So-net無料ブログ作成
検索選択

壱岐なり [休日]

壱岐に到着後一投目でアジをキャッチできました。

Lr-RIMG1254.jpg

レンタカーを借りてそのまま漁港に直行し海の様子を眺めていると、今回もアジが港の入り口周辺にある漁船のシェードに入って、ボトムべったりをゆっくりと移動しているのを発見。クリアウォーターで太陽が真上に来ている時間帯はそこしか居場所が無いんでしょうね。

前回と同じパターンでしたのでボトムをとって竿先でシェイクしたり、ぴょこんと跳ねさせる細かい動きに当たってきました。

沖の表層中層もリトリーブとリフトアンドフォールでチェックしましたがそこではサカナの気配はありません。

昼間はボトムにベッタリで食い気もあまりないようです。


今回の旅行のテーマは「のんびりアジを釣って癒されてくる」だったのですが、こうも簡単に釣れちゃうとあまり癒し効果が感じられません。狙えば釣れちゃうから作業になってきちゃいますね。



Lr-RIMG1264.jpg

手洗いを兼ねてバケツを購入して釣ったアジを活けておきました。

滞在中に釣ったサカナはすべてキャッチアンドリリースするんですが、散歩中のお爺ちゃんやお婆ちゃんに声を掛けると喜んでもらっていってくれます。漁港の近所に住んでいても自分で釣りをしないらしくて、急いで家からバケツやらボウルを持って来てくれたのが意外でした。



それ以上に意外だったのが二日目の日中に漁港の奥でアジが大量にたまっているのを見て驚きました。表層に20㎝ほどのアジの群れが浮いていて、4m程のボトムには30㎝ぐらいのアジが沈んでいます。

Lr-RIMG1252.jpg

見えますか?あまりに多すぎてボヤっとしか見えないでしょうねw

Lr-RIMG1250.jpg

ズームするとこうです。表層に黄色く見える中アジと、ボトムに黒く見える大アジが判ると思います(゚Д゚;)

こんなの幾らでも釣れちゃいそうですが、そうはうまくいかないんですよね。殆どステイしているぐらいの動きしかないんですが、この状態のアジは何をやっても反応が有りませんでした。

散歩のお爺ちゃんと話しましたが、回遊しないで港の奥に貯まっている状態では餌でも釣れないとか。


自分もネチっこく手を変え品を変え誘ってみましたが、30分程で一度だけ大きなアジが当たってエステル#0.2のラインが切られちゃっただけでした。

まぁ、マヅメ時にこの大量にたまってるアジの捕食スイッチが入れば釣り放題になるのは目に見えています。



今回はアオリイカも結構期待していて、ベイトタックルでエギングをしてみようと準備をしてきました。アオリ狙いならデイでもナイトでもポケーっとロッドを振っていられます。

Lr-RIMG1277.jpg

それなのに無情な立て看板。堤防の近くにクルミの枝を沈めて産卵床にしているそうです。

郷ノ浦と印通寺の地先は禁漁じゃないそうなのですが、産卵期にビジターが資源を荒らしているとかちょっとよろしくないですからねw

良いんです。イカが食べたかったら地元でシリヤケイカでも釣って食べます。


そんなわけでデイはアジングにグルーパーゲーム。ナイトはアジングとメバリングをしていましたが、ナイトだからって大型が出るわけじゃ無いようです。

Lr-RIMG1186.jpg

却って夜間はデカセイゴとか小アジに小メバルに小カサゴぐらいしか釣れませんでした。

アオリイカが常夜灯の明かりに照らされてプカプカ浮いているのがちょっと悔しかったです。


ぶっちゃけ。食べてみたかったアコウはキジハタと言うサカナの地方名で、小さいのは釣った事があるんですが食べた事がありません。同じくオオモンハタも釣って食べてみたいって言うのが、今回の遠征釣行の裏テーマだったりしたんですが、今回は全くハタ科の魚にはカスリもしませんでした_(:3 」∠)_



