So-net無料ブログ作成

そっくりなんだけどなぁ [休日]

今週の月曜はソロ出撃!そろそろヒラマサが欲しいので外房で頑張ります[手(グー)]

と、気合を入れていたのですが、午前三時に起床して着替えてさぁ出発しようとしたときに、同じく本日出撃のO野さんからメールが着信、どうやら外房磯はこの時間ですでにエントリーしている遠征組の方がいる様子。今週は朝マヅメの潮位が高く釣り座が限定されるので、他を当たった方がいいかもしれません。

O野さんが南房を目指すことにするというのでご一緒させてもらいました。 

 

 

Lr-RIMG0152.jpg

朝マヅメは手堅くヒラスズキ狙いの磯に入ったのですが、全くのベタ凪で磯際で小さなウネリがサラすぐらいです。足元でO野さんがワンバイト拾いましたがすぐにフックオフ。沖の離れに泳いで渡る気でこの磯に来ましたが、全然波が無いのは沖の離れも一緒なので泳ぐのはやめておきましょうとw

北風は思ったよりも弱かったのですが曇天模様の凄く冷たい風だったので、この時間に全身を濡らして気化熱を奪われては早期リタイアの元になります(=_=)

 

あまり粘らずに次に入るポイントを探します。海を眺めながら走っていると鳥が舞っているのを発見[目] 

Lr-RIMG0156.jpg

自分「あ、F村さんだ」

クルマを止めて砂浜を眺めていると会社メンと釣りに来ているF村さんを発見しましたw 

手を振ってO野さんが呼びかけると、F村さんも気が付いた様子でこちらに歩いてきます。

F村さん「鳥が来てイワシが打ちあがってますよ!」

確かにF村さんの足元には打ちあがったばかりのイワシがピチピチしています[グッド(上向き矢印)] 

このエリアは前日にM園さんが面白かったと教えてくれた場所です。面白かった場所に面白くなるモノがある様子ですから急いで浜に入ります。 

O野さんと自分は小さな流れ込みを渡って釣り歩きます。すぐにでもサカナの反応があると思ったんですが、全く反応がありません。一時間ほど頑張りましたが移動します。 

 

高台の駐車場にクルマを止めて海を眺めると、眼下の磯際にボイルが見えて鳥も刺しているのが見えます。しかも、このエリアの中ではサカナを掛けてから取り込むのが容易な磯です。またしてもチャンスです[ぴかぴか(新しい)]

Lr-RIMG0166.jpg

急いで磯の近くの駐車場に移動してエントリーします!

O野さん「今日は歩くの早いですねw」

そりゃあチャンスをモノにしたい一心で足も速くなります。いつもは滑って手を怪我するのが嫌なのでものすごく慎重に足場を選ぶんですが、この磯は滑りにくい岩質で生えている海藻も滑りにくいので閾値を下げて急ぎます[ダッシュ(走り出すさま)]

キャストポジションに到着してさぁ投げようと思いロッドにぶら提げていたルアーを交換しようとすると、急ぎすぎてブラブラしていたルアーのフックにメインラインがグルグル巻きになっていました[もうやだ~(悲しい顔)]

一生懸命フックに絡まったラインを解いていたのですが、結局はメインラインが傷んでしまったのでリーダーを切って結び直す羽目に…O野さんは二投目で青物っぽいバイトを獲ていましたが、またしてもフックアップしなかったようです。

鳥も隣磯の方に移動して行ったので我々も移動しようかと思ったのですが、いつの間にか隣磯の先端ハナレ三ヶ所には三人のアングラーが入っていて鳥山を狙っています。 ボイルを射程圏に捉えて投げ込んでいるのですがサカナを掛ける様子は見られません、 

ここでは暫く粘ってみましたが隣磯からも鳥が離れてしまったので、鳥が集まっている少し離れたエリアにクルマで移動します。 

 

さっきまで鳥が集まっていたエリアに到着しましたがすでに鳥は抜けちゃった様子。同じように鳥につられてF村さんも来ていました。 

が、到着早々に海面でボイルするヒラメを発見。先行者の方に声を掛けるとさっきからこの状態が続いているそうです! 

