So-net無料ブログ作成

年度の締め日に [日常]

昨日夕方、右手薬指の先をクルマのドアに挟みました(+o+)

ドアを開けて車外からトランクの開放レバーを引いて、ドアを閉めようとしたときに指先がドアのエッジに残っていたんです。 

Lr-DSC08018.jpg

昼頃には内出血が第二関節付近まで散らばって良い色になってきちゃいました。

 

Lr-RIMG0725.jpg

朝はこんな感じでした。第一関節の真ん中あたりが赤黒くなってパンパンに腫れています。 

もともとパンパンだからわかりにくいですね。 

Lr-RIMG0723.jpg

それでも横から見ると判り易かったりします。 

 

指の先をヒビか骨折させちゃったのは解っていましたけど、早く腫れを治す方法をききに病院に行ってきました。ボルタレン大量ゲットのチャンスですしw

 

病院はすごく混んでますね[あせあせ(飛び散る汗)] 

9時前に診察券を出しに行ったら、診察の順番が回ってくるまで90分程かかるとのこと。いったん自宅に帰って10時過ぎに病院に戻りましたが、そこから診察室に呼ばれるまでが60分程かかりました。

自分「クルマのドアに挟んで骨折しちゃいました(・ω・)」

お医者さん「あーこれは折れてますねwレントゲン撮りましょ。」 

P_20170331_105330_vHDR_Auto.jpg 

お医者さん「あー粉砕骨折ってヤツですねw」 

自分「へっ?(;'∀')」

レントゲンで見ると薬指の先っちょの骨にY字型に切れ目が入っていました[バッド(下向き矢印)] 

お医者さん「まぁズレたりはしていないから、手術の必要はありませんが、手足の末端の骨は治りが遅いんですよね」

自分「まぁそれなら腫れが引くまで痛みを我慢して、自然に治るのを待つだけでいいんですか?」「早く腫れを引かすはどうすれ良いんでしょう?」

お医者さん「早く腫れをひかせるには当て木をして固定するのが一番ですね」 

それが基本でしょうけど職業柄それは無理なんですよね。お医者さんに無理ですと伝えると、暇があったら常に冷やすのと、なるべくテーピングで圧迫固定しておいてくださいと言われました。

まぁ、関節に異常も無いし骨片のズレも無かったんで一安心ですよ。

痛みに耐えて仕事を頑張って、休みの日に出漁自粛を申し付けられないようにしないと[手(グー)]

 

あ、期待した解熱鎮痛薬はロキソプロフェンでした。ガッカリ。

抗炎症作用はボルタレンが強いんですけど、効果には骨折痛の記載が無いんですね。薬局で変えられないか聞いて見れば良かったかなぁ。ロキソプロフェンは市販薬を思いっきり買い込んであるから、ボルタレンをたくさん出して貰えた方がうれしかったのにw

貼り薬はロキソプロフェンテープの小さい方でした。どうせ指に貼るためには細く切るんだから、大きい方が良かったですよ。

 

いちおう二週間後に経過を見せてくれとのことでしたが、指の骨折ぐらいだと炎症が収まったら大して痛くないんですよね。お薬欲しいから暇だったら見せに行きますけどw 

 

 

 

 

 


んまい? [日常]

Lr-DSC07893.jpg

 

Lr-RIMG0625.jpg

薄力粉・ラード・上白糖。 

Lr-RIMG0626.jpg

ラード100gを湯煎して上白糖100gを混ぜます。ジャリジャリ。

Lr-RIMG0627.jpg

よく混ざったら薄力粉100gを混ぜます。テロテロ。 

Lr-RIMG0628.jpg

また上白糖100gを加えて混ぜ、またまた薄力粉100gを加えて混ぜます。モソモソ。 

Lr-RIMG0629.jpg

ピンポン球大に丸めて冷蔵庫で固めます。ラード1:薄力粉2:上白糖2で作ったお団子です。

これをオーブンで焼けばちんすこうの出来上がりです☆

・・・

嘘じゃないんですが、これは焼きません。焼かないで庭に吊るして置くと野鳥が集まってきます。

 Lr-RIMG0719.jpg

このぐらいだと二日で食べきっちゃいます。

太りすぎて飛べなくなっちゃいそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

 

Lr-RIMG0715.jpg

コッチは糖蜜の入った壺。メジロ用なのですが…

Lr-DSC07961.jpg 

ヒヨドリがホバリングが上手になっちゃって困りますw 

 

 

 

 

 

