So-net無料ブログ作成

壱岐なり [休日]

壱岐に到着後一投目でアジをキャッチできました。

Lr-RIMG1254.jpg

レンタカーを借りてそのまま漁港に直行し海の様子を眺めていると、今回もアジが港の入り口周辺にある漁船のシェードに入って、ボトムべったりをゆっくりと移動しているのを発見。クリアウォーターで太陽が真上に来ている時間帯はそこしか居場所が無いんでしょうね。

前回と同じパターンでしたのでボトムをとって竿先でシェイクしたり、ぴょこんと跳ねさせる細かい動きに当たってきました。

沖の表層中層もリトリーブとリフトアンドフォールでチェックしましたがそこではサカナの気配はありません。

昼間はボトムにベッタリで食い気もあまりないようです。


今回の旅行のテーマは「のんびりアジを釣って癒されてくる」だったのですが、こうも簡単に釣れちゃうとあまり癒し効果が感じられません。狙えば釣れちゃうから作業になってきちゃいますね。



Lr-RIMG1264.jpg

手洗いを兼ねてバケツを購入して釣ったアジを活けておきました。

滞在中に釣ったサカナはすべてキャッチアンドリリースするんですが、散歩中のお爺ちゃんやお婆ちゃんに声を掛けると喜んでもらっていってくれます。漁港の近所に住んでいても自分で釣りをしないらしくて、急いで家からバケツやらボウルを持って来てくれたのが意外でした。



それ以上に意外だったのが二日目の日中に漁港の奥でアジが大量にたまっているのを見て驚きました。表層に20㎝ほどのアジの群れが浮いていて、4m程のボトムには30㎝ぐらいのアジが沈んでいます。

Lr-RIMG1252.jpg

見えますか?あまりに多すぎてボヤっとしか見えないでしょうねw

Lr-RIMG1250.jpg

ズームするとこうです。表層に黄色く見える中アジと、ボトムに黒く見える大アジが判ると思います(゚Д゚;)

こんなの幾らでも釣れちゃいそうですが、そうはうまくいかないんですよね。殆どステイしているぐらいの動きしかないんですが、この状態のアジは何をやっても反応が有りませんでした。

散歩のお爺ちゃんと話しましたが、回遊しないで港の奥に貯まっている状態では餌でも釣れないとか。


自分もネチっこく手を変え品を変え誘ってみましたが、30分程で一度だけ大きなアジが当たってエステル#0.2のラインが切られちゃっただけでした。

まぁ、マヅメ時にこの大量にたまってるアジの捕食スイッチが入れば釣り放題になるのは目に見えています。



今回はアオリイカも結構期待していて、ベイトタックルでエギングをしてみようと準備をしてきました。アオリ狙いならデイでもナイトでもポケーっとロッドを振っていられます。

Lr-RIMG1277.jpg

それなのに無情な立て看板。堤防の近くにクルミの枝を沈めて産卵床にしているそうです。

郷ノ浦と印通寺の地先は禁漁じゃないそうなのですが、産卵期にビジターが資源を荒らしているとかちょっとよろしくないですからねw

良いんです。イカが食べたかったら地元でシリヤケイカでも釣って食べます。


そんなわけでデイはアジングにグルーパーゲーム。ナイトはアジングとメバリングをしていましたが、ナイトだからって大型が出るわけじゃ無いようです。

Lr-RIMG1186.jpg

却って夜間はデカセイゴとか小アジに小メバルに小カサゴぐらいしか釣れませんでした。

アオリイカが常夜灯の明かりに照らされてプカプカ浮いているのがちょっと悔しかったです。


ぶっちゃけ。食べてみたかったアコウはキジハタと言うサカナの地方名で、小さいのは釣った事があるんですが食べた事がありません。同じくオオモンハタも釣って食べてみたいって言うのが、今回の遠征釣行の裏テーマだったりしたんですが、今回は全くハタ科の魚にはカスリもしませんでした_(:3 」∠)_



アジは簡単に釣れ過ぎちゃって癒しどころじゃないですし、変わったサカナをキャッチすることもできませんでした。(。-`ω-)

それでも最終日は昼までの予定でお土産用の壱岐壱岐鮮魚をキープするために頑張ります。


房総よりも一時間ほど日の出日の入りが遅いので、午前四時に起床して夜明け前の漁港に到着。

そのままアジ釣りを始めましたが暗いうちは小さなアタリが時折あるだけで全く食い込みません。SKR改-M632AJIに12アルテグラ改1000PGSSにエステルライン#0.2をセットして、0.3gのストリームヘッドにアジリンガーのクリアカラーで何とか食わせましたが20cm程の小アジでした。前日の日没後には良いサイズのアジがボイルしていて面白いように釣れたので、夜明け前にも同じようにボイルしているんだろうとたかをくくっていましたがヤバげな状況です。朝マヅメのアジングは房総でもやらないのでいろいろ想定外です(;'∀')


やがて空の色が変わりだした頃、弱いアジの当たりに一呼吸おいて合わせると一際重い引きの大アジがヒット。丁寧に寄せてきましたが足元でラインブレイクしてしまいました。小アジ相手に細仕掛けで勝負する時間は終わったと判断して、SKR-T782AJIと12アルテグラC2000HGSにPE#0.4のタックルに持ち替えて大アジを狙います。アッパーカットフィールの1gにソフトサンスンの白系をつけて表層で誘うと直ぐにアタリがありました!