MAH00095 (2).jpg

ワンド状の砂浜にはイワシが追い詰められていて、50cmぐらいの小さめのヒラメが盛んに海面上に飛び出してきます。

イワシに対しては盛んにボイルを繰り返すもののルアーを完全に見切っているようで、先行者さんも何とか40㎝を欠けるぐらいのソゲを一枚獲っただけで達成感に浸っているようでしたw 

青物やスズキと違ってヒラメのボイルは海面上に完全に飛び出すので、見てるだけでもテンションが上がりますね[グッド(上向き矢印)] 

10分ほど砂浜で撃ってみましたが反応が無かったので磯の方に移動します。 

 

O野さんに案内して貰って今回初めて乗ったこのエリアの一級磯ですが、ベタ凪ぎ干潮でもどうにも足元が悪いですね[あせあせ(飛び散る汗)] 

Lr-RIMG0170.jpg

大まかな地形についてレクチャーしてもらいましたが、今まで入ってきた中でもトップクラスに厳しい磯ですねw

狭い足場で射線もメインのお立ち台からがとり易そうなので、本気で獲りに行くときにソロで挑むポイントなんでしょうか。 自分には潮位が高くて波ウネリが有る日は入れる気がしません。

生憎とこの日は誰かが撃った後なのか、潮がない上にサラシが薄すぎたのか、サカナが喰ってくれませんでした。  

Lr-RIMG0172.jpg

砂浜でヒラメ狙いに精を出すF村さんもまだキャッチできず。午後にお仕事の予定が入っているO野さんともここでお別れです。 

 

丁度お昼です。いつもなら一緒に上がっちゃうところですが今日はもう少し頑張ってみます[ぴかぴか(新しい)]

Lr-RIMG0173.jpg

ボイルが近かった磯場に戻って投げながら回遊を待ちます。

一時間ほど集中して投げ倒しましたが反応無し。気が付くと遠くの岩場の向こうに鳥が集まって来た様子。

もういい加減疲れてますけども釣竿を担いで砂浜を歩いて向かいます。 

Lr-RIMG0174.jpg

ひたすら歩いて鳥が見えていた辺りまで来ましたが、上空を飛んでいたカモメが消えて水面ではウが潜って残ったサカナを追いかけているのみ。

こうなるともう終わっちゃっている状況なんですよね[たらーっ(汗)]

Lr-RIMG0176.jpg

周辺をしばらく撃ち歩いてみましたがサカナの反応は有りません。 

待っていればまたサカナが追い込まれるかもしれませんが、ちょっと疲れたのでクルマに戻って休憩タイム。

ずっと歩いて来ちゃったのでクルマまでが遠いです_(:3 」∠)_

Lr-RIMG0179.jpg

戻る途中で潮だまりにイワシが居たので捕まえてルアーと並べてみましたが、ちょうど良い色に良い形に良いサイズ感なんですよね~ 

なんで喰ってくれないんでしょうか? 

 

夕マヅメに再びベイトが寄っていることを期待して一時間ほど仮眠をとり、海を眺めてみましたが鳥の姿は綺麗さっぱり消えていましす[バッド(下向き矢印)] 

付近一帯をクルマで移動して海を眺めましたがどこも静かな海に戻っていたので、諦めてウェットスーツを脱ぎました。3時にウェットスーツを着て16時過ぎに脱ぐとか久しぶりに長時間の釣りです。

結果的にサカナは釣れませんでしたが、八丈島では全然頑張れずに不完全燃焼してきたので、モヤモヤしてた気分がだいぶ晴れました(*‘∀‘) 

 

ヒラスズキヒラメ青物タックル

TMSRS-110/11 + 13STELLA SW5000HGS + X-wire8 #1.5 + POWERLEADER FC 30lb 


忘れたい忘れたい [休日]

搭乗予定の月曜の第一便が天候調査中で出発予定30分前までチェックインすらできずに心配しましたが、「出発地に引き返す場合あり 」の条件付きフライトで無事に島に到着できました。ちなみにこの飛行機もB737-800からA320に変更されていました。