 


カーボンチューブラティップをカーボンロッドとカーボンチューブで補修する [メモ]

先月の釣行でヒラスズキロッドのストームミリアー TMSRS-110/11のティップを折ってしまいました。

Lr-RIMG0418.jpg 

ダイコーの釣り竿事業は終了してしまいましたが、アフターサービスは2020年3月末まで維持してくれる予定になっていますので、当該部品(TMSRS-110/11 #1)は¥35100+税・送料で購入できます。

でも先日5番ガイド折れを修理したばかりで悔しい勿体ないので一応修理してみようと思います。

ティップは61mm程のところで折れています。切り詰めて各ガイドの配置を調整するのが無難そうな感じで使えそうですが、折角ですから折れた場所をにカーボンチューブの中芯を挿して継いで、外側にもカーボンチューブを被せて補強する方法で直してみようと思います。

補修に使う材料は去年の八丈島で折ったN-ONE NSL-黒鯛 #1のティップ材です。中芯も外筒も丁度いい太さの材料がとれそうです。ストームミリアもナノカーボンチューブラティップで強化されること間違いなしですw

 

そうと決まったら適当に作業を進めていきます。 

Lr-RIMG0647.jpg 

まずはミリアーの折れた箇所にN-ONEを挿しこんでどこら辺の材料を使えばいいかアタリをつけます。ミリア><N-ONEで挿し込んでピッタリ嵌る位置を使います。

Lr-RIMG0648.jpg 

この辺ですね。ミリアの内径=N-ONEの外径は2.3mmです。

Lr-RIMG0649.jpg 

芯材は先側20mmと元側20mmぐらい入れ込めばいいでしょうか。この位置から20mm元側でカットします。先側はまだカットしません。

Lr-RIMG0650.jpg 

切断はリューターに切断砥石ディスクを付けて切り取ります。縦方向の繊維の束なので鋸で切ると繊維が剥がれたりしちゃいますからこの方法がベストかなと。 

Lr-RIMG0651.jpg 

材料の接着面をブレクリで洗浄してから、ミリアーの元側の根元からN-ONEの先側を入れてエポキシで固定します。N-ONE>ミリア>のテーパーで差し込みます。

Lr-RIMG0655.jpg 

ミリアーの元側の先端から出てきたN-ONEのティップを抓んで隙間にエポキシを盛ったら、回しながら出し入れして、内側の接着面にエポキシを塗りつけてから引っ張り出して硬化させます。

Lr-RIMG0652.jpg

エポキシは30分硬化型のモノを使うと作業時間も余裕がありますし、硬化後の強度や靭性も高いような気がしますw 

Lr-RIMG0656.jpg

ミリアの先端から出ているN-ONEを引っ張ってテーパーで嵌まり込む位置で固定します。 真っすぐに出ていることを確認したら、余分なエポキシを拭き取り垂直に逆さ吊りで一晩放置して完全に硬化させます。

 

硬化待ちの間に外側に被せるチューブを切り出します。ガイドが付いた状態で被せるには、緩めになるように径の大きな部分を切り出し、折れた箇所にスレッドなどを巻いて径を調整して被せるか、ギリギリ+αの径を確保して隙間にエポキシを詰めて固定するかでしょうね。

ティップがあまり重く硬くなっても困りますから、外筒は元側10mm+先側10mmぐらいにして、エポキシだけで固定する方法でやってみます。  

 

Lr-RIMG0658.jpg

被せるN-ONEのチューブの肉厚を測ります。厚さは0.35mmぐらいですね。ミリアの折れた箇所の外径が2.3mmでしたから...

Lr-RIMG0660.jpg 

[0.35*2+2.3+0.1*2=3.2]ぐらいですかね。0.1*2の部分はエポキシを流し込んで固めるギャップ分です。

N-ONEの外径3.2mmになる箇所を外側の補強材用に切り出します。 

Lr-RIMG0661.jpg

取り敢えず外径3.2mmの箇所から根元側に10mm程の位置で切断したN-ONEに、ミリアの折れたティップを差し込んでギャップが丁度いいか試してみます。 

Lr-RIMG0662.jpg 

丁度良さげでしたのでここで被せる分の21mmに切り出しました。3.2mm点から元に10.5mm、先に10.5mmで切断したことになります。 

 