アジは簡単に釣れ過ぎちゃって癒しどころじゃないですし、変わったサカナをキャッチすることもできませんでした。(。-`ω-)

それでも最終日は昼までの予定でお土産用の壱岐壱岐鮮魚をキープするために頑張ります。


房総よりも一時間ほど日の出日の入りが遅いので、午前四時に起床して夜明け前の漁港に到着。

そのままアジ釣りを始めましたが暗いうちは小さなアタリが時折あるだけで全く食い込みません。SKR改-M632AJIに12アルテグラ改1000PGSSにエステルライン#0.2をセットして、0.3gのストリームヘッドにアジリンガーのクリアカラーで何とか食わせましたが20cm程の小アジでした。前日の日没後には良いサイズのアジがボイルしていて面白いように釣れたので、夜明け前にも同じようにボイルしているんだろうとたかをくくっていましたがヤバげな状況です。朝マヅメのアジングは房総でもやらないのでいろいろ想定外です(;'∀')


やがて空の色が変わりだした頃、弱いアジの当たりに一呼吸おいて合わせると一際重い引きの大アジがヒット。丁寧に寄せてきましたが足元でラインブレイクしてしまいました。小アジ相手に細仕掛けで勝負する時間は終わったと判断して、SKR-T782AJIと12アルテグラC2000HGSにPE#0.4のタックルに持ち替えて大アジを狙います。アッパーカットフィールの1gにソフトサンスンの白系をつけて表層で誘うと直ぐにアタリがありました!


そこからはもう入れ食いも良いところでキャストしてロッドを立てて聞くと、その状態でアジが咥えている違和感が有ったり、スローで表層を聞きながら巻いてくるだけでアジが次々に当たってくる状態です。吸い込んだなって言うアタリが来たら一瞬置いてスッと合わせるとしっかりとフックアップします。25~30cmぐらいのズッシリとしたアジが中心でしたが、しっかりと口内に掛かるので強引に寄せて引き抜いても口切れはほぼゼロです。サカナがデカいので取り込んでから針を外してバケツに入れる作業をしている時間の方が長いほどでした。

Lr-RIMG1271.jpg

釣れだしたら30分ぐらいでバケツが満タンになっちゃいます。

大きいのはちょうど尺ぐらいのサイズでしたが、黄色味を帯びた背中の丸々と太った美味しそうなサカナです。

二重にした大サイズのジップロックを二袋満タンにした頃に朝マヅメのラッシュが引いてきたので、お土産分のアジ釣りは止めにしました。


Lr-RIMG1273.jpg

一仕事終えたら宿に戻って朝風呂、朝ご飯を食べたらチェックアウト。

ここから昼頃の納竿まではカサゴ掘りです[手(グー)]


この最終日のお土産狙いで確実にカサゴを釣るために、それまで一切岸壁際は狙わないで温存しておきました!

イカ釣り漁船が係留している岸壁の際をNSL-832M/BFにブレニアスをセットして、カサゴ職人のバグアンツで探り歩きましたが全く当たらず。大隅半島の漁港などではバグアンツを落としておけばカサゴやハタがどんどん当たってきたのですが[あせあせ(飛び散る汗)]

ヤバそうなので再びアジングロッド投入。SKR改-M632AJIからティップを変えてSKR-S682にして、12アルテグラ改C2000PGSSにフロロ3lbにバイトリーダー4lbにパラヘッドのダート3gにアジング用のストレートワームをセットして、先ほど探って歩いた岸壁をもう一周しに行くとすぐにカサゴが釣れました( ゚Д゚)

Lr-RIMG1236.jpg

昼間にストレートワームを岸壁際で使うとスグにフグやベラに齧られちゃうんで使いたくないのですが、狙っているサカナを釣るためには出し惜しみしてられないです。ホントは出し惜しみしてカサゴ職人のロックマックスにも変えて見たのですが、やっぱり当たらないのでストレートワームを使うしかありませんでした。

Lr-RIMG1285.jpg

良いサイズのカサゴが混ざりながら飽きない程度に出ますが、カサゴの魚影自体は大隅半島の方が多い感じです。ストレートワームのクリア系でフレーク入りのものの反応が良かったですね。

小規模漁港の岸壁を釣り歩いてもキーパーは一尾か二尾しか出ません。それでもこのサイズがこれだけ釣れるのは房総じゃ考えられませんから頑張ります!

