So-net無料ブログ作成
検索選択

ジグらー [休日]

今週は月曜日は釣り仲間と三宅島阿古沖にある三本嶽(大野原島岩礁群)まで釣りに行ってきました。

当初は先月の末頃を予定していましたが、台風五号の影響で見送りになっていたので待ち遠しかったです。

Lr-P_20170828_132130_vHDR_Auto.jpg

三宅島には日曜夜竹芝桟橋二十二時半発の客船で月曜早朝五時着。釣宿の送迎で瀬渡し船の出る港まで移動、午前六時に三本嶽に向けて瀬渡し船で出航します。航程が三十分弱なので六時半頃から正午ぐらいまで釣りをして、瀬渡しで港に戻り、釣宿の送迎で十三時半発の客船で竹芝桟橋まで戻ります。夏の時期は帰りに大島に寄港するので竹芝桟橋着が二十時四十分と、直行の場合に比べて一時間遅くなります。

東京発着でコンパクトに遊んで来れる遠征先ですし、黒潮の真ん中の岩礁群は景色も良くて気持ちいいです(*‘∀‘)


Lr-RIMG2803.jpg

今回は千葉県民のO野さん、H谷川さんと自分に加えて、東京人の遠征マニアのSちゃん、Mクンの総勢五人での遠征です。


Lr-RIMG2810.jpg

何度も三本嶽遠征にトライするも渡礁できずじまいだったH谷川さんもマカド根に無事初上陸[黒ハート]

さっそく朝イチで他のメンバーがプラグから支度しているのを見て、自分は逆張り戦略でジギングタックルでスタートすることにしました(^^)v

勿論プラグが釣れていたら急いでプラッギングタックルを準備するつもりですけどねw

Lr-RIMG2816.jpg

朝は磯周りで表層のプラグに反応するサカナがいると思っていたのですが、予想に反して初ヒットはジグをシャクっていた自分でした。その後もそこそこのサカナをバラしたり、ショゴサイズをバラしたりとジグへの反応はかなりいい感じです。

Lr-RIMG2811.jpg

それなのにプラグを投げ倒すみんなは完黙、手を変え品を変えで投げ倒していますがチェイスすらない様子、自分はシャクリ疲れたので腕を休めるためにアカハタ狙いをしてみます。

Lr-MAH00458 (2)-001.jpg

ここでもベイトタックルのテキサスリグで良型連発です(*‘∀‘)

ネチネチ攻めるにはベイトのロックフィッシュロッドが良いです。足元の根に潜られないようにもっと長さが欲しい気もしますが、誘い易さとトレードオフな面もあるので難しいですよね。

風が強いのと潮の流れの関係で狙える場所が限られていましたが、さすがに夏の沖磯はお客さんが少ないだけあってサカナが抜かれていないようです。沖磯でもセコ釣りの腕を披露できて上機嫌な自分です[わーい(嬉しい顔)]

Lr-RIMG2812.jpg

何とか全員安打となりましたけども、H谷川さんとMクンが苦戦していたのが印象的でした。二人とも凄腕のビッグゲームマニアなのですが、極端なプラグ特化型なのでジグはやっぱり苦手な様子です。この日もビッグプラグを投げ倒していましたが反応は良くなかったですね。Sちゃんは自分と一緒にアカハタをポコポコ釣って楽しんでいましたw

Lr-RIMG2815.jpg

そして、この日のO野さんは弛んでいましたwみんなの分のお土産を獲るとか腕が怠いとか理由をつけて、ワインドでショゴを釣ったりテキサスでアカハタを釣りまくっています。それは有り難いですけどお土産よりもデカいサカナが見たいんですよ(`・ω・´)

自分はメタルジグが苦手ですし腕が死ぬからあまり使わないんですが、O野さんがセーフモードに入っちゃっているんで仕方なく自分がメタルジグ係です。誰かが本気でメタルジグでやっていないとサカナが居たのかいないのかもハッキリしませんから、判らないままで終わるのはイヤなのでプラッギンタックルを組まずにひたすらメタルジグでカンパチを狙い続けました[手(グー)]