翌日。

Lr-RIMG0662-001.jpg 

ミリアの元側に10mmの位置にマスキングテープを巻いて位置決め、突き出したN-ONEは20mmの位置でカットします。 

Lr-RIMG0664.jpg

部品が揃いました。これをエポキシで接着すれば組み合わせます。 

Lr-RIMG0666.jpg

両側に0.5mm長く切り出した外筒材は、角を丸めてエッジをとるためです。紙やすりで丁寧にやすりました。 

Lr-RIMG0668.jpg

接着面にエポキシを丁寧に塗り込んでから組み合わせて、丁寧に位置決めをしてまた一晩放置します。 

 

さらに翌日。 

Lr-RIMG0669.jpg

硬化したのでマスキングを剥がしました。端にエポキシが溜まって硬化していますが、位置決めもピッタリと決まっています。 

Lr-RIMG0670.jpg

溜まっているエポキシを削り取って、外筒の肉厚を紙やすりで削っていきます。

内軸と外筒とエポキシで強度が過剰になっているでしょうから多少削りすぎても大丈夫な気がします。あまり段差が無い方がライン絡みなどのトラブルも減るでしょうからクルクル回しながら均等に表面を削ります。 

Lr-RIMG0675.jpg

プロッターでマスキングシートをカットして。スプレーを吹きます。

Lr-RIMG0712.jpg 

最後の最後で失敗しました[もうやだ~(悲しい顔)]

寂しいからロゴを入れようとしたのですが、マスキングシートへの攻撃性の高い塗料だったようで、シートがふやけて文字が歪んじゃいました(/ω\)

まぁこれも味ですからこのまま使ってみようと思います。 

Lr-RIMG0713.jpg 

遠目には割とスマートに直ったように見えますねw 

上出来上出来♪ 

 

 

 

 


タグ:ロッド修理

雪、積もってるよ [休日]

今週は月曜の一日だけのお休みです。久しぶりにF村さんと出撃してきました。

午前四時前に駐車スペースに到着、前日の予報だと既に雨は上がっているはずでしたが現地は本降りの雨。先行者は近所の公園にMさん、海への降り口の路肩にも見知らぬクルマが一台。自分は三台目でしたが程なくしてO野さん・I田さん、その後にI田さんのご友人、最後にF村さんが到着。この寒い雨の中で物好きが7人も夜明け前から磯を目指します。

 

暗いうちにMさん、いつの間にか先行者さんが出撃、明るくなってきてO野さん・I田さん・I田さんの友人が降りて行きますが、F村さんは支度もせずに爆睡中w 

待ちきれずに起こして支度を促します。 

 

…すっかり明るくなっちゃいましたw 

Lr-RIMG0702.jpg 

既にO野さん・I田さん・I田さんのご友人がヒラマサ狙いの磯、先行者さんが楽な磯のヒラマサが狙えるポジションに入っています。

ヒラマサ狙いのつもりで来ましたが、今日は楽磯でヒラスズキの練習をしろということなのでしょう。ヒラスズキ狙いの立ち位置に入って遠くの先行者さんとお辞儀を交わしてスタートします。 

もうすっかり明るいですが波っ気はまずまず。ウネリじゃないのでサラシの厚みとパワーがありませんが、まぁヒラスズキも出なくはないでしょう。 

Lr-RIMG0685.jpg

程なくしてバイトを拾いましたが針掛りせず。F村さんに当たったよ宣言をしましたが後が続きません。F村さんに場所を譲って磯の周囲のサラシを撃ち歩きましたが反応なし。 

先行者さんも拠点に上がってこられたので、お辞儀しかしていなかったので挨拶と情報交換。良い方でしたのでちゃんとご挨拶してよかったです(*'▽') 

Lr-RIMG0692.jpg 

先行者さんはヒラマサとヒラスズキのインターミディタックルを使っていましたが反応は無かったそうです。F村さんもサラシ撃ちを諦めて戻ってきたので、先行者さんに場所を譲って2人して駄弁りながら眺めていました。

先行者さんも暫くサラシを狙っていましたけどアタらなかったそうで、周辺エリアをパトロールに行くと上がっていかれました。

 

F村さんが浅瀬を渡って離れ磯に乗ってヒラマサを狙うというので、自分はその前に再びサラシをチェックします。 

MAH00149(1).jpg

と、ヒラスズキがヒット!