昼頃までナビを頼りに漁港ランガンしてお土産サイズのカサゴを10尾ぐらい釣りました。アオリは釣り禁止でしたし、スズメダイは一度味わえば十分ですから、今回の釣獲品のお土産はアジ沢山とカサゴのみでしたが大満足(´ω`*)





アジングタックル近接

SKR改-M632AJI + 12ULTEGRA改 1000PGSS + ピンキー #0.2 + Seaguar premium max 3lb

SKR-S682AJI + 12ULTEGRA改 C2000PGSS + Seaguar R18 3lb + Seaguar premium max 4lb


アジングタックル遠隔

SKR-T782AJI + 12ULTEGRA C2000HGS + Armored アジメバル #0.4 + Seaguar premium max 4lb


メバリングタックル

NSL-T902MH + 13SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + Seaguar premium max 6lb


グルーパーゲームタックル

NSL-T832M/BF + Brenious L + Armored F+ PRO ロックフィッシュ #0.8 + Seaguar premium max 12lb




あと、カサゴ狙いでベイトタックルを使って岸壁を撃っているときに、船のシェードでこんなものを釣りました。

Lr-RIMG1244.jpg

漁師さんが青物狙いをするときに使うタグリ鉛とタコベイトのついた仕掛け一式です[ぴかぴか(新しい)]

今度買おうと思っていたので拾えてラッキー。大きさや仕組みがいまいちわからなかったんですが、持ち帰ってタコベイトキャスティング仕掛けに作り直してみます(^ω^)




壱やされて岐ました [休日]

今週はゆっくり四連休の予定でしたが、直前になって三連休に短縮されちゃいました( ;∀;)


Lr-P_20170515_074819.jpg


最近のサカナの釣れなさ加減にささくれ立った心を癒しに壱岐まで行ってきました。

帰りのエアチケット、レンタカー、宿の手配の修正などが面倒でしたが、まぁ予定がゆるゆるなお手軽遠征ですからたいして苦労もなく短縮できました。

今回も成田からジェットスターで福岡に飛んで、地下鉄で天神まで出てバスに乗り換えて博多ふ頭、フェリーで壱岐に入るルートです。


Lr-P_20170515_091911.jpg

手前中央に写っている船が今回乗る九州郵船博多-壱岐-対馬航路の”フェリーきづな”です。奥側右がカメリアラインの釜山-博多航路の”ニューカメリア”、奥側左が天海郵輪のクルーズ船"Skysea Golden Era"です。

国際フェリーと国際クルーズ船、その二隻が大きすぎて国内フェリーは凄く小さく見えますw



Lr-RIMG1185.jpg

博多港から二時間二十分ほどで郷ノ浦港に到着します。フェリーでも速度が出せる分東京から大島まで行くよりもお手軽ですね(´ω`*)


Lr-P_20170517_105009.jpg

梅雨入り前の天候の安定した時期を狙ってきましたので、滞在期間中は好天続きでのんびりと釣りをして過ごすにはピッタリです。海は空を写して青く澄んでいて、山は眩しいぐらいの新緑で良いリフレッシュ休暇になりました。

Lr-RIMG1172.jpg

今回はライトゲーム用タックルと念のため磯に入れる装備品を持ち込みました。スーツケースの中には獲物を持ち帰れるようにクーラーボックスを入れてあります。

友人が探している”アコウ”とやらを先に見つけてやろうとちょっと気合を入れてみました[手(グー)]



釣竿担いで島中走り回って探したんですが、景色が良いとそれだけで幸せになります。

Lr-RIMG1279.jpg

Lr-RIMG1188.jpgLr-RIMG1213.jpgLr-RIMG1272.jpg


ん?