マイル特典航空券は予約便が欠航ならマイルの払い戻しが受けられ、予約してある島の宿も欠航が理由のキャンセルではキャンセル料は発生しません。いっそ飛ばなきゃ良かったんですよ。 

ちなみに月曜日は橘丸は欠航、 航空機の第二便と第三便も欠航。火曜日も橘丸は欠航、航空機は第一便が欠航していました。

月曜は春二番が吹いて南西の暴風。火曜日朝から昼にかけては風向きが北に変わったものの風の強さは変わらず、昼過ぎになってから幾分風は落ち着きました。

 

八丈島でルアー青物が狙える堤防は八重根低堤、藍ヶ江、底土、神湊の四ヶ所だと思います。他は浅かったり潮通しが悪かったりと、八丈島二回目の自分にはあまり選択肢がありません。「こういう時にはここにも入ってくる」とか「この時期はこんな所でも」とか地元アングラーは知っているんでしょうけどね。

四ヶ所の中で神湊の軍艦堤防は未だに潜水工事中で明確に立ち入り禁止、底土の堤防は立ち入り禁止の柵が以前よりも増設されていました。それでも入ろうと思えば入れそうですが、テトラポッド製造資材の積み下ろしに岸壁を使っていて常に関係者さんの目があります。残りの二ヶ所の八重根低堤と藍ヶ江も月曜日火曜日と大波に洗われていて釣りどころじゃありません(´-ω-`)

「一周ぐるっと海なんだから風裏や浪裏を探せばどこかで釣りは出来るでしょ♪」とか思っていましたが、とにかく風が強すぎて風裏でも風が巻いていて釣りなんかできる状況じゃありませんでした。

月曜火曜と海眺めて温泉入って山に行って温泉入って海眺めて温泉入って...... 

 

 

水曜日にやっと凪ぎました!

5時半に起きて宿を抜け出し鉄板ポイントの八重根低堤に出撃しました、宿のチェックアウトが10時ですから8時半までここで朝マヅメを撃ちます[グッド(上向き矢印)]

Lr-RIMG0118.jpg

先行者は地元民のルアーマンが一名、タックルと釣り方を見るとカンパチ未満クラスをジグで狙っているようでした。この時期は堤防が波を被ることが多いようで、低堤全体に海苔が生えていて滑りやすかったです。 

MAH00074 (2).jpg

昨日一昨日の時化が嘘のようなベタ凪。  

MAH00074 (3).jpg

6時半ごろに地元のお爺ちゃん連中が来て釣りを開始、泳がせの餌にするムロアジ狙いを始めてすぐにシマアジにラインを切られたりしてサカナっ気はある様子。

その後で尺近いムロアジを足元で泳がせていたお爺ちゃんが1キロ半ぐらいのショゴを釣り上げたので、自分もやる気になって頑張りましたがたまに尺ムロアジが当たってくるぐらい。

泳がせの様子を眺めていると餌のムロアジが何かに追われてウキが走り回ったりするもののアタックには至らず。 

 

 

状況が膠着しちゃったので予定通り宿に戻り、朝食をとってシャワーを浴びてチェックアウトして八重根低堤に入り直しました。

Lr-RIMG0122.jpg 

離れている間にも泳がせのお爺ちゃんたちには何も当たらなかったそうです。

ムロアジは入れ食い状態なのに泳がせはダメっぽい雰囲気でしたが、「何でも良いから掛かってくんねーかな?」とボヤいていた泳がせのお爺ちゃんに結構なサイズのサメらしき何かがヒット!

一生懸命ファイトしていますがひたすらに重い引きとの持久戦で疲労困憊、最後には堤防に座り込んでヘトヘトになりながらも近くまで寄せましたが、結局浮かせらないままで堤防の基礎ケーソンに巻かれてラインブレイク。貌ぐらい拝みたかったですよねw

ムロアジも寄っていてフィッシュイーターも着いていそうですが、ジギングの自分にはアタリも何もなし。

Lr-RIMG0121.jpg  

ライトタックルでアジング用のハードルアーを投げればムロアジは釣れます。

…これを泳がせちゃおうかな[爆弾] 