今回はちゃんとフッキングしたようで、慌てて肩口のアクションカムの電源を入れてサカナを寄せてきましたが、ちょうどウネリが入ってサラした中を抜けるときにフックアウトしちゃいました。 

澄んだ潮の中でコヒラじゃないヒラスズキが見えていたのでちょっと悔しかったですが、食わせるところまではだいぶ上達した実感が有るので嬉しさの方が勝っちゃいました(*'ω'*)

 

F村さんは離れ磯に渡らずに自分が掛けたサラシを撃っていましたが、あまりの寒さに戦意喪失して風の当たらない場所に戻っちゃってますw 

Lr-RIMG0704.jpg 

Mさん・I田さん・I田さんの友人が撤収され、暫くしてO野さんも撤収されましたので、我々も併せて上がることにしました。

 

まだ時間が早いので転戦します。 

Lr-RIMG0706.jpg

前線が通過してやっと雨は上がりそうですが、北風はさらに強くなって来ています。 久しぶりのF村さんはすでに心折れていて、 もうセミドライスーツを脱いで昼寝をすると。

とんだF抜け村さんにはガッカリですが、苦手なヒラスズキの食わせ方が掴めてきたので、ソロで練習しに磯に入りました[ドコモポイント]

MAH00153(1).jpg

ザブザブ浅瀬を歩いて辿り着いた磯は釣れそうなサラシが広がっていますが、ほぼ正面から風が吹き付けていてルアーが勝手に流れてしまうので何をやっているか分かりません[バッド(下向き矢印)] 

こういうシチュエーションでもなんとかなる釣り方もあるのでしょうけど、自分が練習したい釣り方では全然通用しませんでした。

ウネリに運ばれたラインがシモリにかかって高切れしちゃったのでそのまま撤収。遠くから次の雨雲が近づいてきているのが見えたので急いで撤収して着替えちゃいました。

 

仮眠から覚めたF村さんが君津の『友里本店』で飯にしましょう!というので山越えをしたのですが… 

Lr-RIMG0709.jpg

標高の高い清澄を避けて、小湊から養老渓谷を抜けて亀山に出て君津まで行くルートを選んだのですが、勝浦ダムの先から養老渓谷の辺りでも凄い雪が降ったようです。標高の高い山間では路面にシャーベットの轍が出来ていてちょっと焦りました。 養老渓谷から小櫃に抜けて木更津に出てから君津に行くルートに変更です。やっぱり清澄を登っていかないでよかった(;'∀') 

 

昼下がりの九州ラーメンとチャンポンのお店は混んでいましたね。寒い日には食べ物で温まるにはぴったりですし、春休み中なので子供連れのパパママやジジババが多かったです。 

Lr-RIMG0710.jpg

チャンポン大盛りとごはん並盛を食べたらお腹いっぱい過ぎて後悔。このぐらい平気だと思ったんだけど(/ω\)

 

ヒラスズキタックル 

CBSS-116SRS + 13AR-C AERO Ci4+ 4000XG + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 25lb 

 

 


A.満足ですよ。感謝していただきます。 [日常]

火曜日に近所のスーパーで千葉県産の背黒いわし=カタクチイワシが売っていました。

P_20170321_144500_vHDR_Auto.jpg

『唐揚げ フライ等はいかがでしょうか』ですと。

アタマの周りから血が滲んでいるのも嫌ですが、腹が緑がかった茶色に変色して破れかけてます[たらーっ(汗)] 

カタクチイワシ自身の持つ酵素で自己消化されているんで、獲ったその場で氷漬けにでもしないとあっという間にこうなります。加熱用とはいえこの鮮度では…

月曜日の夜明け前の磯でカタクチイワシのアシの早さについて男6人で語らったのを思い出しましたw 

鮮度の良いモノを荷造りテープで三枚におろして、生姜醤油で食べるのは美味しいんですけどね。 

 

O野さんに頂いたヒラスズキ。

Lr-RIMG0637.jpg

氷漬けにして寝かせて、水曜日にお刺身で頂きました。やっぱり文句ない美味しさです[黒ハート] 

Lr-RIMG0641.jpg

さらに翌日、残った半身はポワレでいただきます。美味しいですが皮目にもクセが無さすぎって言えばなさすぎなんでしょうか? 身自体はふわふわで美味しいサカナですよね。

Lr-RIMG0642.jpg

またしても内臓脂肪がタップリのヒラスズキでしたのでアラはアラ煮で頂きました。コクがあってとても美味しいんですが、脂がきつ過ぎてアラ汁には向かなそうな感じですw 

 

Q.満足ですか?自分だったら釣れていないのに魚だけを貰うことはしません(F村) 

A.釣れてねーから恵んでもらったんだよ!こんちくしょー!

 

 


タグ:独り言ち