その結果...撤収35分前にビッグバイトを得ました[ぴかぴか(新しい)]

Lr-MAH00466 (2).jpg

激しく流れる潮目の手前に撃投ジグレベル100のピンクバックを投げ込んでボトム付近を中心に攻めていた時、数セット目のしゃくり上げてフォールさせた着底後1シャクリ目でガツンと来ました(`・ω・´)


ちょうど自分の背後をワインドタックルを担いだO野さんが歩いていたので「O野さん喰いました!」と宣言、まぁまぁなサイズだと思ったのでそのままファイト。

O野さん「左に行った方が良いですよ!」

自分「くぁwせdrftgyふじこlp」

ボトムから引き剥がしてからハエ根を交わす左の立ち位置に移動しようと、力一杯溜めた竿が伸されるまで一瞬でした(;゚Д゚)

そこまで大きくないと思ったのでフォアハンドをリールフットに掛けたままリフトしていたのが間違いです。朝にもソコソコのサカナを掛けた時に、バットエンドを腰につけフォアハンドをリールフットからフォアグリップに持ち替えた一瞬でバラしたので、同じ失敗を繰り返さないという思いで、持ち替える前にまずはボトムから剥がそうと言う判断が誤りでした_(:3 」∠)_

Lr-MAH00466 (3).jpg

初めは5キロぐらいまでのサカナだと思ったんですが、反転して走り出してからはとんでもなかったです[あせあせ(飛び散る汗)]

「ジィィイィィイ―!っパン!」

伸されたら一瞬でスプールを高速回転させ、リーダーを岩で擦切って逃げて行きました[バッド(下向き矢印)]

反転された瞬間からは本当に何もさせてもらえずの完敗です[ビール]


十二時の回収まで残り三十分、O野さん、Sちゃん、Mクンが最後の勝負でジグに付け替え「さぁ投げようか!」と言うところで、予定時刻よりも二十五分も早く瀬渡しの船が回収に到着…自分も切れたリーダーに直結でジグを結び直したところでした。

時間までは沖で待っていてくれるんでしょうけども、待たせて悠長に釣りをするのも悪いので投げないままに撤収作業に。時間とお金を使って釣りに来ているのでただでさえ少ない五時間半の実釣時間が、イキナリ五時間になるのは勘弁してもらいたいところです[ドコモ提供]

Lr-RIMG2821.jpg

五人分の釣果をまとめたクーラーボックスは華やかですけども主役不在。敢えて言うなら尺赤エソさんが主役で+アカハタ沢山+ショゴ沢山でスペシャルゲストがヒレナガさんって感じ。25キロカンパチを釣る気で来たのにおかしいです。


やっと夏の海行楽シーズンが終わりますし、今年の秋も沖磯に乗ってデカンパチに再挑戦したいです[手(グー)]




帰りの港にある漁協の販売所。

Lr-P_20170828_131726_vHDR_Auto.jpg

ホワイトボードもスカスカですし、鮮魚のケースにもムロアジと雑魚しかいません。そういえば磯際にタカベの群れもありませんでしたね(´・ω・`)

Lr-P_20170828_131732_vHDR_Auto.jpg

三宅島産のパッションフルーツが並んでいたので買いそうになりましたが、うちのパッションフルーツも秋の開花期に期待して我慢しました。赤100gって言う大実種のようですから買ってみてもよかったなと後悔。





ジギングタックル

CBJS-100XH + 15 TWINPOWER SW10000PG + HARDCOREx8 #5.0 + シーハンター #10 + POWERLEADER CN 100lb


アカハタタックル

NSL-882EXH/B + 16 GRAPPLER BB201HG + Armored F+pro ロックフィッシュ #1.5 + POWERLEADER FC 20lb




...今回は欲張って他にプラッギンタックル、ヒラスズキタックル、メバリングタックルを持ち込みましたが、結局はこの二セットのみしか使いませんでした(*ノωノ)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。