そこからはもう入れ食いも良いところでキャストしてロッドを立てて聞くと、その状態でアジが咥えている違和感が有ったり、スローで表層を聞きながら巻いてくるだけでアジが次々に当たってくる状態です。吸い込んだなって言うアタリが来たら一瞬置いてスッと合わせるとしっかりとフックアップします。25~30cmぐらいのズッシリとしたアジが中心でしたが、しっかりと口内に掛かるので強引に寄せて引き抜いても口切れはほぼゼロです。サカナがデカいので取り込んでから針を外してバケツに入れる作業をしている時間の方が長いほどでした。

Lr-RIMG1271.jpg

釣れだしたら30分ぐらいでバケツが満タンになっちゃいます。

大きいのはちょうど尺ぐらいのサイズでしたが、黄色味を帯びた背中の丸々と太った美味しそうなサカナです。

二重にした大サイズのジップロックを二袋満タンにした頃に朝マヅメのラッシュが引いてきたので、お土産分のアジ釣りは止めにしました。


Lr-RIMG1273.jpg

一仕事終えたら宿に戻って朝風呂、朝ご飯を食べたらチェックアウト。

ここから昼頃の納竿まではカサゴ掘りです[手(グー)]


この最終日のお土産狙いで確実にカサゴを釣るために、それまで一切岸壁際は狙わないで温存しておきました!

イカ釣り漁船が係留している岸壁の際をNSL-832M/BFにブレニアスをセットして、カサゴ職人のバグアンツで探り歩きましたが全く当たらず。大隅半島の漁港などではバグアンツを落としておけばカサゴやハタがどんどん当たってきたのですが[あせあせ(飛び散る汗)]

ヤバそうなので再びアジングロッド投入。SKR改-M632AJIからティップを変えてSKR-S682にして、12アルテグラ改C2000PGSSにフロロ3lbにバイトリーダー4lbにパラヘッドのダート3gにアジング用のストレートワームをセットして、先ほど探って歩いた岸壁をもう一周しに行くとすぐにカサゴが釣れました( ゚Д゚)

Lr-RIMG1236.jpg

昼間にストレートワームを岸壁際で使うとスグにフグやベラに齧られちゃうんで使いたくないのですが、狙っているサカナを釣るためには出し惜しみしてられないです。ホントは出し惜しみしてカサゴ職人のロックマックスにも変えて見たのですが、やっぱり当たらないのでストレートワームを使うしかありませんでした。

Lr-RIMG1285.jpg

良いサイズのカサゴが混ざりながら飽きない程度に出ますが、カサゴの魚影自体は大隅半島の方が多い感じです。ストレートワームのクリア系でフレーク入りのものの反応が良かったですね。

小規模漁港の岸壁を釣り歩いてもキーパーは一尾か二尾しか出ません。それでもこのサイズがこれだけ釣れるのは房総じゃ考えられませんから頑張ります!

昼頃までナビを頼りに漁港ランガンしてお土産サイズのカサゴを10尾ぐらい釣りました。アオリは釣り禁止でしたし、スズメダイは一度味わえば十分ですから、今回の釣獲品のお土産はアジ沢山とカサゴのみでしたが大満足(´ω`*)





アジングタックル近接

SKR改-M632AJI + 12ULTEGRA改 1000PGSS + ピンキー #0.2 + Seaguar premium max 3lb

SKR-S682AJI + 12ULTEGRA改 C2000PGSS + Seaguar R18 3lb + Seaguar premium max 4lb


アジングタックル遠隔

SKR-T782AJI + 12ULTEGRA C2000HGS + Armored アジメバル #0.4 + Seaguar premium max 4lb


メバリングタックル

NSL-T902MH + 13SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + Seaguar premium max 6lb


グルーパーゲームタックル

NSL-T832M/BF + Brenious L + Armored F+ PRO ロックフィッシュ #0.8 + Seaguar premium max 12lb




あと、カサゴ狙いでベイトタックルを使って岸壁を撃っているときに、船のシェードでこんなものを釣りました。

Lr-RIMG1244.jpg

漁師さんが青物狙いをするときに使うタグリ鉛とタコベイトのついた仕掛け一式です[ぴかぴか(新しい)]

今度買おうと思っていたので拾えてラッキー。大きさや仕組みがいまいちわからなかったんですが、持ち帰ってタコベイトキャスティング仕掛けに作り直してみます(^ω^)