Lr-RIMG1210.jpg

やっと見つけました”アコウ”です!

Lr-RIMG1209.jpg

クワ科の半常緑高木で国内の温暖な地方に自生するそうです。壱岐は対馬暖流に洗われる土地柄なので生育できたようです。壱岐ではこの木はこの一本だけしかないレアな木なんですね。

”アコウ”は美味しいとか聞いていましたが、今は実の成る季節じゃないようで食べる事が出来ませんでした。

ガジュマルと同じくイチジク属の木だそうで、木肌とか気根のうねる幹とかは確かに似ていますね。

...まぁ、ね。

Lr-RIMG1269.jpg

”アコウ”食べたかったなぁ(´ω`*)



Lr-P_20170517_173342.jpg

帰りのフェリーちくしは芦辺港から博多港までは二時間十分、きづなよりも二十年ぐらい古い船なので、揺れも振動も大きかったような気がします。

行きも帰りも大手旅行社のツアーが同船していたのですが、シルバー世代の団体は元気が良すぎて大変ですね[あせあせ(飛び散る汗)]



Lr-RIMG1312.jpg

予定通りにクーラーボックスにお土産を詰めて帰って来れましたし満足でした。

怪我も無くスケジュール通りに動けたので、また次はどこに遊びに行こうか楽しみです(´ー`)




トップシェル [日常]

あまりにサカナが釣れないのでギザギザの石をかってきました。

こちらではサザエとかいうらしいです。

Lr-RIMG1158.jpg

薄く水を張ったフライパンに口を上にして並べて火に掛け、沸騰させて軽く蒸し煮にして半生ぐらいに火を通します。

生きてる状態でもコツを掴めば簡単に剥けますが、やっぱり軽く火を通した方が簡単ですね。それに活きてる巻貝をさばくのはちと苦手です。子供の頃にカタツムリを握り潰しちゃったトラウマが甦ります。((((;゚Д゚))))


Lr-RIMG1159.jpg

軽く火を通してあるので既に美味しそうな匂いがしています[黒ハート]

殻から外した10個のサザエを捌いていきます。身と貝柱、肝とヒモと口に分けて、肝から渦巻き模様の部分を切り取ります。

壺焼きだと全部丸ごと食べるんですが、ちゃんと料理するときは気になります。

ちなみに身と貝柱だけなら全く苦くないです。肝とヒモが苦いんですね。口は歯触りが気になる。渦巻きは砂が溜まったりしています。


下拵えができたら身と貝柱は勿論アレにします。

Lr-RIMG1160.jpg

中小取り混ぜて10個のサザエですが、薄切りにするとそれなりの量がありますね。

Lr-RIMG1161.jpg

またしてもラージメスティンで炊き込んじゃいます!

研いだ米に白だし+醤油+酒+かつおだしを注いで、サザエの実を並べて針ショウガを乗せて炊き込みます。

今回は具がサザエだけで体積に余裕があるので、最大炊飯量の3.5合を炊いてみます。

Lr-RIMG1163.jpg

サザエご飯がメスティン一杯パンパンに炊き上がりました(゚∀゚)

たぶん3.5合の白米を炊くとメスティン型の白ご飯ブロックができるぐらいパンパンだと思います。いまのところ失敗知らずで美味しいご飯が炊けています♪



庭に出て今年初めて栽培してみたニンニクを試し掘り。

Lr-RIMG1153.jpg

植え付け時期が遅かったので十分に育ち切らなかったのか細いものが多いです。良いニンニクにするのは難しいうえに肥料喰いだと聞きますが、晩秋に蒔いて夏野菜を植え付けるころに収穫が出来るので、また来年トライしてみましょうかと。

