス。フックやジグヘッド類が潮水で錆びるのを防ぐのも勿論ですし、最近のフォーミュラが添加してあるワームは吸水してモールドがボケると、干しても乾燥剤に突っ込んでも戻らないんですよね。釣果への影響とかは感じられるようなものじゃないんでしょうけれども、使用前からダメになっちゃうのはやっぱり嫌なので。


Lr-RIMG1854.jpg

いかにもダートの切れが良さそうなジグヘッド。アシストアイ付きなので自分でブレードを取り付けて使ったりもします。

Lr-RIMG1853.jpg

ダイワのモアザンミドルアッパー3.5inもショゴ狙いのワインド用ですね。沖磯で使ったことが無いですけども、港湾のスレまくったショゴと違って面白いかもしれませんw

Lr-RIMG1856.jpg

ジグヘッドのブレードチューン用のサルカンも買っておきます。


Lr-RIMG1855.jpg

アジングロッドで扱う小さ目な根魚用ジグヘッド。ショアのソイやカサゴをバグアンツ2inで狙うときに使っています。太軸で頑丈なのでデカソイの重さにも負けません。


Lr-RIMG1842.jpg

DUEL/YO-ZURIの3Dインショアシリーズ。夏の時期に小物相手に遊べそうなポッパー

Lr-RIMG1843.jpg

同じシリーズのペンシル。

Lr-RIMG1845.jpg

さらにトゥイッチベイト。ここらのスモールトップはショゴやメッキと遊ぶと楽しいです。

Lr-RIMG1846.jpg

これは先月小さい方を買ってみたので今月は大きい方も。アダージョとキャラがかぶりそうですが、小さくてもリップがあるので荒天時でも水面直下に留まれるのかな?


Lr-RIMG1851.jpg

カルティバの機動バッグ。サイズがどうにも微妙な気もするんですけども、ルアーケースに収まらないビッグプラグなどを持ち歩くのには絶妙なサイズなのかもしれませんw



台風五号が下手したら再来週まで影響を残しそうな状況なのが何とも。。。