一人だからって禁じ手を使うのは恥ずかしいので止めておきますが、泳がせタックルでも有ればやってみたいです(*'ω'*)

 

このまま終わっていれば「三連休で八丈島まで行ったけど三時間半しか釣りができないで、頑張ったんですがムロアジしか釣れませんでした(/ω\)」で済んだんですけどね。 

 

 

 

と、隣でひたすらムロアジを釣ってはクーラーに突っ込んでたお爺さん。さっきから追い食いを誘ってムロアジを走り回らせていて、邪魔くせーなーと思いながらも実害がない以上は文句をいう筋合いじゃなかったんで黙っていたんですが、ムロアジが4尾針掛りしてノーコン状態になったウキサビキ仕掛けが横走りして、フルキャストでボトムを取った直後の自分のラインに交差しました。

マジかよ[むかっ(怒り)] 

MAH00080 (2).jpg

走り回ったムロアジはサビキ仕掛けが絡まってグチャグチャです。自分のラインもサビキの針に絡めとられています。

サビキ爺「解けない」

…イラッ(# ゚Д゚)

お前が走り回らせてトラブルの原因を作ったんだから、お前は「解けない」じゃなくってサビキの針を切れよ[パンチ]

俺「貸してください」

ムカついたので絡み具合も確かめずに自分のラインをサビキ針の上下でカットしてやりました。

俺「はいどうぞ(-_-メ)」 

MAH00080 (3).jpg

フルキャストした分のPEを手巻きで回収するの大変でしたよ。クソが。

80m程のPEを失って一気にやる気もなくなりました。残りは200m程は残っていますが飛距離もガタ落ちでしょうし、次にまたトラブルを起こされたら我慢できなさそうですからもう止めます。

Lr-RIMG0125.jpg

この頃には風もまた吹き出して来ていてライトゲームで釣れそうなのは、この堤防のムロアジくらいしかない状況なのですが、いまさらムロアジを釣る気もしないです。

こんなことが無かったらムロアジは食べたことが無かったのでお土産用にキープしてみたかも知れませんが、気分が悪かったのでそのまま納竿しちゃいました(#^ω^)

三連休を利用して八丈島まで釣りに来たものの、朝マヅメ2時間半+昼前1時間しか釣りをせず。すごく不愉快な終わり方をして帰ってきたお話です。 

 

ジギングタックル

NSS-1062PLG + 15TWINPOWER SW8000HG + HARDCOREx8 #4.0 + POWERLEADER CN 80lb

ムロアジングタックル

NSL-T902MH + 13SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + POWERLEADER FC 16lb 

 

 


忘れられる権利があるのなら、忘れる権利があるはず。 [休日]

今週は三連休だったのですが、何をしていたのか覚えていません。

何故かお財布が薄くなっていて、写真が増えているので何処かに行ってきたようです。

Lr-RIMG9891.jpg

Lr-RIMG9918.jpg

Lr-RIMG9965.jpg 

Lr-RIMG0014.jpg 

Lr-RIMG9996.jpg 

Lr-RIMG9911.jpg 

Lr-RIMG0001.jpg 

Lr-RIMG9916.jpg 

Lr-RIMG0063.jpg 

Lr-RIMG0116.jpg

Lr-RIMG0117.jpg

Lr-RIMG0023.jpg 

Lr-RIMG0131.jpg

このウイングチップはA320の古いタイプのようですね。

B737NGに乗れるのを喜んでいた気がするんですが、A320じゃいつもLCCで乗ってる機体じゃないですか(ΦωΦ)

左手の建物に八丈島空港って書いてあります。どうやら八丈島に行っていたようです。 

 


うーれしー [日常]

ぱんだの姑息な策謀でマイルを使っての八丈島往復は無理だと思っていましたが、一週間のラグがあると案内されていた楽天ポイント→ANAマイルの交換が、実際に交換手続きをとると三日間で交換を完了することが出来ました。 

毎日忘れずに手続きを続けて12日間で6000マイルを交換、元からあった4000マイルとあわせて往復分の10000マイルに到達[ぴかぴか(新しい)]