Lr-RIMG1156.jpg

もうちょっと葉が黄色くなるまで待ってから収穫するそうですが、生ニンニクを料理で使ってみたかったので掘っちゃいました。


生ニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒めて香りが出てきたところにバターをひと固まり溶かして、肝・ヒモ・口を入れて軽く炒めて醤油をひと回し入れて完成です。お手軽に和風エスカルゴ的な物を作ってみました。

Lr-RIMG1162.jpg

美味いです!生ニンニクは小さいですがいい香りがします。見た目と香りに庭からパセリを取ってきて刻んで入れてもよかったですね(*‘ω‘ *)

築地に遊びに行った両親が大丸東京で美味しいバゲットも買ってきていたので、それに合わせて食べるように作ってみましたがご飯にも合いますねw


しかし、大丸百貨店は元気なのにダイコーは待っても待っても後継メーカーが出てきません。ロッドコムはルアーロッド出さないしもう見切りをつけるしかないんですかね( ;∀;)




昨日はお客さんにアサリを頂いたので砂抜き中。天然モノですが地元産なのでちょっと微妙( ̄д ̄)

口が悪い人はドブアサリとか言っちゃうでしょうw

Lr-RIMG1164.jpg

スーパーで売ってるアサリやシジミだってどんな所で獲れたかわかったもんじゃないですし、食べちゃえば美味しいのは間違いないんですけどw


何を書けば良いのやらw [休日]

火曜日はソロで出撃。いつもの磯がダメすぎるので、数年前までホームにしていた磯に来てみました。

あまり人気の無い磯なので夜明け一時間前に到着してもやっぱり誰も居ません。



Lr-RIMG1114.jpg

今週は波っ気が全然ないので、お土産のヒラスズキを狙うなら薄暗い間かなと早目にエントリーして、磯際のサラシを狙ってみましたがサカナは出ません。

道中にいくつかヒラスズキが着くポイントも有りますが、潮位が高くて波が無いので全然サラシが足りなくてスルーです。


Lr-RIMG1125.jpg


少し潮が下げだすとヒラ師が苦労しながらも干潮時限定の磯に向かいます(=_=)


。。。

。。。



Lr-RIMG1133.jpg

今日も”。。。”を二行ですよ。全く何もなくって嫌になりますねw

昨日のエリアよりは1℃ぐらい水温が高そうで、潮も澄んでいて浮遊物も無く、ソコソコ流れもある感じだったんで、サカナも回ってきそうな感じはあったんですけど。

ソロだったので頑張って4時間ほど投げ倒して来ましたけれども、ただの筋トレにしかならなかったですね。右手薬指の骨折が治りロッドの握りがちゃんと出来るようになったので丁度良いリハビリです(´・ω・)



Lr-RIMG1124.jpg

夜明け頃から手前島で青物ロッドを振っていた方が最近ここに通ってるそうなので話をお聞きしましたが、今年はこのエリアも全然ダメみたいですね。自分が通っている何時もの磯と同じような状況で、はぐれ回遊のヒラマサが何本か上がったのを見た程度だそうです。


Lr-RIMG1129.jpg

隣磯にもその向こうにも青物狙いのアングラーが乗っていますが、誰もサカナを掛けていませんでしたね_(:3 」∠)_



いったんクルマに戻ってヒラスズキロッドだけ持って干潮時限定の磯に。アーリーエントリーしていた人が上がり、二番手の人も上がったので誰も居なくなっています。ポイントは叩かれちゃっているでしょうけど、イワシでもちょろっと入れば新しいサカナが入っているかもしれません[手(グー)]

