So-net無料ブログ作成
検索選択

バトンミス [休日]

今週は月曜火曜とヒラマサ狙いでの磯連戦(予定)です。

月曜日は夜明け前にI田さんO野さんと待ち合わせて、潮位の低い夜明け前の時間帯に渡礁します。

Lr-RIMG2877.jpg

I田さんO野さんとがエリア両端の一級磯に分かれて入釣。エキスパートのお二人ですからやっぱりサーチを優先します。自分は3人でワイワイやりたかったのですが、I田さんと2人で西側の一級磯で頑張ることにしました(`・ω・´)ゞ

Lr-RIMG2875.jpg

夜明け間際に磯のスリットを照らすとチリメンジャコと煮干しの中間サイズのカタクチイワシが群れています。

夜が明けるとこのサカナは沖に出て行くので、そのタイミングでひと盛り上がりあるかもしれません(・∀・)

Lr-RIMG2885.jpg

期待しながら投げますがヒラマサの反応は無し。潮は先週よりも幾分か暖かくて濁りもだいぶ薄れた感じ、潮も動いてますから期待しているんですけどね~

海の向こうに見える東側の一級磯には人影が2つ。O野さんともう1人は誰でしょうか?


Lr-RIMG2953.jpg

明るくなり出してから至近距離で激しいワカシのボイルが発生。水面に群れるシラスを背中を出しながら追い回すんですね。雷跡のようなボイルが近づくとシラスが水面上に飛び跳ねて飛沫のようになります。

Lr-RIMG2974.jpg

磯表の波の中にはシラスにしても一番細かいサイズになるような稚魚がウジャウジャ。

夜が明けてからずっと目と鼻の先でボイルが続いていたので、このワカシを食べにヒラマサが回遊してくるのを期待して投げましたが何も起こりません。

Lr-RIMG2925.jpg

同じ磯には見たことが無いアングラーが夜明け頃に合流しましたが、隣にいたI田さんに「端っこ撃たせて」と言ってそれっきりでしたね。入釣ルートも怪しかったし装備や雰囲気的にヒラ師さんがショアジギに興味でも持ったのかなと。やっと釣り上げたワカシ一尾をストリンガーに掛けて持ち帰ったので、青物のキャリアは浅いっぽいですよねw

自分にも声を掛けてくれてたらやり易くなるように、コミニュケーションをとりに行ってあげるんですけども、若いヒラ師さん達って敵愾心が強い傾向にある気がしますよね。着き場を撃ち歩く釣りになりますから自分以外は敵なのかな(;'∀')

Lr-RIMG2991.jpg

シラスに着いたワカシナブラに飽き飽きしていたI田さんも寝不足で撤収されたので、サブタックルで人目を憚りながらの根魚サーチ。ボウズ逃れのムラソイは小型になりましたがまだまだ居ます。

この後、サブタックルでマニック105のクリアカラーでワカシもキャッチしましたが、ムラソイもワカシも自主的キャッチアンドリリース対象魚です(;^ω^)

さらにはテキサスリグでハタが居ないかチェックしましたが、2投目でカジメに根掛かりしちゃったので終了。外房の浅い磯は底まで日光が届くのでカジメ林だらけで場所を選びそうです。少しでもドン深のエリアを選ばないとやってられませんね。

Lr-RIMG2994.jpg

サブタックル持参でノンビリとデイヒラマサのチェックまでするような長期戦を考えていましたが、凪日だったので潜りの船が磯周りに出て来ちゃいました[バッド(下向き矢印)]

素潜り漁の禁漁間際で気合が入ってますからしかたない無いですよね。


今週もエリアチェンジしてショゴ狙い。

Lr-MAH00503 (2).jpg

南に位置するこのエリアは黒潮水の影響が入っているような潮色です。潮温も少し暖かい感じですけど、シャローエリアですから日射のせいかも知れません。

Lr-MAH00503 (3).jpg

またしてもこのエリアでF村さんと合流。朝はO野さんと同礁していて2ラウンド目にこのエリアに来て、朝から入っていたU村U田チームと入れ替わりだったそうです。U村U田チームはヒラマサとショゴを狙ったそうですがダツのみの釣果。さすがに目一杯プレッシャーを掛けちゃった後らしくて反応が薄いですね。先週までは40cmクラスが狙えたサカナのサイズも大幅ダウンで25cm程。

Lr-MAH00507(1).jpg

とりあえず岩盤シャローフラットのエッジで2尾キャッチ、あまり粘らずに撤収ルート沿いを軽くチェックしていきますが...

Lr-MAH00507(2).jpg

デカショゴを追加するどころか、またしても奪取されてしまいました(# ゚Д゚)

クーラーボックスを持ち込むのも嫌ですしどうしたらいいのか悩ましいです。ワイヤーでスカリを編むとか難しそうですしね~

お土産が無くなっちゃいましたがそのまま撤収しました。久しぶりの早起きで眠くてしかたありません。


早く帰って寝ようと思っていたのですが、着替えている時にF村さんからご飯を誘われたのでO野さんと3人で”こだま”で昼食。

食事しながらF村さんが昔通っていたという勝浦ダム周辺の野池のハナシが出て、食後に軽くバス釣りの真似事でもしに行ってみることに。鵜原を出てから勝浦ダムと反対の方向にどんどん走って行くF村さん。

Lr-P_20170911_140909_vHDR_Auto.jpg

自分の認識していた勝浦ダムが間違っていたのかと思いましたが、着いた場所は全然勝浦じゃありませんでしたw

道中とても眠くてどうしようもなかったので、風通しのいい堰堤の上で一眠り。O野さんがブラックバスの反応が良いとご機嫌で戻ってきましたが、それすらも夢現の状態でよく覚えていません[眠い(睡眠)]

Lr-P_20170911_161800_vHDR_Auto.jpg

昼寝から覚めるともう夕方。バス釣りに熱中している二人は減水した岸を歩いてずいぶんと遠くまで来ていました。自分もメバルロッドにテキサスのバグアンツを付けて投げてみましたがダメですね、自分はハタでも狙っている方が性に合ってそうです。

O野さんは自分が寝ている間に38cmをアタマに5本も揚げてご機嫌です。ダウンショットリグで深場を狙うと反応が良かったらしいですが、自分が行った頃にはスレたのか釣り尽くしたのか、日が傾いてサカナが出て行ったのか、反応が全くなくなってしまったようです。


あと一匹釣ったら上がりましょうと粘り続けて、F村さんが投げた逆刺しファットイカのジグヘッドリグのフォールと言う謎メソッドにアタリが!

Lr-P_20170911_171736_vHDR_Auto.jpg

F村さん「おっ、おっ!?」

振り返るとラインが走ってティップが引っ張られていて、F村さんは自分の顔を見てニコニコしてます(。´・ω・)?

そんな事をしている間にフッとティップが戻りましたw

自分・O野さん「「ナニやってんの!!」」

ラスイチを獲ろうと日暮れまで粘ったのにまさかの幕切れでした。らしいっちゃらしいですけどね[モバQ]


月曜は早めに帰って火曜の出撃に備える予定でしたけども、結局は日暮れまで遊んじゃいましたよ_(:3 」∠)_




ヒラマサタックル

TMRPS-111/13PS + 13 STELLA SW8000HG + Super X-wire #4.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 80lb


ムラソイタックル

NSL-T902MH + 13 SoaRe CI4+2000HGS + Armored ルアーキャスト #0.6 + POWERLEADER FC 16lb


ショゴタックル

NSL-782M黒鯛 + 12 EXSENCE CI4+C3000HGM + X-wire8 #1.0 + POWERLEADER FC 20lb


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。