マイル特典航空券の使用リミットは四日前までなので、復路便の必要マイルは今日の交換完了分でギリギリでした。20000楽天ポイントで飛べるなんて得した気分!

mile.JPG 

月曜の八丈島行きの第一便は本土で週末を過ごしたパパ達で混んでいます。今回もほぼ満席で予約をするのが遅かった自分は窓際席を取れませんでした[バッド(下向き矢印)]

強風時の撓る主翼とか生き物のように動くエルロンを眺めるのが好きなので、未だに窓際席の空きが出ないか座席指定をチェックしていますw 

 

八丈島航路のB737-800は見た目から可愛いです。窓から地上までが近くて迫力がありますし、滑走路とのクリアランスを稼ぐために独特な形をしているエンジンナセルとか最高です[揺れるハート]  

月曜日の風の吹き始める時刻が気になり欠航を心配をしましたが、 「八丈島航路には腕利きのパイロットが乗る」「生活物資を積んだ朝便は何としてでも降りる」「他社便が無いのでゴーアラウンド上等」 等と、たぶん行けるでしょうと教えてもらったので、もうすでに島までは行ける気でいますw

今回は月曜午後から火曜日一杯まではさらに天候が悪化するので、確かに何としてでも降りないといけない状況ですから大丈夫でしょう。飛行機に乗る前にアネロン飲んでおきます[手(グー)] 

 

 

 

証券会社から保有銘柄の株式併合のお知らせが来ていました。

東海汽船(9173)が、今年の7/1日付で10株→1株の比率で併合されるそうです。

まぁ株優と配当狙いの長期ホールドですから別に何てことはないですね。

 

…あ。

東海汽船の株優を大量に仕込んであったの忘れていました[たらーっ(汗)] 

RIMG9829.JPG 

三月末期限の乗船優待券50枚に施設優待券20枚。勢い余って集めすぎました(;・∀・)

乗船優待券は60枚仕込んで10枚消費、この先も10枚有れば充分でしょうから緊急放出します。 

昨年の後半は島に行き放題だと思っていたのですが、毎週毎週台風でなかなか行くチャンスが無かったんですよね[もうやだ~(悲しい顔)]


タグ:独り言ち

風が吹く吹く [日常]

珍しく遠征に行く宣言をしてしまったので、現地の釣具店の釣果情報などをチェックしています。 

八丈島 八重根漁港 エース釣具店

八丈島 神湊漁港 神港釣具店 

八重根低堤で良いサカナが泳がせで揚がっていますのでムロアジを捕食する巨マサが寄っているようです。 

これはルアーでも頑張れば食わせる事が出来そうな気がします[ぴかぴか(新しい)] 

が。

やっぱり自分には遠征運が無い模様です。 

TUE 1200.JPG

(火曜日昼はどうにも天気が悪そう)

mon 0800.JPG 

(月曜日朝もこれだと欠航しかねない) 

月曜日火曜日と暴風レベルの風が吹く模様。島なので風下になる釣り場を探すこともできるのでしょうが、空港は滑走路が一本しかないのでかなり心配です。 

ANAの航路情報 

”八丈島はひょうたんに似た形で中央のくびれた部分に東西の滑走路が1本あり、空港は八丈富士と三原山に挟まれる形で存在します。その為、空港周辺は複雑な風の変化をし、離着陸の飛行機に影響を与えることがあります。ANAでは運航の安全を確保する為に運航条件を厳しく定めています。北風・南風の場合は運航に与える影響が特に大きいため、少し風が強くなっても欠航する場合があります。それ以外にも、ANAの運航実績に基づいた制限事項があり、天候の回復の為に上空で待機したり、又は着陸のやり直しをする場合がありますが、安全運航のための対応ですのでご了承ください。”

 

hatijyou.JPG 

ANAの航路情報の通りで山に挟まれた空港なのでかなり不安です。 

水曜日は風が収まりそうなので帰りの飛行機は問題なさそうですが、月曜日の吹き始めが早まると八丈島に降りられるかも怪しくなってきます[バッド(下向き矢印)]

 

暴風下の釣りが二日もあるとなると、どの道具を持って行くか悩ましくて荷造りに手が付きませんw 

 



タグ:独り言ち