Lr-RIMG1136.jpg

朝の干潮で潮位が低いので偏光グラスをしていればエントリーが楽です。水が冷たいので浸かる気にはなりませんから嬉しいです。

Lr-RIMG1139.jpg

春にはワカメ地獄になっていたエリアも雌株と茎だけが溶け残っているのみです。ヒラスズキの方はツルっツルの丸坊主でした。

Lr-RIMG1145.jpg

帰り道のワンドの藻穴にはカタクチっぽい魚影が2尾と小コノシロっぽい魚影が5尾ほど。ここは広大なフラットが干上がる過程で残された魚が集まるんですが、コハダっぽいベイトは初めて見ました。



Lr-RIMG1148.jpg

キジってルアーで釣れるかな(´・ω・)




ヒラマサタックル
NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW8000HG + HARDCOREx8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 60lb
ヒラスズキタックル
CBSS-116SRS + 14AR-C AERO CI4+ 4000XG + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb


春霞 [休日]

今週も月曜日火曜日で磯通い。F村さんは「ナイスな釣果期待してますよ[るんるん]」と出撃拒否。

まぁ釣れていませんからね。文末の”[るんるん]”から余裕が感じられます(#^ω^)


ソロ出撃でしたがO野さんが付き合ってくれましたので、自分が忘れてしまった青物の釣り方を教えてもらいます[手(グー)]


GWに働いた組で磯も混み合うかと思いましたが、夜明けマイナス一時間に到着すると駐車車両はU村さんとO野さんだけで、その後にE原さんが到着して夜明け前にエントリーするのは四人だけでした、U村さんE原さんは青物狙いの磯に入るそうで、我々もそこに入るのかなと思っていましたが…

O野さん「青物はもうイイっすよ( ̄д ̄)」…まぁ遠征で嫌と言うほど青物狙いをしてきたそうですからねw


自分も青物狙いの磯に入るにはクビまで冷たい水に浸かりますし、お土産話を聞きに来たようなもんですから一緒にサラシ場の隣接磯に入ります。頑張ったって今日も青物は釣れませんよw

Lr-RIMG1080.jpg

黄砂で煙った大気の中から太陽が上がって来ました。黄砂の量が多すぎて入射角が浅い時間帯には、太陽光が大気を透過出来ないほどでした。

これだけ黄砂が濃いと咽喉がイガラっぽくて気分が悪いです。

Lr-RIMG1095.jpg 

見た目は綺麗なんですけどね(=_=)


。。。

。。。



Lr-RIMG1104.jpg

O野さんと潮の下げた磯場を歩いて回ります。ヒラスズキの着き場が水中でどうなっているのかが判ると面白いです。潮が下げてから釣り人が三、四人増えましたが、釣れている様子は見えませんね。


ちゃんと夜明けから二時間ほど投げ倒しましたが全くの無反応。まぁそれも予想通りで慣れちゃいましたよ(^ω^)

Lr-RIMG1111.jpg

それから二時間ほどお土産話を聞いたりプラプラしたりして、浜に降りてきた漁師のおっちゃんとお喋りして上がって来ました。

着替え終わって眼下に磯が見える場所に来てみましたが、夜明けから入っていたU村さんとE原さんはもう上がったようですね。もうちょっと待ってればお話しできたんですが、イワシが入ってヒラスズキのバイトがあったみたいです。



Lr-RIMG1112.jpg

最近は行っても行っても潮が悪すぎて、夜明けだけしっかりと頑張ってすぐ撤収しちゃってます。

Lr-RIMG1113.jpg

帰り道で気になったのはナガミヒナゲシがとんでもなく勢力を増しちゃってます。何処に行っても道路端を中心に群落をつくっていて、花のサイズがずいぶん大きくなっていて芥子坊主もそれに合わせてデカいです。

花は綺麗なんですけどこんなになる前に駆除しないといけませんよ(´・ω・)




ヒラマサタックル

NSS-1062PLG + 10BIOMASTER SW8000HG + HARDCOREx8 #4.0 + シーハンター #8 + POWERLEADER CN 60lb


ヒラスズキタックル

CBSS-116SRS + 14AR-C AERO CI4+ 4000XG + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb